7月5日に山仲間と城ケ崎海岸へハイキングに行きました

2003年7月5日に山仲間と城ケ崎海岸へハイキングに行きました。
山歩きばかりでなく趣向を変えて、伊豆の海岸縁のハイキングを計画した。 海岸縁と云っても歩く距離は相模湖畔の石老山より長く、海岸の断崖絶壁に沿ったアップダウンも多くそれなりに距離もある。

画像
海は潜るものだと思っていたが、たまには海を眺めながら海岸淵を散策するのも楽しい。 


実施日:2003.07.05(土)

参加者:6名

天候 :晴れ

コース:小田急線新町田駅集合→(小田原、熱海経由)→城ケ崎海岸駅→ピクニカルコース入口→門脇灯台→伊豆海洋公園→大島ガ根→はしだて→八幡野→伊豆高原駅→(熱海、小田原経由)→町田


梅雨真っ最中の7月初旬であるが、朝から良く晴れた一日が始まった。 朝6時40分に小田急線町田駅に4名が集合し、下り鈍行電車で小田原へ向かう。 7時55分に小田原からJR東海道線に乗り換え、8時20分に熱海に到着する。 ここで、横浜から参加の山仲間2名と合流する。 熱海からは伊豆急行へ乗換える。 伊豆急行の電車内は、殆どがダイビングか観光客である。 

画像
9時05分にハイキングの出発点である城ケ崎海岸駅に到着する。 駅では海洋公園へ向かうダイバーが群がっていて、我々ハイカーは何となく場違いの様である。 駅の隣のトイレで用足しを済まし、直ぐにピクニカルコース入口へ向かう。 駅から桜並木道を海洋公園の方へ向かい、最初の交差点を左折して富戸港方面へ足を向ける。 道路の脇にはダイビングショップが点在し、我々のような山屋には何となく違和感がある。 

画像
暫く歩き富戸港方向の表示の所を右折し、更に突き当たりを右折すると直ぐにピクニカルコース入口となる。 駅からここまでは20分ほどの降り一辺倒の道で、自動車で走っていたのでは、見落としそうな所である。 いよいよここから断崖絶壁の海岸に沿ったハイキングコースが始まる。 道は今までと違って、登山道と同様に幅狭い土と岩の道になる。 

画像
常緑広葉樹の中を10分ほど歩くと、枝ぶりの良い松越しに富戸港を見下ろす休憩所となり、9時54分最初の小休止をとる。 

画像
ここから少し歩くと大きなプールのある「ぼら納屋」を通過し、海に架かる門脇吊橋を渡る。

画像
吊橋を過ぎると直ぐに門脇崎先端の灯台が現れ、広い展望台となっている。 ここへは、車で直ぐ近くまで来れる為か、大勢の観光客でごった返している。 このあたりから徐々にサンダルやハイヒールを履いたハイカーが増え始める。 道は小さなアップダダウンを繰り返しながら伊豆海洋公園まで続いている。 

画像
10時39分、大勢のダイバーが屯している伊豆海洋公園に到着し、彼らを横目に通り過ぎる。 

画像
海洋公園の外れには静かな蓮着寺があり、その境内の前の舗装された道を進むと、直ぐに寺の奥の院となる。 奥の院の裏手への坂道を登ると、いよいよここから城ケ崎海岸の自然研究路核心部へ入り込む。 道幅は広いが、時折ひどくぬかるんだ所を歩かねばならない。 俎岩展望地を過ぎるあたりから、伊豆特有の火山性の岩と砂利をコンクリートで固めたような堆積岩が現れ始める。 道は、海岸へ張り出す小さな尾根を越えるたびに地形図では表しようの無い小さな登り降りを無数に繰り返す。

画像
思っていたよりアップダウンが多く、おまけに好天で汗が止まらない。 時折吹く海からの冷えた風が涼を味あわせてくれる。 11時25分、海に広く開け広場のような「いがいが根」に到着し、小休止をとる。 海に面した先端では、釣り人が数名糸を垂らしている。 

画像
所々にカンゾウの花が咲き、何となく過って行った佐渡の大野亀から続く賽の河原を思い出す。 「いがいが根」からは殆どが樹林帯の中に付く道となるが、海岸線が深く谷となって内陸部まで入り込んでいる。 そのため意外と長く単調な道が続き、飽きてきた頃に石地蔵のある田中磯を通過する。

画像
「とよ」を過ぎると直に公衆トイレのある「はしだて」となり、吊橋が現れる。 干潮時のせいか、吊橋の下には海は無くゴロタが内陸部まで深く続いている。 吊橋を渡り5分程歩くと民家が現れ、八幡野の町中へでる。 12時31分、ダイバーのいる八幡野漁港に到着する。 ここからは海岸を離れ、舗装された坂道を伊豆高原駅へ向けて登り始める。 この坂道が今日最大の長い登りである。  

画像
13時18分、場違いなほど綺麗で都会のショッピングセンターかレストラン街と見間違える伊豆高原駅へ到着する。 13時30分、伊豆高原駅始発の電車に乗り熱海、小田原経由で帰途に着く。 途中、熱海で横浜方面へ戻る山仲間と別れ、小田急線で町田へ戻る。 町田到着は16時10分。 


費用
電車代(町田→城ケ崎海岸)@¥1780
電車代(伊豆高原→町田)@¥1860

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント