5月4日に陣馬山から高尾山までを歩いてきました

2008年5月4日に陣馬山から高尾山までを歩いてきました。 
5月のゴールデンウイークは毎年高尾辺りの山へ行く。 今回は前々から歩いてみたいと思っていた、陣場山から高尾山までの縦走を計画した。 低山の稜線歩きの割に距離もあり面白そうなところであるが、何故か今まで歩いてなかった。   

画像
陣馬山から高尾山へかけての稜線は、広く緩やかな道が続く。 陣馬山と高尾山の近くでは、観光客も多く込み合っているが、途中の標高731mの堂所山は殆どの人が巻き道を通り頂上直下を通過する。 そのためか山頂は静かで、陣馬山、生藤山から戸倉三山までが眺められ、広葉樹の若葉が山を島状に染めている。 


実施日:2008.05.04(日)

参加者:3名

天候 :曇り時々晴れ

コース:横浜線町田駅下りホーム集合→(八王子経由)→高尾駅→(バス)→陣馬高原下バス停→陣馬山→奈良子峠→明王峠→底沢峠→白沢峠→影信山→小仏峠→城山→一丁平→高尾山→高尾山口→(分倍河原経由)→登戸解散


前日の予報では、晴れとなっていたが朝から空には雲が多い。 6時06分町田駅発の八王子行き電車内で集合する。 八王子駅からは、よく利用する6時35分八王子始発の各駅停車松本行きに乗車する。 連休中の好天の一日のため、電車内は登山者やハイカーでいっぱいになっている。 久しぶりに松本行きの電車に乗車し、何か心が浮き浮きとするが、二駅乗車しただけで高尾駅に到着する。 高尾駅で下車した人は、少なく先の駅へ行くために乗車した人数の方がはるかに多い。 駅北口に出ると、既に陣馬高原下行きのバス停は長い列になっている。 7時発の陣馬高原下行き定期バスの前に、6時58分発の急行バスに乗車できる。 当然、座席には座ることができない。 

画像
バスは丁度30分で陣馬高原下に到着する。 登山準備をしている間に定期バスも到着する。 ハイカーや登山客は三々五々出発している。 気温も上がり湿度も高く暑くなりそうである。 7時35分、バス停を後に最初のピークである陣馬山を目指して歩き始める。 

画像
暫く舗装された車道を歩く。 歩いている脇を和田峠へとのぼって行く自動車がすり抜けて行く。 20分ほど舗装道路を歩くと、登山道への標識が現れる。 大半の人はそのまま車道を和田峠へと歩いてゆく。 我々は、当然登山道へ入る。  

画像
暫くは南郷沢に沿って緩やかな坂を歩くと、やがて急坂へ変わり尾根の上へと導かれて行く。 湿度も高く、やはり急登になると汗が噴き出してくる。 植林の中の登山道であるが、日当たりも良く登山道脇には色々な花が咲いている。  

画像
尾根をトラバースするような登山道になると、淡い緑の若葉で覆われた広葉樹の林の中を歩くようになる。  

画像
8時36分、陣馬山直下の縦走路に出る。 ここにはニリンソウの群生地がある。 丁度花盛りの時期で、一面ニリンソウで覆われている。 ここからは山頂の売店へ荷揚げする無限軌道車の通る幅広い道を登ってゆく。 やがて道の先に空が見え始め、小屋の屋根が出てくると直ぐに山頂は直ぐである。 

画像
8時50分に最初の山頂である陣馬山に到着する。 ちょっと空がガスっていて遠望はあまりないが、生藤山の方角は部分的にガスに隠れながらも見える。 久しぶりに山を登った山仲間1名は、ここまでの登りでもかなり苦しそうである。 どう見ても100%、メタボ症候群である。 行動食を食べ、9時05分に陣馬山頂を後に高尾山を目指して再出発する。  

画像
稜線伝いに影信山へ進むと、幅広い登山道は徐々に標高を下げて行く。 道の左右は植林と自然林に分かれている。 植林もよく手入れがされていて、美しい。 右に奈良子尾根を通って陣屋温泉への道を分ける、奈良子峠をいつの間にか通過する。 

画像
9時33分、明王峠を通過する。 明王峠には茶屋があり、南西側が開け相模湖への道を分けている。 影信山へは、薄暗い植林の中の道を暫く辿ってゆくことになる。 直ぐに稜線より左右に道を分ける底沢峠を通過する。 

画像
やがて道が二つに分かれ、右へは堂所山を迂回する巻き道、左は堂所山の山頂へ向かう道となる。 消耗している山仲間には巻き道を進んでももらい、私ともう一人の山仲間は堂所山へと向かう。 分岐から10分弱で山頂に到着する。 山頂からは陣馬山から生藤山、戸倉三山などが眺められ、最短縦走路からちょっと外れているためか人も来ず静かな所である。 山頂で写真だけ撮り、直ぐに登ってきた方向の反対側へと急坂を降る。 縦走路へ戻り影信山の方へ進むと、やがて小さなピークには稜線部のアップダウンを巻く道が付けられている。 大した急登でもないので、できるだけ稜線伝いに歩いた方が稜線を抜ける風を受け気持ち良く歩ける。  

画像
この頃になると、高尾方面より陣馬方向へ向かう人とすれ違うようになる。 また、稜線上をジョギングしてゆく人も多くなる。 何と無く古き街道を行き交う人々と、ジョギングする人は飛脚のように思えてくる。 10時36分、影信山に到着する。 山頂の茶屋の前のベンチは、どこもほぼ満席である。 もの凄い人数である。 また、山頂の北側の植林が切り倒され、見晴らしが良くなっている。 山頂で20分ほど休んでも、遅れている仲間が到着しない。 ひょっとすると地図にない山頂の迂回ルートを使ったかもしれないと思い、茶屋の人に聞くとやはり迂回ルートがあった。 小屋の人は、「間違えて、巻き道を通り山頂を踏まない人も多い。」と、云う。 

画像
11時13分、影信山を後に走るように小仏峠へと向かう。 11時28分、小仏峠に到着する。 やはり山仲間は、道を間違え影信山を巻いてしまい、そのまま小仏峠まで来ていた。 途中、影信山への分岐を見つけ、道を間違えたことを認識したが、消耗しきり山頂へ向かわなかったとのことである。 小仏峠に二か所あった販売所の内一か所は、すでに放棄され廃墟となり始めていた。 しかし、甲州道中と書かれた新しい標識が建てられていた。 

画像
小仏峠を通過し、少し登ると無線中継所のアンテナがある城山へ11時52分に到着する。 ここもハイカーで山頂は満員状態である。 山頂の公衆トイレは長蛇の列である。 我々も一休みして、最後のピークである高尾山ヘ向けて出発する。

画像
城山を過ぎると、道は広くよく整備さている。 特に植生回復のために登山道脇にはロープが張られ登山道外への立ち入りを防いでいる。 12時13分、木立に囲まれた一丁平を通過する。 一度鞍部まで降り、今度は高尾山へ向けての登りが始まる。 道が三つに分かれ、稜線通しに階段の道を進むと、12時23分にトイレのあるモミジ台に到着する。 遅れている山仲間をここで待つことにする。 モミジ台には山頂からあふれた観光客やハイカーが登山道の両脇にシートを敷いて占拠している。 暫く待つがなかなか現れない。 また巻き道を進んだ可能性があるので、高尾山山頂へと向かう。  

画像
石の階段を登り、12時45分に高尾山山頂へ到着する。 しかし、あまりにもの人の数でとてもこれでは見つけることが出来ない。 座る所も無いくらいである。 私は何回か高尾山へ来ているが、こんなに多くの人を見たことが無い。 しかたなく見つけることを諦め、携帯電話をかけるが繋がらない。 留守録に下山する旨を残し下山を始める。  

画像
薬王院に近ずくに従い人の数は増え、広い参道は行き交う人で埋まっている。 薬王院の境内は既に登り降りが一方通行になっているが、それでもなかなか前に進まない。 夜間の境内通過が出来ない時の迂回路は誰も通っていないので、そこを通って前へと出る。 

画像
ケーブルカー駅近くの展望台で偶然、はぐれた山仲間と合流する。 やはり山頂の巻き道を来たようであり、だいぶ足にガタがきている。 13時22分、リフトの乗車駅前を通るが、リフト乗車待ちのお客さんが長蛇の列をつくっている。 歩いて降った方が早い。 確かに観光客の大半は歩いて降っている。 結局、観光客に交じって舗装された滑りやすい坂を降り、13時43分に高尾山登山口の清滝に到着し、全行程20kmの走破が終わる。 その後、消耗しきった山仲間は、20分ほど遅れて到着する。 京王線高尾山口より14時12分発の電車に乗車し、分倍河原経由で登戸へ戻る。 登戸解散は15時であった。  



費用
電車代(町田→高尾)@¥450
バス代(高尾→陣馬高原下)@¥540
電車代(高尾山口→登戸)@¥540

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック