10月7日から山仲間と蔵王の熊野岳へ行ってきました

2001年10月7日から山仲間と蔵王の熊野岳へ行ってきました。
今回の山行は、1997年1月のスポーツクラブ同好会発足後の山行通算回数100回目、および会発足時よりメンバーである長老山仲間が入会時に志した百名山登頂が完了したお祝いを兼ねて、誰でも参加しやすい蔵王とした。 当然、蔵王も百名山であり、その最高峰である熊野岳へのハイキングと、蔵王温泉での祝賀宴会を開催した。

画像
やはり蔵王は温泉とのキットでないと楽しみも半減ですね。 しかし、紅葉のシーズンはめちゃくちゃに混んでいる。 


実施日:2001,10,07~08

参加者:17名

天候 :10/08 曇り
     10/08 曇り後雨

コース:
10/18クラブ集合→(バス)→蔵王刈田岳の駐車場→蔵王熊野岳→蔵王刈田岳の駐車場→(バス)→蔵王国際ホテル

10/19蔵王国際ホテル→(バス)→上杉神社→(バス)→米沢→(バス)→クラブ解散


10/07
 朝4時30分頃よりクラブ前に集合を開始する。 既に頼んであったバスが到着しており、集合者はバスに乗り込む。 今回のバスは多少古いが28名乗りのサロンカーで、17名の参加者がゆったりと話しながら移動するには丁度良い。 5時丁度に全員が集合し、クラブ前を出発する。 

画像
バスは東名川崎インターより高速に入り、首都高速を走り箱崎JCを経由し東北自動車道へ入る。 東北自動車道へ入るまでは、集合時間が早かったためほぼ全員で仮眠する。 出発してから凡そ2時間弱を経過した6時45分に佐野サービスエリアにて最初の休憩を取りに立ち寄り、さらに8時50分に安達太良サービスエリアにも立ち寄る。 10時05分、渋滞に捕まる事も無く白石インターチェンジを降りる。 バスは30分ほどで蔵王エコーライン入り口に到着するが、ここから蔵王観光へ向かう乗用車の渋滞が始まる。

画像
バスはゆっくりと蔵王エコーラインをのぼり、標高1000mを超えたあたりから紅葉が始まる。 なかなか美しい紅葉が眺められる。 バスが蔵王刈田岳の駐車場に近づくに伴い、駐車場への入場待ち車両の渋滞に巻き込まれ、ほとんど前進できなくなる。 12時05分、やっとの思いでバスは駐車場へ入る。 駐車場付近は観光客でごった返している。  

画像
12時15分駐車場を立ち、各自ばらばらで蔵王熊野岳へ向かう。 生憎、蔵王のお釜の縁に沿った登山道はガスに囲まれ、視界が極めて悪い。 蔵王山頂より熊野岳への途中、観光用ロープウエイの山頂駅近くを通過するあたりまでは通勤用革靴にハイヒールの観光客が多いが、ここより熊野岳へ向かうとハイカーや登山客の世界となる。 刈田岳より熊野岳へは濃いガスがかかってもルートを見失わないようにほぼ10m間隔で丸太が建ててある。  

画像
ほぼ平坦な火山特有の砂礫の道を45分ほど歩くと、熊野岳山頂にある熊野神社に到着する。 全員到着するのを待って、長老山仲間の百名山全山登頂完了を祝して、横断幕を前に記念写真を撮り、山仲間持参のお神酒にて乾杯する。 山頂に20分ほど滞在した後、刈田岳の駐車場へ戻り始める。 途中、往路ガスでお釜が全く望めなかったが、帰路でお釜の縁を通り懸かった時、一瞬ガスが晴れお釜全体が見渡せるようになった。 

画像
14時10分に全員バスへ乗車し、今日の宿泊地である「蔵王国際ホテル」へ向かう。 バスは蔵王エコーラインを下り、途中蔵王ラインへ右折して蔵王温泉へ向かう。 15時30分、ホテルに到着する。 チェックインの手続きを行い、部屋割りを行う。 夕食を兼ねた宴会は18時からであり、それまで各自温泉に浸かったり、囲碁を打ったり、早速ビールで乾杯したりして時間を過ごす。 私を含む3名の幹事団は、宴会の準備とご寄付頂いた方々へのお土産の手配に走り回る。 

画像
18時宴会開始となる。 私が司会を行い、始めに同好会会長より長老山仲間の百名山全座登頂を祝して祝辞を述べ、同好会と山仲間よりの記念品授与を行う。 その後、長老山仲間より返礼を頂き、同好会副会長の乾杯音頭で盃を空ける。 暫くの歓談の後、同好会発足時よりのメンバーであり、参加できなかった山仲間からファックスで届いた祝辞を読み上げる。 20時30分まで宴会が続き、最後に横断幕を広げて全員で記念写真を撮る。 宴会終了後ホテル内のカラオケで21時より2次会を開始する。 約1時間半に渡り懐かしのメロディーを、マイクを奪い合いながら皆で歌いまくる。 23時前、まだまだ飲み足りないが歳には勝てず、寝床に入る。 


10/08
 朝食は7時からであるが、歳の為かほとんど全員6時前には起きて、温泉に浸かりに行く。 昨日は飲みすぎたせいか体が重いが、熱い温泉に浸かっていると次第にしっかりしてくる。 朝食は7時からで、それまでテレビを見ていると米国テロ事件の報復戦が開始されたと報じていた。 「また戦争が始まってしまった。」 7時頃になると各部屋毎に食堂へ向かう。 内容はバイキングで、結構美味しい。 朝食後、出発までの時間を各自好き勝手に使う。 会計担当の幹事はホテル代の清算に時間を費やす。 

画像
9時30分ロビーに集合し、集合写真を撮影後バスに乗り込む。 帰路は蔵王山頂を通過せず山形側へ下る。 途中、山形出身の山仲間の郷里である上山を通過し、バスの中で飲むアルコール類をコンビニより調達する。  

画像
費用的にも時間的にも余裕があるため、山形名物の米沢牛を食べようと云うことになり米沢へ向かう。 丁度、米沢の上杉神社ではお祭りが行われており、我々も神社に詣でる。 昼時のお祭り会場周辺の食堂は、何処も満員で17名の席が確保できない。  

画像
バスの運転手が、お祭り会場より少し離れた米沢牛を食わせるお店を見つけ出し、直行する。 東京の半額ほどでボリュームのある霜降りの牛肉が食べられる。 とても美味しい。 食事も終わり14時頃に帰路へつく。 所々激しい渋滞に巻き込まれるが、バスの中では宴会に終始する。 途中高速のサービスエリアに数回立ち寄りクラブには21時丁度に到着する。 

"10月7日から山仲間と蔵王の熊野岳へ行ってきました" へのコメントを書く

お名前
メールアドレス
ホームページアドレス
コメント