12月29日に山仲間と忘年山行へ行きました

2019年12月29日に山仲間と忘年山行へ行きました。
 暫く仕事が忙しく体調が思わしくなかった山仲間と、今年最後の山歩きをすることになった。 山仲間のリクエストで「軽い山で、帰りに風呂へ浸かれ一杯飲める所!」と云うので、何時もの大山になった。 しかし、丹沢は週初めから何回か降雪があり、川崎市から眺めても稜線が白くなっている。 おそらく秦野駅からヤビツ峠行きのバスは蓑毛で折り返し運転となっている可能性が高い。 まあ、その時は大山中腹を歩いて、今年の山歩き納めとしよう。 

2019-12-29大山_0012.jpg
朝から天気が良く、心配していたヤビツ峠行きバスは確り運行されていた。 おかげで今年最後の山歩きは確り山頂を踏めた。 気温は低く私にとっては快適な登りであった。 標高が1000mを超えると、登山道にも雪が多く残り始め、今シーズン最初の雪上歩きになった。 アイゼンを付けるほどの積雪でなく快適である。 大山山頂付近から眺める丹沢主稜線は白く輝いている。 下山は、暫く泥田の様な登山道が続くが、標高900mを切ると何時もと変わらない登山道へ戻る。 下山後はクアハウス山小屋で山仲間と最後の忘年会を行う。 今年の山歩きも無事に終わった。 また来年も早々に山歩きを始めよう。 


実施日:2019.12.29(日)

参加者:2名

天候 :晴れ

コース:小田急線新百合ヶ丘駅→(小田急線)→秦野駅→(バス)→ヤビツ峠→(イタツミ尾根)→大山→(雷ノ峰尾根)→見晴台→(九十九曲経由)→クアハウス山小屋(入浴)→(山小屋の送迎車)→日向薬師バス停→(バス)→伊勢原駅→(小田急線)→小田急線登戸駅 

2019-12-29大山_0002.jpg
山仲間との集合は、何時もと同じ新百合ヶ丘駅ホームに6時29分とした。 少し早めに駅へ向かうと、既に山仲間は到着していて、予定の電車で秦野へ向かう。 車窓からからは朝日に輝く純白の丹沢の峰々が眺められる。 インターネットでヤビツ峠行バスの運行状況を確認すると、週中に降った雪で蓑毛止まりとなっている。 7時10分、電車は秦野駅に到着しヤビツ峠行バス停へ向かう。 バス停で、最初にヤビツ峠行きの運行状況を確認すると、「降雪のため蓑毛で折り返し運転」の表示は無い。 と、云う事はヤビツ峠まで運転されているので、当初の計画通りにする。 バス停には何時もより登山客の列が短い。 充分着席できる位置である。 世間は年末の大掃除が忙しく、山どころでは無いのであろう。 バスは定刻の7時44分に積み残しのお客さんも無く、秦野駅を出発する。 着席できたので、直ぐに寝入ってします。 気が付くと、バスはヤビツ峠の直ぐ近くまで来ている。 バスの窓越しに外を見ると、道路脇に雪が残っている。 8時17分、標高770mのヤビツ峠に到着する。 バスから降り、公衆トイレ脇に設置されたベンチの所で、登山計画書を計画書入れへ投函し出発の準備をする。 先週まで公衆トイレは使用禁止となっていたが、工事が完了したのか使用できるようになっている。 8時25分、ヤビツ峠を出発し、イタツミ尾根を登り始める。 

2019-12-29大山_0009.jpg
天気は良いが、雪が残るだけありさすがに寒い。 のんびりペースで一歩一歩登って行く。 ゆっくりペースなので、後ろから来る登山者に直ぐに追いつかれ道を譲る。 20分弱登った登山道の右側の開ける所からは、相模湾の先に大島と伊津半島の山々が望める。 この辺りまで登ってくると、身体も温まってくる。 やがて鎖場を過ぎ急登を九十九道で登る。 9時03分、標高950mのイタツミ尾根中間点のベンチへ到着し、10分弱の小休止をとる。 葉を落とした梢の間を冷たい風が吹き抜け、雪を付けた丹沢表尾根の稜線が眺められる。 小休止が終わり、残りの標高を稼ぐ。 標高が1000mを越えるようになると、登山道にも雪が残るようになる。 今シーズン初めての雪上歩きである。 やがて登山道に木道が現れるようになると下社からの表参道の分岐も近い。 9時43分、標高1161mの所で表参道を合せる。 ここからは丹沢の主稜線と富士山が綺麗に眺められる。 

2019-12-29大山_0018.jpg
分岐からは暫く大きな岩の転がる急坂を登る。 鹿避けのグレーチングを通過し、最初の鳥居を潜ると大山山頂は近い。 二本目の鳥居を潜ると阿夫利神社境内の一角に入る。 9時58分、標高1252mの大山山頂に到着する。 阿夫利神社奥ノ院の社殿のシャッターが開いているので、先ずはお参りする。 山頂にはまだ吹き溜まりになった所の雪が残っている。 写真を撮り、直ぐに山頂直下の東側広場へ向かう。 開いているベンチのザックを置き、行動食を腹へ入れる。 折角無線機を持って来ているので、無線の移動運用納めとして一局だけ交信する。 天気が良く、風もあまりないので日差しがあれば温かく感じる。 都心の向こうには筑波山も眺められ、遠く日光や上越国境の山も見渡せる。 無線運用をしていると山仲間が下山の準備を始めるので、私も早々に交信を終わり下山の準備を開始する。 10時41分、雷ノ峰尾根を経由して下山を開始する。 

2019-12-29大山_0036.jpg
下り始めると登山道に雪が残っているが、アイゼンを着けるほどではない。 直ぐに雪は少なくなり、登山道は泥田の様になり始める。 滑って転ぶと、泥だらけになる。 暫くはストックに頼り、滑らないように慎重に下る。 標高が900mを切ると、登山道の泥田は解消され、下りやすくなる。 11時34分、標高770mの見晴台に到着し、ベンチにザックを降ろし、山仲間が持参した焼き栗を食べながら15分程休む。 一休みした後、見晴台を後にする。 見晴台から10分ほどで尾根道を外れ、九十九曲を下り始める。 単調な九十九道であるが、25分ほどで舗装された林道へ出る。 今回は泥田の所を通過したので、ストックと登山靴を洗うために林道途中の水場に立寄る。 12時50分、標高295mに建つクアハウス山小屋へ到着する。 早速、風呂でさっぱりし、薪ストーブの燃える食堂へ向かう。 暖かいストーブの前で生ビールを飲む。 久しぶりに焼酎を飲みながら鹿肉のシャブシャブをつまむ。 二時間ほど忘年会を行い、15時30分に小屋の車で日向薬師バス停まで送ってもらい、15時35分発のバスで伊勢原へ向かう。 伊勢原から小田急線に乗り、帰途に就く。 16時41分に登戸駅で解散し、私は世田谷の実家へ向かう。 


20191229トラック.jpg

今回のトラックデータは、距離7.3km、登りの累積標高差は598m、下りはー1013mであった。

費用
電車代(新百合ヶ丘→秦野) @¥480
タクシー代(秦野→ヤビツ峠)@¥4780
風呂代(クアハウス山小屋) @¥800
バス代(日向薬師→伊勢原) @¥280
電車代(伊勢原→経堂)   @¥420

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 1

ナイス

この記事へのコメント