5月3日に高尾山へハイキングに行ってきました

 ゴールデンウイークの5月3日に仲間と高尾山へハイキングに行ってきました。 
今回は、軟弱に山麓から往復ケーブルカーを使う。 さすがに連休の晴れ渡った日だけあって、物凄い人出! 自然を満喫するより人の波に揉まれてきました。 しかし、一般のハイカーの歩かない自然探索路に入ると、それなりの静かさに浸れました。

画像
この季節の高尾山は「シャガ」があちこちに咲いている。 最初に見つけると物珍しいように思うが、何所へ行っても咲いているので飽きてくる。 


画像
9時過ぎに山麓のケーブルカー駅を出発する。 この頃は、まだそんなに混んでなく10分ほど待てばケーブルカーに乗車できた。 


画像
ケーブルカーを降りると、相模原の町並みと津久井の山々が望める。 


画像
ノンビリと舗装された稜線伝いの杉並木を30分程歩くと、薬王院の山門を潜る。  


画像
山門の近くの坂を少し降りると、観光客が足を踏み入れない「石楠花」の群生地がある。  


画像
遊び遊び歩き、10時過ぎに高尾山の山頂へ到着する。 山頂は座る所も無いくらいの人出で、圧倒される。  


画像
山頂からは南側が開け、丹沢の山々から富士山が望める。 コンディションがよければ南アルプスまでも望める。 しばらく、地図を出して眺められる山々の山名を確認する。 高尾山から先へ行こうとしたが、あまりにも人が多いので戦意を喪失し、ケーブルカーで下山することにする。 


画像
帰りは山頂から少し戻り、右折して3号路で戻る。 しばらく舗装道路を進むと、やがて舗装が切れ急な下り坂となる。 さすがに観光客は、ここまで来ないので静かになる。  


画像
急坂を降り切ると、道は登山道らしくなり、殆どアップダウンの無い道が続く。 見飽きるほど「シャガ」の花が咲いている。  


画像
3号路をノンビリと植物を眺めながら一時間弱歩くと、神変堂へでる。 ここから先は舗装されたメインルートとなり、昼を過ぎても山頂へ向かう人の波は衰えを見せない。 ケーブルカー駅前の茶屋で摘み食いをして、下山する。 下山後は風呂へ入って、大反省会となる。 

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック