9月28日に山仲間と大山へ行きました

2019年9月28日に山仲間と大山へ行きました。
 今回は山仲間と大山を経由して、日向薬師近くに群生する彼岸花を観に行く事にしていた。 週末は天気もよさそうである。 二週間ほど前にも日向薬師付近を通ったが、その時は全く彼岸花が咲いていなかった。 さて、今回は咲いているか? 

2019-09-28大山_0059.jpg
朝から天気が良く、秋の行楽日和となった。 ヤビツ峠へ向かう登山者も一段と多い。 大山へ登っていると、冷たい秋風が吹き抜け気持ちが良い。 早めに山頂を下り、クアハウス山小屋で一杯! その後、日向薬師バス停付近へ向かい彼岸花を鑑賞する。 今年は暑かったためか開花が遅く、未だ七分咲き程度であった。 それでも綺麗である。 今年も日向薬師の彼岸花を見れて良かった。 


実施日:2019.09.28(土)

参加者:2名

天候 :晴れ

コース:小田急線新百合ヶ丘駅集合→(小田急線)→秦野駅→(バス)→ヤビツ峠→(イタツミ尾根)→大山→(雷ノ峰尾根)→見晴台→(九十九曲経由)→クアハウス山小屋(入浴)→(山小屋の送迎車)→日向薬師バス停→(バス)→伊勢原駅→(小田急線)→新百合ヶ丘駅解散 

2019-09-28大山_0009.jpg
この時期になると、日の出も大分遅くなり未だ暗い内に床を抜け出す。 朝食を食べながらインターネットで天気予報を確認すると、終日天気はよさそうである。 6時に自宅を出発し、山仲間と待ち合わせをしている小田急線新百合ヶ丘駅ホームへ向かう。 山仲間は予定より早い電車で新百合ヶ丘に現れ、6時29分発の急行電車で秦野へ向かう。 秦野駅に着くと、大勢の登山者が一斉にヤビツ峠行バス停へ急ぐ。 我々も急いでバス停へ向かうが、既にバス一台分の列ができている。 列に並ぶと、直ぐに列は長く伸びてゆく。 天気も良く登山日和なのでそれなりに登山者も多い。 定時バスの前に臨時バスがあるが、着席できないので定時バスで行くことにする。 7時47分、少し遅れて定時バスが秦野駅を出発する。 座っていると、直ぐに眠りこんでしまう。 8時26分、バスは標高770mのヤビツ峠に到着する。 バスを降りると、前のバスで到着した登山者がまだ大勢残っている。 我々は登山計画書を投函し、8時34分にヤビツ峠を出発する。 

2019-09-28大山_0022.jpg
イタツミ尾根をゆっくりとしたペースで登って行く。 暫く登ると登山道の右側が開けた所から、相模湾の先に伊豆半島の山々が眺められる。 9時11分、標高950mのイタツミ尾根中間点のベンチへ到着し、10分弱の小休止をとる。 ベンチの近くには何本かのヤマボウシの木があるが、未だ実は赤くなっていない。 真っ赤に色づくにはもう少し先なのであろう。 ヤマボウシの実はジャムや焼酎漬けにもできる様なので、一度実を拾いに来たいものである。 小休止の後、残り半分の標高を稼ぐ。 登っていると、冷たい秋風が吹き抜け気持ちが良い。 暫く尾根を絡みながら標高を稼ぎ、木道が現れ始めると表参道との分岐は近い。 9時50分、標高1161mの所で、表参道を合せる。 ここからは丹沢の主稜線と富士山が一望できる。 

2019-09-28大山_0025.jpg
分岐から10分程登った最初の鳥居の所を左へ折れ、山頂部分を迂回するコースへ入る。 このコースは、途中の無線中継所辺りで丹沢山塊を一望できる。 大山山頂を登るほとんどに人は、この景色を知らずに下山している。 10時08分、標高1252mの大山山頂直下の東側広場に到着する。 空いているベンチにザックを降ろし、行動食を腹へ入れる。 山仲間より「折角来たので無線でもやったら?」と云われたので、無線機を出して1.2GHz帯の無線運用を行う。 3局ほど交信している間に、広場の登山者はどんどん増えてゆく。 今回は日向薬師の彼岸花がメインなので、早々に下山の準備を開始する。 10時48分、雷ノ峰尾根経由で下山を開始する。 天気が良いので、雷ノ峰尾根を登ってくる登山者も多い。 11時31分、標高770mの見晴台に到着し、ベンチにザックを降ろし20分ほどの小休止をとる。 ベンチに座っていると秋風が気持ち良い。 そして、周囲にはトンボが飛び交っている。 小休止の後、一気にクアハウス山小屋を目指して降下を開始する。 12時05分、大きなお地蔵さんが建つ所から尾根を外れ九十九曲へ入る。 12時28分、舗装された林道へ出る。 ここからは舗装された林道を通ってクアハウス山小屋へ向かう。 

2019-09-28大山_0060.jpg
12時51分、標高295mに建つクアハウス山小屋へ到着する。 早速、風呂へ向かう。 風呂に浸かっていると、外で行っているバーベキューの良い臭いがしてくる。 風呂から出ると、楽しい生ビールが待っている。 山仲間とマスの唐揚げを食べながら一時間ほど酒を飲む。 15時12分、山小屋の車で日向薬師バス停まで送ってもらう。 日向薬師バス停付近には彼岸花が咲いている。 彼岸花の見学コースが設定され、20分弱彼岸花を見て回る。 ここの彼岸花は全て赤色で白や黄色はめったに見られない。 まだ七分咲き程度で、翌週辺りが満開になるのであろう。 15時35分、バスで伊勢原へ向かう。 伊勢原駅で軽く食事をし、18時24分に新百合ヶ丘駅で解散する。 


今回歩いたコース 
20190928トラック.jpg




費用
電車代(新百合ヶ丘→秦野) @¥480
バス代(秦野→ヤビツ峠)  @¥480
風呂代(クアハウス山小屋) @¥800
バス代(日向薬師→伊勢原) @¥280
電車代(伊勢原→新百合ヶ丘)@¥370

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント