10月8日にクラブの山仲間と日向山へ行ってきました

2005年10月8日にクラブの山仲間と日向山へ行ってきました。
前々から一度行ってみたいと思っていた、南アルプス前衛にあたる日向山を計画した。 この山は山頂部が雪山のように白く、南アルプスや八ヶ岳の見晴らしが良い。

画像
天気がよければもっとダイナミックな景色が眺められたであろう。 しかし、雪の上のような白砂の山頂だけでも楽しい思いが出来た。  


実施日:2005.10.08(土)

参加者:5名

天候 :曇り時々雨

コース:JR線町田駅改札集合→(八王子、高尾経由)→長坂駅→(タクシー)→矢立石→日向山三角点直下→雁ガ河原→日向山三角点直下→矢立石→(タクシー)→長坂駅→(甲府、八王子経由)→町田


秋雨前線の影響で、前日の夕方より降り始めた雨が夜中に幾度となく音を発てて降っていたが、家を出る頃には止む。 インターネットで天気を確認したら、甲府近辺では午前中の雨の確率は低くなっている。 集合は何時もより早いJR町田駅5時33分発の電車内で山仲間と合流する。 八王子からは中央線に、更に高尾で松本行きへ乗り換える。 松本行き電車内は、雨のためか三連休にもかかわらず登山者の姿は殆ど無い。 笹子近くになると雲の切れ間から青空も時々覗き、笹子トンネルを潜り抜け甲府盆地に入ると、山の稜線が見えるようになる。 今回の下車駅である長坂は始めて降りる駅のため、タクシーが常駐しているか判らず、電車の中からタクシーを予約する。 8時23分に長坂駅に到着し、電車を降りる。 

画像
長坂駅は、電車内から見ると駅前に何もない田舎の駅の様に見えるが、越線橋から階段を降りずに直接改札を出ると、駅前にはロータリーがあり、食堂やお土産屋が並びタクシーも数台客待ちしている。 改札を出ると予約したタクシー運転手に声を掛けられる。 駅の脇のトイレで用を済ました後、8時30分にタクシーで長坂駅を後にする。 タクシーは駅より坂道を下り、釜無川支流の大深沢川を渡り、今度は美術館のある丘を越えてまた下ると釜無川を渡る。 釜無川からは、坂を上り白須と竹字の集落を抜けると、舗装された林道となり別荘地の間をどんどん標高を稼いで行く。 九十九の林道は所々未舗装となり、8時55分に登山口である矢立石に到着する。 

画像
登山口脇の林道は道幅が広くなっており、登山者の自動車が何台か駐車できるようになっている。 我々はスパッツを着け、9時06分にガスが漂う登山口を出発する。 雨上がりで気温が低くヒンヤリするが、湿度はほぼ100%の状態である。 登り口からは、赤松の林の中に幅広い登山道が九十九折れに付けられている。 少し登ると大きな岩が二つ現れ、「この石が矢立石なのであろうか?」と思いながら通過する。 少し体が温まると何となく体に纏わり付くような暑さが出てくる。 暫く歩くと登山道に栗の毬が大量に落ちている。 よく見ると、まだ栗の実も入っている。 これは見逃せないと、皆で栗拾いをしながら登る。 然程急傾斜でない登山道を登り続けると、赤松からブナへ植生が変り始め、9時47分に標高1300m付近で最初の小休止をとる。 気温は低いが、傾斜もつきはじめ、風も無く湿度が高いため意外と汗が出る。  

画像
ここから見晴らしの利かない樹林の中を標高差200mほど登ると、傾斜が緩み始める。 時々、樹林の薄くなった所で、ガスが切れると甲斐駒ケ岳へ続く稜線が眺められるようになる。 ロボット雨量観測所の横を抜け、少し登るとまた傾斜が緩み、直ぐに正面の樹林が薄くなってくる。 ここまでは、何の変哲もない樹林の中の登りで大して面白味も無い。

画像
10時41分、突然樹林が切れ、白砂の標高1659mの日向山山頂に到着する。 今まで、面白くも無い樹林の中を歩いていたが、突然見晴らしの利く美しい山頂に出た対比で感動する。 

画像
山頂には我々意外誰も居らず、静かである。 北側には山頂をガスに覆われた八ヶ岳が大きく見え、南には半分ガスに覆われた甲斐駒ケ岳へ続く黒戸尾根が眺められる。 天気がよければ甲斐駒ケ岳山頂も望めるはずである。 

画像
白砂の山頂で記念写真を撮影し、山頂で久しぶりにお茶を沸かそうとしたが、風が強く樹林の中へ移動する。 女性山仲間の持参したお菓子を食べながら、紅茶を飲む。 時間は瞬く内に過ぎて行くが、帰りのタクシーを12時30分に予約してあるので、11時20分には名残惜しい山頂を後に下山を開始する。 山頂から20分ほど降りると雨が降り始め、ザックカバーをかけ、傘を差す。 この登山道は幅が広く、風が防げる樹林帯の中に付いているので傘を差して歩くことが出来る。 所々、木の根が登山道に張り出しているので、スリップに注意しながら降り、12時17分には登山口の矢立石に到着する。 12時24分、予約していたタクシーが到着し、長坂駅へは12時51分に到着する。 長坂駅からは13時21分発の甲府行きに乗車し、甲府からは特急で八王子へ向かう。 15時50分頃に町田駅で解散する。 


費用
電車代(町田→長坂)    @¥2210
タクシー代(長坂→矢立石) @¥4570
タクシー代(矢立石→長坂) @¥4570
電車代(長坂→町田、特急) @¥3110

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック