9月8日に山仲間と大山へ行きました

2019年9月8日に山仲間と大山へ行きました。
 週末には台風が関東地方に上陸しそうであるが、日曜日の夕方までは天気が持ちそうである。 そこで、山仲間と山歩きへ行くことにした。 途中で天候が急激に悪化しても直ぐに下山出来る大山へ行くことにした。 さて、天気は夕方までもつであろうか? 

2019-09-08大山_0041.jpg
台風が比較的近くに来ているが、朝から天気が良い。 しかし、台風からの湿った空気が既に入り始めているのか、気温が高く湿度も高い。 ヤビツ峠行きのバスは、天候悪化を気遣ってか登山者が少ない。 何とか雨に降られずに山頂へ到着するが、山頂で少し休んでいると雨が降り出し、慌てて下山する。 途中、見晴台で小休止中に無線運用を行うが、また雨が降り始め慌てて下山を再開する。 しかし、カッパを着るほどの雨にも会わず、クアハウス山小屋へたどり着く。 嵐の前の楽しい山歩きであった。 


実施日:2019.09.08(日)

参加者:2名

天候 :晴れ後時々雨

コース:小田急線新百合ヶ丘駅集合→(小田急線)→秦野駅→(バス)→ヤビツ峠→(イタツミ尾根)→大山→(雷ノ峰尾根)→見晴台→(九十九曲経由)→クアハウス山小屋(入浴)→(山小屋の送迎車)→日向薬師バス停→(バス)→伊勢原駅→(小田急線)→登戸駅解散 

2019-09-08大山_0034.jpg
自宅を出る前にインターネットで台風の接近状況を確認すると、何とか夕方までは台風の影響はなさそうである。 少し早めに家を出て、山仲間と待ち合わせをしている新百合ヶ丘駅へ向かう。 6時25分、駅ホームに到着すると、既に山仲間が到着している。 山仲間は一本早い電車に乗れ、先に到着したようである。 6時29分、予定より早い電車に乗り、秦野へ向かう。 車窓より丹沢を眺めると、雲一つかかって無く、綺麗に晴れ渡っている。 しかし、海側からは雲が広がり始めている。 7時10分、電車は秦野駅に到着しヤビツ峠行バス停へ向かうと、誰もバス停には並んでいない。 暫くすると、ぽつぽつと列の後ろに乗客が並ぶが、登山者は10名程度である。 7時44分、途中のバス停で下車する学生と登山者を乗せた定時バスは秦野駅を出発する。 バスは、途中で学生を降ろすと、軽くなり勢いよく県道70号線で標高を稼いで行く。 8時20分、バスは標高770mのヤビツ峠に到着する。 バスを降りると、気温は低いが湿度が思っていたより高く、空は曇り始めている。 8時28分、登山計画書を投函しヤビツ峠を出発する。 

2019-09-08大山_0043.jpg
ヤビツ峠を出発し、イタツミ尾根を登り始める。 暫く登ると登山道の右側が開ける所に出るが、相模湾上には雲が広がり始めている。 しかし、台風が近いと言うが、全く風が無い。 イタツミ尾根の中間点のベンチまで一登りする。 9時06分、標高950mのイタツミ尾根中間点のベンチへ到着し、10分程の小休止をとる。 頭に巻いたバンダナを絞ると、汗が濡れ雑巾を絞る様に絞れる。 蒸し暑く、私の一番嫌いな気温と湿度である。 小休止が終わると、残り半分を登り始める。 暫く尾根を絡みながら標高をあげ、木道が現れ始めると表参道との分岐は近い。 9時50分、標高1161mの所で、表参道を合せる。 あまり暑いので、ザックを降ろし水を飲む。 ここから山頂までは15分程の登りである。 10時11分、標高1252mの阿夫利神社奥ノ院が建つ大山山頂へ到着する。 山頂には登山者が少ない。 台風の影響を心配して入山している登山者が少ないようである。 

2019-09-08大山_0051.jpg
直ぐに山頂から東側広場へ向かい、ベンチにザックを降ろす。 この時間になると、山頂周辺はガスで覆われ、展望は無い。 行動食を腹へ入れ、少し無線運用でも行おうかと無線機を取り出すと同時に雨が降り始める。 これでは無線運用どころではないので、慌てて機材をザックにしまい込む。 雨の山頂に居ても仕方がないので、とりあえずザックカバーを着け、10時26分に雷ノ峰尾根経由で下山を開始する。 暫く下ると、雨も止み始めるが、気温がどんどん高くなる。 11時17分、標高770mの見晴台に到着し、ベンチにザックを降ろし小休止をとる。 雨も止んでいるので、山頂で出来なかった無線運用を開始する。 3局ほど交信すると、また雨が降り出し慌てて撤収する。 

2019-09-08大山_0054.jpg
11時58分、見晴台を後にクアハウス山小屋を目指して下山を再開する。 下り始めると雨は暫く止む。 合羽を着けるほどの雨では無いので助かる。 12時10分、大きなお地蔵さんの所から尾根道を外れ、九十九曲を下り始める。 25分ほど下ると舗装された林道へ出る。 ここからは、途中に水場のある林道を下る。 林道を下っていると、沢蟹が道路を横切っている。 12時55分、標高295mに建つクアハウス山小屋へ到着する。 早速、風呂へ向かう。 風呂に浸かっていると、外では雨が音を立てて降り始めている。 タッチの差であった。 風呂から出ると、楽しい生ビールが待っている。 長風呂の山仲間をおいて、先ずは私一人で生ビールを呷る。 やがて、山仲間も食堂に現れ、一緒に酒を飲み始める。 あまり遅くまで飲んでいると、台風が近づいてくるので、15時26分に山小屋の車で日向薬師バス停まで送ってもらう。 日向薬師15時35分発のバスで伊勢原へ向かい、17時03分に登戸駅で解散する。 


今回歩いたコース 
20190908トラック.jpg



費用
電車代(新百合ヶ丘→秦野) @¥480
バス代(秦野→ヤビツ峠)  @¥480
風呂代(クアハウス山小屋) @¥800
バス代(日向薬師→伊勢原) @¥280
電車代(伊勢原→登戸)   @¥420

この記事へのコメント