12月6日に南高尾山稜を歩いてきました

2008年12月6日に南高尾山稜を歩いてきました。
陣馬山から高尾山の稜線はよく歩くが、城山から津久井湖へ続く山稜へは一度も足を踏み入れたことは無い。 標高の低い山稜であるためか、今まで何と無く魅力を感じなかったが、今年の春頃行ってみたくなった。 相模原に住む森林インストラクターをしている山仲間に聞くと、「あそこは落葉してからが良いよ!」と、アドバイスしてくれた。 12月に入り、そろそろ良いかと思い南高尾山稜へ足を向けることにした。 

画像
少し早い時間の高尾山は、人も少なく晴れていれば丹沢山塊から富士山も綺麗に見える。 そして、南高尾山稜は更に人も少なく静かな山歩きができる。 晩秋のこの時期は暑くなく、落葉樹も葉を落とし梢の間からの景色もまた良い。 次回は是非、北高尾山稜を歩いてみたい。 


実施日:2008.12.06(土)

参加者:2名

天候 :晴れ

コース:京王線高尾山口駅改札集合→(稲荷山コース)→稲荷山→高尾山山頂分岐→城山→大垂水峠→(大洞山、コンピラ山経由)→中沢山→西山峠→三沢峠→一草戸山→四辻→高尾山口→(分倍河原経由)→登戸駅解散 


前日からの雨も止み肌寒い中、何時も会社へ行く時よりも遅い5時20分に自宅を出発する。 登戸と分倍河原で電車を乗り換え、更に北野で電車を乗り継ぎ京王線高尾山口に7時前に到着する。 北野駅から同じ電車に乗車した山仲間とは高尾山口駅改札で合流する。 まだ、時間が早いので何時も賑わう駅前は閑散としているが、何組かのハイカーが出発の準備に追われている。  

画像
7時08分、計画通り標高200mの高尾山口の駅を出発する。 国道20号線に沿って、高尾山口の参道へ向かい、さらにケーブルカー駅へと道を進む。 本来なら、駅から川沿いに行けば近道であるが、出発と同時に勘違いして国道20号線へ出てしまった。 ケーブルカーの駅前広場は、昨日の強風で落葉が溜まり地元の人が朝早くから落ち葉を掃き集めている。 その横を通り抜け、ケーブルカー駅の脇にある尾根上の稲荷山コースの登山口を7時14分に通過する。 

画像
丸太の階段を登ると、5分ほどでお稲荷さんのある所を通過する。 緩やかで幅広い登山道を、冷たい空気の中登る。 昨日と違いよく晴れている。 尾根の上部に取り付くと、朝日が落葉した梢の横から差し込み暖かくなる。 7時45分、都心方面の見晴らしが良い、東屋のある標高400mほどの稲荷山山頂に到着する。 ここまでの途中、我々を追い越して行った登山者はここで写真を撮っている。 我々も何枚かの写真を撮って、直ぐに山頂を後にする。 

画像
稲荷山を出ると、植林と自然林の混ざった尾根上の路を進むようになる。 小さなピークを幾つも越えて行くが、所々でこれから歩く南高尾山稜が見渡せる。 8時07分に高尾林道を経て大垂水峠へ向かう路を分け、8時17分には高尾山山頂直下の高尾ビジターセンタと巻き道分岐となる。 「高尾山山頂へは幾度も行っているので、たまには巻き道を歩いてみよう」と云う事になり、巻き道を使ってモミジ台へと向かう。 4分程で巻き道を終了し、高尾山山頂からモミジ台への登山道と合流する。 

画像
高尾山山頂からの道を合わせ、数分尾根上を登ると展望の良いモミジ台に到着する。 モミジ台には、小さな茶屋がある。 茶屋の前からは、これから歩く南高尾山稜、その後ろに丹沢山塊から道志に続いて雪を被った富士山が眺められる。 大きなカメラを持った登山客が盛んに写真を撮っている。 我々も年賀状用にと何枚か写真を撮影する。 

画像
モミジ台を通過すると、一度標高差100m程を降下する。 そこから少し登り返した8時50分に、標高570mの一丁平に到着する。 一丁平には東屋があり、ここからの眺めもよい。 東屋で景色を眺めながら10分ほどの小休止をとる。 

画像
一丁平からは、植林と自然林の中を緩やかに城山へと登ってゆく。 途中、大垂水峠への道を幾度か分け、9時14分に標高670mの広い山頂をもつ城山山頂へ到着する。 日当たりの良い山頂のベンチには、猫がのんびり昼寝をしている。 この頃になると空には雲がほとんどなく、富士山がとてもよく眺められる。 

画像
9時28分まで写真を撮ったり、行動食を食べたりしたあと城山から大垂水峠へと向かう。 少し一丁平側へ戻り、標識に従って右へ曲がると、突然人通りが途絶える。 植林に囲まれた急な下り坂が始まり、標高差100m程を一気に降ると、幾つかの小さなピークを越えるようになり、また標高差100mほどの急な下り坂が始まる。 やがて沢沿いの登山道となり、直ぐに自動車の通過する音が聞こえるようになる。 9時49分、国道20号線が通る標高400mほどの大垂水峠にでる。 

画像
国道20号線に一度降り、少し国道に沿って歩道を高尾山口へ歩くと、国道を跨ぐ歩道橋に出る。 歩道橋を渡ると直に樹林の中を大洞山に続く登山道になる。 暫く国道に沿って歩くうちに樹林の中の上り坂となり、さらに周囲が笹薮へと変る。 上り坂の途中からは、歩いて来た高尾山から城山へかけての稜線が眺められる。 10時16分、標高536mの大洞山山頂に到着する。 山頂にはベンチがあり、ここで暫く小休止をとる。 

画像
大洞山を出ると少し降り、小さなアップダウンを繰り返すようになる。 10時40分に中沢山巻き道分岐となる。 ここまで何箇所かのアップダウンを繰り返したので、何と無く中沢山の巻き道へ足が向かい、肝心なピークを巻いてしまう。 8分程で巻き道を終わり、10時57分に津久井湖が眼下に見渡せる見晴台に到着する。 津久井湖の先には津久井町の仙洞寺山が、そして丹沢の山々が見渡せる。 

画像
見晴台を過ぎ、11時15分には杉の植林の中にある西山峠を通過する。 さらに30分ほど植林の中に続く登山道を歩くと三沢峠に出る。 三沢峠は木立に囲まれ、ベンチがおいてある。

画像
三沢峠から2分ほどで標高420mの榎窪山を通過する。 やがて登山道が広くなり、右側より林道を合わせる。 

画像
林道を合わせた辺りから急にハイカーの数が多くなり始める。 11時40分、東屋のあるふれあい休憩所に到着する。 既にベンチはハイカーが座り、コンロ使って楽しそうに食事をしている。 

画像
時間が有るので5分ほど休憩をとるが景色も悪く、落ち着かないので先へ向かうと15分ほどで松見平休憩所に到着する。 この休憩所は、櫓のような東屋とベンチがあり、景色もよい。 日向は暖かく、大勢のハイカーが休んでいる。 櫓の前には、草戸山と書かれた標識がある。 これには何故か町田市最高峰365mとも書かれている。 予定した時間より早いので、暫くここで休む。 しかし、ハイカーが多く落ち着かないので30分ほどで下山を開始する。 

画像
松見平休憩所から10分も歩くと草戸峠となり、高尾山を眺めながら標高を徐々に下げてゆく。 13時20分には四辻となり、登山道を左へ曲がり京王線の高尾山口駅へ降る。 

画像
13時27分、登山道が突然民家の裏庭のような所に出る。 民家の塀に沿って30mほど歩くと、舗装された道路となり13時32分に京王線高尾山口駅に到着する。 駅前は朝と違って大勢の観光客で賑わい、お土産屋が声をからして呼び込みをしている。 予定より一時間ほど早いが13時50分の電車で帰途に着く。 


ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント