丹東の一風景

大連の友人が仕事で北朝鮮との国境の町丹東へ行った際、時間が余ったようなので丹東の観光をしてきたそうです。 そのときのレポートが送られてきましたので、紹介いたします。 (写真をクリックすると拡大します)
丹東に行ってきました。通常は丹大高速(丹東と大連を結ぶ高速)で3時間余りですが、この日は高速の大連側1/4が工事で閉鎖。下道を走ったので4時間以上掛かってしまいました。丹東に着けば良い天気でしたが、ちょっと蒸し暑い感じです。 

画像
さて、この日は北京から合流する人が居たので丹東空港でピックアップ。初めて行く丹東空港です。この空港から行き来できるのは、北京・上海・深セン・三亜(海南島)だけなようです。北京便の到着時間にギリギリ間に合いました。丹東空港、とっても小さい。ターミナルが出発と到着の2つに分かれています。 

画像
到着出口はなにかの小屋のようです。聞けば、到着便は全て沖留めで、到着ターミナルには歩いていくようです。外で到着客を出迎える空港なんて初めて?です。まぁ、丹東だけに?そんなものでしょうか。
 


画像
北京からの合流組は丹東訪問は初めて。所用を済ませた後、時間があったので鴨緑江観光に乗りました。 

画像
出航後、上流に進路を向けます。鴨緑江断橋・中朝友好橋をくぐり、旧王子製紙工場の前でUターンし、下流方向へ。

画像
鴨緑江断橋・中朝友好橋を通り過ぎます。 

画像
この日は暑かったのか、何か催し物があったのか、大勢の人出です。こんなにたくさんの北朝鮮の人を見るのは初めて。いつもはひっそりしている対岸の北朝鮮でしたが、こんなに人が居たとは!?(いや、今まで寒い時期の訪問だったので、閉じこもっていたのかな?) 

画像
地引き網をやっているようですが、写真を拡大してみれば、子供たちが遊んでいたのですね。みんな坊主頭でかわいい! 

画像
対岸には船がたくさんありますが、殆どは漁船。と思えば、らしい色をした船がいくつか。船尾の覆いが気になります。もしかして工作船か!? 

画像
時間は午後4時頃ですが、休憩時間なんでしょうか?みんな、のんびりしています。 

画像
新しく何かを建てていますが、何の建物でしょうか?この2年間で鴨緑江沿岸での新しい建築を見たことはありません。 

画像
さて夕食です。これはキムチの盛り合わせ。そうです!「三千里」という北朝鮮料理屋に行きました。初めて丹東に来たときに、お取引さまにご案内頂いたところで、給仕の女性が歌や踊りを披露してくれるお店です。丹東初訪問では外せません。でも何故か?内装はリノベートされて綺麗になっていました。儲かっているのでしょうか?メニューも心なしか高くなっていたような。今日は初めての丹東訪問の北京合流組が料理を注文しました。 

画像
海老の辛味噌炒めです。これは北朝鮮料理では無さそうですね(北朝鮮で海老は食えるか?はたまた高級料理か?) 

画像
これは狗肉の水煮(冷菜)。とても柔らかくて口の中でとろける感じです。狗と言われなければ、香りのない牛肉と間違えるでしょう。何の犬なんでしょうね。でも北京合流組は、過去に犬を飼っていたので嫌だ!と一口も箸を付けず・・・。犬を飼っていた私は、ウマイウマイと箸を進め、、、冷酷なんでしょうか!? 

画像
食べかけですみません。チジミです。普通は薄いイメージですが、聞くところ北朝鮮のチジミは分厚いのが普通なんだとか?分かりにくいですが2cmはありますし、焼きムラもありません。中に野菜がたっぷり入っていて美味しかったです。 

画像
これは、松茸のバター焼き。バターが多すぎて松茸の香りが消えてしまっています。勿体ない!ま、しかし松茸の香りを有り難がるのは日本人だけでしょうから仕方ない?次に来る機会あれば、調理方法を指定してみようっと。 

画像
冷麺です。でもスープはいつも食べているようなお酢の味はなく、どちらかというと甘め。麺はやや黒めですが、腰がありながら噛み切りやすい堅さで、これも宜しいかと。お酢を貰ったらもっと美味しく頂けたかな? 

画像
さて、7時から階下のフロアーで舞踊ショーが始まりました。以前は、カラオケに合わせた歌と踊りだったのが、いつのまにか?バンドが組まれている!みんな給仕の女性です。 

画像
喜びバンド組?チマチョゴリでのバンドは初めて見ました。違和感有るような、新鮮なような。演奏は下手ではありません。さらに透明感のある歌声に圧倒されます。さすがに高い教育水準の女性たち、なんでも出来るのでしょう! 

画像
階下のホールでの舞踊ショーが終わると、今度は我々が食事している2階の個室で、カラオケをバックに歌を披露してくれます。朝鮮語、中国語、日本語(但し北国の春)なんでもOKです。 

画像
階下ホールでドラムを叩いていた女性が踊りを披露してくれると、我々にも一緒に踊ろうとお誘いが。北京合流組は観光客気分モロ出しに愉しんでいます。 

画像
出ました!喜び組スマイル! 

画像
この日はお客さんは満席、結局15分くらい我々の個室に居てくれて、歌や踊りで愉しませてくれました。 


この日は天気が良く、丹東は観光客が多かった。対岸の北朝鮮・信義州(北朝鮮第2の都市)も平日なのに人出が多く、実は祝日か何かだったのでしょうか?Wikiで調べてみたら、7/27は「祖国解放戦争勝利記念日」と祝日だったようで、この日はその翌日だったので皆、お休みモードだったのでしょうか?しかし、北朝鮮料理屋の女性給仕さん、みな北朝鮮人で大卒以上と高学歴(でないと国外に出られない)とは以前にも話しましたが、月給のかなりを店長(北朝鮮人)に搾取されながらも本国の収入よりは良い。搾取されたお金は店長を通じて本国の某かに送金される。そんな悲壮感が思い起こされる中で、みな生き生きと仕事していたように見受けられました。中国の夏休みで稼ぎ時なのか、はたまた本国で何か変化予兆があり開き直って仕事しているのか?前回に、思い切り深く考えてしまったせいか、今回は暗澹たるイメージを抱くことはありませんでした。 

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 3

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
かわいい

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック