6月23日から一泊二日で早池峰山と焼石岳を登ってきました。

6月23日から24日にかけて仲間二人で東北の早池峰山(はやちねさん)と焼石岳(やけいしたけ)に行ってきました。 
早池峰山は昨年10月に岩手山と一緒にトライしたが、季節外れの暴風雨で河原坊駐車場へ行く途中の林道が倒木で塞がれ、断腸の思いで撤退。 今回、花の季節を迎える早池峰山を再度挑戦しようと計画しました。 しかし、せっかく新幹線で東北へ行くのに一座だけではもったいないので、ついでに高山植物が咲き乱れる焼石岳へも足を伸ばすことにしました。 東北新幹線で盛岡まで向かい、ここからレンタカーを借りて、初日は早池峰山を二日目は焼石岳を登った。 帰りは、レンタカーを水沢江刺でデポし、新幹線で帰京しました。


画像
早池峰山は何と言っても固有種の和製エーデルワイスである「ハヤチネウスユキソウ」です。 前々から、この花だけは一度見てみたかった。 まだ時期が早いのか、やっと一輪綺麗に咲いているのを見つける。 


画像
盛岡駅に9時22分に新幹線で到着し、駅構内のレンタカー事務所で車を調達する。 9時58分に盛岡駅を後にシャトルバスの始発地点である岳駐車場へ向かう。 


画像
10時40分に岳駐車場に到着し、11時丁度のシャトルバスに乗車する。 この時間から入山する人は少なく、バスの乗客は我々を含め6名程度。 


画像
シャトルバスが峠の小田越に到着後、11時28分に早池峰山へ向けて登り始める。 既に小田越は下山のために降りのバスを待つ登山者がバス停に並んでいた。 


画像
登山道へ入ると暫く樹林の中の木道が続く。 


画像
登り始めて20分程で一合目を通過し、大きな石の重なり合う登山道を登る。 


画像
直ぐに視界が開け、上部が見渡せるようになる。 


画像
急な登山道を登っていると、やっと綺麗に開花したハヤチネウスユキソウに出会う。 


画像
12時21分、五合目の岩の上に千両箱のような石がある所を通過する。  


画像
少し登山道の傾斜が緩むと、早池峰山への急登は始まる。 残念ながら上部がガスで覆われている。 


画像
12時40分、鉄梯子の基部に取り付く。 一本の鉄梯子の所は、梯子を登らずに迂回するルートもある。


画像
一本目の梯子の次は二本平行して取り付けられた梯子となる。 ここは梯子を使わないと登れない。


画像
頂上部の平らになった所へ来ると、木道がつけられ周囲は日本庭園を思わせる光景となる。


画像
更に進むと、山頂の避難小屋が見えるようになり、山頂が近づく。 


画像
山頂直下にはまだ残雪が残り、少しの間残雪の上を歩く。 


画像
13時01分、標高1917mの早池峰山に到着する。 百名山93座目のピークハントを完了する。 山頂からはガスに囲まれ遠望が殆ど無いのが残念である。 20分ほど休憩をとり、下山を開始する。 


画像
山頂の岩陰にホソイワイワベンケイがひっそりと咲いている。 


画像
下山は、花の写真を撮りながらノンビリと降る。 ミヤマオダマキ、ミヤマシオガマとミヤマアズマギク    


画像
ミヤマキンバイ     


画像
ナンブイヌナズナ    


画像
ミヤマオダマキ         


画像
ミヤマシオガマ    


画像
ミヤマアズマギク     


画像 
登山口直ぐ近くでやっと顔を出したギンリュウソウを見つける。 


画像
14時22分、小田越に到着する。 休憩を入れて往復3時間ほどで早池峰山を制覇する。 小田越から14時42分のシャトルバスで岳駐車場へ向かい、レンタカーで翌日の焼石岳に近い水沢のビジネスホテルへ向かう。 水沢には16時付議に到着する。 



6月24日の焼石岳は以下を参照してください。 

http://ja1uoa1951.at.webry.info/200706/article_3.html

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

2007年07月22日 15:09
こんにちは、初めてコメントさせていただきます。
岩手の山が大好きなmikkoと申します。
早池峰と焼石のレポとても楽しく拝見しました。
早池峰は3年前の海の日の連休を利用して登りました。
もちろんハヤチネウスユキソウ狙いだったのですが
Peak Hunterさんのレポを見て、
他にもたくさんの花に出会えた事を思い出しました。
焼石は今年の夏休みに狙ってます。
(昨年の夏にダンナが一人で登って感激して帰ってきました)
Peak Hunterさんのレポを見てさらに行きたくなりました。
また、お邪魔させていただきます。
Peak Hunter
2007年07月22日 17:41
mikkoさん
書き込みありがとうございます。
こちらこそよろしくお願いします。
私は、早池峰山より焼石岳の方が気に入ってしまいました。
チャンスがあれば、また来年の花の時期にでも縦走してみたいと思っています。

この記事へのトラックバック