1月23日に丹沢表尾根の三ノ塔へ札掛から登ってきました

2011年1月23日に丹沢表尾根の三ノ塔へ札掛から登ってきました。
先週、表尾根を縦走した際に行者岳より三ノ塔を振り返って見た。 その時、三ノ塔から北へ延びている長い尾根が気になった。 登山地図にはルートが記されていないが、双眼鏡で覗くと何と無くルートがあるように見え、取り付きが判れば歩けそうな尾根であると思った。 帰宅して調べてみると、札掛から三ノ塔へは結構歩かれている。 そこで早速、登ってみる事にした。 下山は今まで歩いたことが無い、二ノ塔から菩提へのコースを少し歩いてみることにした。 

画像
秦野駅から札掛までタクシー代は嵩むが、札掛から三ノ塔までの尾根はタクシー代に勝る実に素晴らしい所である。 登山マップや地形図にも登山ルートは記されていないが、尾根上に確りしたトレースが付いている。 尾根は所々狭くなった所があるが、概ね広く急登も少なく歩きやすい。 尾根を登りながら、右側にタライゴヤ沢越しに新大日へ突き上げる長尾尾根を、左側は藤熊川越しに大山の北尾根を眺めながら登れる。 そして、途中の広々としたヨモギ平は、何時までいても飽きない所である。 このルートは、昔からかなり登られているようであるが、何故か登山地図にコースが書かれていない。 二ノ塔から菩提への降下ルートは、景色もよく楽しく降れるコースであった。 ヤマヒルの活動が活発化する前に、札掛辺りからまたどこかのピークへ登ってみたいと思っている。 


実施日:2011.01.23(日)

参加者:2名

天候 :晴れ

コース:小田急線町田駅下りホーム集合→(小田急線)→秦野→(タクシー)→札掛→ヨモギ平→三ノ塔→二ノ塔→日本武尊足跡入口→表丹沢林道→牛首→山岳スポーツセンタ→大倉(大倉屋で反省会)→大倉入口(寿司屋で再度反省会)→(寿司屋の車)→渋沢→(小田急線)→町田解散 

画像
小田急線町田駅下りホームで山仲間と合流後、6時15分発の電車で秦野へ向かう。 途中、本厚木で電車を乗り継ぎ、先週と同じ6時53分に秦野駅へ到着し、タクシー乗り場へと向かう。 駅前から丹沢の表尾根を望むと、表尾根の稜線が朝日に輝き始めている。 同じ駅で降りた登山客は、殆どヤビツ峠行きのバス停に並ぶ。 客待ちをしているタクシーに乗車し、札掛まで向かう。 今回の男性運転手は、先週と違って随分と飛ばす。 蓑毛から秦野清川線を通り、ヤビツ峠、富士見橋を経由して札掛へ向かう。 札掛橋手前で、藤熊川に架かる吊り橋の前をタクシーが通過する。 タクシーの料金メーターを見ると、6000円前であった。 ここで降りれば少し安かったが、タクシーはさっさと丹沢ホームのある札掛へ走る。 7時33分、タクシーは札掛に到着する。 車を降りると、寒い。 ジャンパーをザックに押し込み、ストックを出して出発準備を完了させる。 7時38分、標高487mの札掛を出発する。 

画像
札掛吊橋と書かれた道標に従い、先ずはタライゴヤ沢の左岸へ降る。 更に、札掛吊橋の方へ左岸を降る。 対岸の尾根が三ノ塔より北北東へ伸びる尾根の先端である。 少し降った所で水流に近づき、右岸へ渡れる所を探す。 7時44分、飛び石伝いにタライゴヤ沢を右岸へ渡る。 1月は雨が少なく、沢の水流も少ないので沢を渡り易い。 

画像
沢を右岸へ渡って、更に尾根の先端である吊橋の方へ行こうとしたが、ここからも尾根へ取り付けるようである。 一寸急斜面であるが、標高差20mほど登れば尾根上へあがれる。 まだ日が差し込まない薄暗い植林の中を、強引に登ってゆく。 檜の葉が積もり、フカフカした斜面で登り易いが、コースを上手く取らないと枝打ちされた枝が邪魔をする。 

画像
5分ほどで標高505mの尾根上にでる。 尾根上はまるで防火帯のように広く、尾根の先端から尾根の上部へと続いている。 尾根から登って来た方を眺めると、白い丹沢ホームが眺められる。 まだ日差しの無い谷間の尾根をこれから三ノ塔まで登ることになる。 

画像
広い尾根上には、薄っすらとトレースが付いている。 トレースの上を歩いていると、足元が確りしているが、トレースを外れると足元がフカフカとする。 出来るだけ登り易いトレースを拾いながら尾根に沿って登る。 尾根を15分ほど登ると傾斜が無くなる。 身体が温まってきたので、ここで上着をザックに押し込む。 歩き出すと、また直ぐに傾斜が付いてくる。 標高806mの三角点を8時30分に通過すると同時に、草付きの尾根が広がり緩い傾斜の所を進むようになる。 

画像
やがて、綺麗に整備された植林の中を通過する。 日の光が植林の中にまで差込み、歩いていて気持ちがよい。 8時49分、標高925mの所で鹿避けのフェンスの扉を潜ると、草原が広がる。 正面には、表尾根を何時もと逆方向から眺められるようになる。 今は、草や木が茶色に枯れているが、春になればこの辺りは新緑に変わり、素晴らしい景色が広がるのであろう。 

画像
草付きの見晴が好い尾根で景色を眺めながら歩き、8時56分に標高970mの三角点があるピークを通過する。 ピークからは、表尾根を北側から眺められ、こらから向かう三ノ塔が正面に大きく立ち塞がる。 ピークから少し降った所を眺めると、ベンチや道標が立っているのが眺められる。 

画像
8時59分、標高952mのヨモギ平に到着し小休止をとる。 時間があるので、ここで暫く休むことにする。 ヨモギ平から景色を眺めていると、周囲を山並みに囲まれているので山奥深い所にいる感じがある。 ここからは、BOSCOオートキャンプベースへのトレースが付いている。 少しオートキャンプベースへの方へ行って見ると、大山の南側から朝日に煌めく相模湾が眺められる。 何時までいても飽きの来ない所であるが、9時18分に二ノ塔へ向けて歩き始める。 

画像
ヨモギ平から標高差25mほど降ると鞍部になり、ここから登りが再度始まる。 葉を落とした樹木の間から、表尾根から長尾尾根を眺めながら登る。 標高が1100mを越えるようになると、トレースにも雪が付き始める。 恐らくこの雪は、先週降った雪がまだ消えずに残っているのであろう。 そしてこの辺りから標高差50mほどであるが、最後の急登が始める。 

画像
急登を登り切ると、笹薮の中に付いたトレースを進むようになる。 やがて、何時も見慣れた表尾根の全景が目に入るようになる。 10時02分、標高1190mの長い三ノ塔頂上部の、お地蔵さんが置かれている北の外れの所に到着する。 ここまで誰とも会わずに登って来たが、つい最近歩いた靴跡が幾つか残されていた。 この尾根ルートは、何故に登山地図に掲載されていないのか? 登山地図にコースが載っていないためここを登る人も少なく、そのため山が荒らされていないのであろう。 だからこそ、素晴らしい景色が残っている。 

画像
お地蔵さんの所で写真を何枚か撮り、三ノ塔避難小屋のある山頂へ向かう。 10時07分、標高1204mの三ノ塔山頂に到着し、避難小屋の外のベンチで小休止をとる。 今回は二人とも行動食が豊富で、食べ切れないくらいある。 足の速そうなものから、無理やり腹へ押し込んでゆく。 今回も先週同様に、富士山や南アルプスがよく見える。 そして都心のスモッグの上には、筑波山が上部だけはっきり眺められる。 

画像
予定時間より余裕があるので15分ほど休み、次の二ノ塔へ向かう。 この時間になっても、これから塔ノ岳へ向かう人が多い。 さすがに表尾根は、丹沢のメインルートであることを実感する。 三ノ塔から標高差100m弱降下すると二ノ塔との鞍部を通過し、登り返すようになる。 少し登ると、登山道の脇に晴らしの好い所がある。 逆方向へ歩いている時は気にならなかったが、立寄ってみる。 下界を覗いてみると、これから下山する大倉の吊橋である「風の大橋」が遥か遠くに眺められる。 10時37分、二ノ塔を通過し、先ずは菩提方向へ降下を開始する。 

画像
ニノ塔から笹薮の中の登山道を抜けると、草付きの見晴が好い登山道へと変わる。 富士見橋から二ノ塔へのコースより明るくて気持ちがよいコースである。 10時45分、「日本武尊足跡入口」と書かれた木柱が建っている分岐に到着する。 時間があるので矢印で示された「日本武尊足跡」を見に行こうと右に折れ、少し行くと登って来る登山者と出会う。 その登山者に聞くと、このルートは菩提峠へ通じていて、その近くに「日本武尊足跡」があるようである。 「そこまで降ってしまうのであれば、あきらめよう。」と、云うことになる。 もっとも、このルートも登山地図に無いルートである。 何れ、ここも歩いてみたいと思う。 

画像
分岐から葛葉の泉を経由して菩提へのコースに戻ると、二ノ塔から南に伸びる尾根の登山道は尾根の東側へ入り込む。 間伐作業が終わったばかりの明るい植林の中を降ると、やがて尾根の西側へと登山道が変わり、開けた草地の所を通過する。 そこは、まるでハンググライダーかパラセールのテークオフ地点のような所である。 当然、見晴は最高に好い。 眼下には、これから歩く表丹沢林道が眺められる。 

画像
広々とした草つきの所を通過すると、直ぐに手入れの悪い植林帯のなかを降るようになる。 まだ木が若く、背丈も低いが、全く枝打ちもされていない。 根元に日が当たらないので、草も生えず土が雨水で削られている。 歩きやすいトレースを拾って急な下り坂をドンドン降下してゆく。 

画像
11時20分、標高705mの所で舗装された表丹沢林道に飛び出し、5分ほどの小休止とする。 道路の反対側には、葛葉の泉へ降る登山道が付けられ、そこには「花鳥神社植林地」と刻まれた石碑があり、「昭和5年4月吉日」とも刻まれている。 まだこの林道ができる前に、既にこの辺りは植林が盛んに行われていたようである。 休んでいると、ハンター達が軽トラックに分乗し通り過ぎてゆく。 

画像
小休止の後、三ノ塔尾根の牛首まで舗装された林道歩きが始まる。 ここから牛首までは標高差80mほどの下り坂となっているのが、舗装道路歩きで唯一の慰みである。 この林道は、一般の車が通れないので安心して歩ける。 下界の景色を眺めながら歩く。 11時53分に2km程の林道歩きを終え、標高626mの牛首を通過する。 

画像
牛首は、大倉へ下る萩山林道の交点ともなっている。 林道を降っても大倉へ出るが、ここからは再度三ノ塔尾根の登山道へと入る。 登山道に入ると一度小さなピークを越え、ここからはダラダラと尾根の背に沿って植林の中の降下が始まる。 12時12分、標高533mに建つ東京電力の新秦野43号送電線鉄塔の基部を通過する。 そして12時23分、標高408mの所で再度萩山林道と一緒になり林道を降り始める。 

画像
12時38分、標高295mに建つ山岳スポーツセンタに到着し、今回の山行が終了する。 早速、入口前の水道で靴を洗い、シャワーの利用申し込みを行う。 建物の中へ入り込むと、食堂から美味そうな臭いが漂ってくる。 シャワーでさっぱりした後、13時11分に大倉バス停前の大倉屋へ向かう。 大倉屋で飲んでいると、前々から気になっていた大倉入口バス停前の寿司屋の話となる。 「今日は早いので一度寄ってみよう。」と言うことになり、14時34分に大倉屋をでる。 

画像
時間が早いので、大倉入口バス停まで約2kmを歩いて行くことにする。 ここを歩くのも久しぶりである。 何か、初めての所を歩いているようである。 少し歩いた蔵林寺バス停の所には、秦野市の指定史跡となっている蔵林寺がある。 ここは、江戸時代徳川第五代将軍綱吉公より、一万五千石大名とされた米倉丹後守昌尹公の墓所がある。 この方のお役目は、犬公方生類憐みの令の時の作業奉行(お犬奉行)の役職であった。 歩いていなければ、知らずじまいであった。 

画像
更に歩くと、今度は堀之郷正八幡宮の前を通過する。 この神社は、大倉から渋沢へ向かうバスの中から、4月18日前後の日曜日に例祭を行っているのをよく眺めたことがある。 鳥居前の掲示板には、この神社の由来が書かれている。 読んでみると、西暦858年に九州宇佐八幡宮から分霊してこの地に祭ったようである。 随分と歴史のある神社であることが、今回始めて判った。 

画像
15時07分、大倉入口バス停近くに到着し、魚屋の隣の寿司屋「鮨市場春」へ入る。 普通、寿司屋は17時頃から始まるが、ここは昼間もやっているようである。 既にカウンターにはお客さんが座っている。 我々もカウンターに陣取り、焼酎をボトルごと注文する。 刺身を肴に今日二度目の反省会を行う。 たらふく飲み食いした16時40分に、お店を出る。 思ったより安い店で美味い! 渋沢駅までは寿司屋の車で送ってもらい、17時01分の電車で帰途に着く。 17時41分、町田で解散する。 


今回歩いたコース 

画像
今回は尾根歩きが多かったため、綺麗にトラックがとれていた。 自宅に帰って、トラックデータの時間とデジカメ写真の撮影時間を比較して記録作成に大いに役立つ。 


費用
電車代(町田→秦野)@¥360
タクシー(秦野→札掛)¥6200
シャワー代(山岳スポーツセンタ)¥150
電車代(渋沢→町田)@¥400

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 1

ナイス

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック