6月16日に日ノ出山へ行ってきました

2019年6月16日に日ノ出山へ行ってきました。
 入梅したが、16日の日曜日には山仲間と山歩きをする事にしていた。 この時期の丹沢は山蛭が元気に活動したいるので、山蛭のいない奥多摩方面へ行くことにした。 やはり下山後に温泉へ入って、いっぱい飲める所が良いので、手軽に行ける日ノ出山とした。 さて、天気はどうなるか? 

画像
前日まで降っていた雨が上がり、朝から快晴の空が広がった。 天気予報では暑くなると予報されていたが、暑いのは尾根上へ出るまで。 尾根上に出ると、気持ち好い風が尾根上を抜けて行き、気持ちが良い。 山頂では、40分ほど1.2GHz帯で無線運用を行う。 下山は先に下った山仲間を追いかけ、一気につるつる温泉へ向かう。 温泉に浸かり、地酒の澤乃井で一杯! よい一日であった。 


実施日:2019.06.16(日)

参加者:2名

天候 :晴れ

コース:登戸駅集合→(立川経由)→日向和田駅→吉野梅郷→琴平神社→梅ノ木峠→日ノ出山→滝本→つるつる温泉→(バス)→武蔵五日市→(拝島・立川経由)→登戸駅解散 

画像
天気予報通り、昨日までの雨が上がり朝から天気が良い。 今回は6時07分に南武線登戸駅に到着する電車にて待ち合わせなので、それに合わせて自宅を出る。 登戸駅に到着すると、山仲間は計画より一本早い電車で到着している。 6時07分、計画通りの電車で青梅線の日向和田駅へ向かう。 この電車に乗れば、立川から途中乗り換えなく日向和田まで行ける。 7時20分、電車は日向和田駅に到着し、電車を降りる。 この駅で電車を降りたのは、我々二人と地元に男性の3名だけである。 我々は無人改札を出た所で、出発の準備を行う。 この駅には、登山計画書を投函する箱が無い。 7時39分、標高215mの日向和田駅を出発する。 国道411号線を歩き始めると、日差しの強さを感じる。 このまま3時間も歩いたら、少し前に三ノ塔へ行った時の様に、脱水症状を起こすであろう。 国道を左折すると多摩川に架かる神代橋を渡る。 橋を渡っていて気が付いたが、橋の欄干が継ぎ足してあり随分と高くなっている。 橋の欄干を越えて落ちる人でも多いのであろうか? 

画像
吉野街道に突き当たり左折し、直ぐに梅の木公園通りへ入る。 暫く歩くと、道路は植林の中に入り、やっと日陰になり一息つける。 7時59分、標高236mの琴平神社入口の鳥居を潜り、丸太の階段を登り始める。 丸太の階段が終わると、草が登山道に覆い被さる緩やかな植林の中の道が続く。 山仲間と話をしながら、一歩一歩ゆっくりと登って行く。 二股尾からの道を合わせると、登山道の道幅が広くなり九十九道で標高を上げて行く。 

画像
やがて登山道脇に鳥居が現れると、尾根上に建つ琴平神社は近い。 8時46分、標高454mに建つ琴平神社の社殿前に到着し、最初の小休止をとる。 神社前からは関東平野の見晴らしがよい。 特に今回は、前日までの雨で空気中の汚れが洗い流されたのか、スカイツリー、横浜のランドマークタワー、武蔵小杉の高層ビル、房総半島の山々までが見渡せる。 景色を眺めながら行動食を腹へ入れ、10分ほどの休みを終了する。 

画像
琴平神社を出発すると、標高646mの三室山山頂直下の分岐まで距離700m、標高差160mほど登る。 登山道は稜線直下なので、時々気持ち好い風が吹き抜けてくれる。 9時21分、標高629mの三室山分岐を過ぎ、三室山の巻路に入る。 ここから先は、日ノ出山手前の鞍部までほぼ平坦な道が始まる。 三室山の巻路が終わると、登山道の左下に林道が見えるようになり、直ぐに左側の展望が開ける場所を通過する。 9時37分、標高629mの梅ノ木峠手前に到着し、ベンチにザックを降ろし5分ほど休む。 峠はさわやかな風が吹き抜け、気持ちが良い。 梅ノ木峠を出ると、暫く尾根の山腹に付けられた林道を1Kmほど歩くようになる。 直ぐに中継用無線局の横を通り、未舗装の林道を進む。 やがて軍畑への分岐を過ぎると、標高755mのピークの南側をトラバースする様に付けられた林道を進む。 

画像
林道が終わると、標高768mのピークの南斜面を横切り、10時26分に標高742mの日ノ出山手前の鞍部を通過する。 鞍部から日ノ出山までは標高差160mほどの丸太で土留めをした長い上り坂が始まる。 おそらく、このコースで一番辛い登りであろう。 ここまで抜きつ抜かれつしてきた単独の女性は、「この坂が辛いので、巻路を通り日ノ出山へ向かう。」と云って巻路へ消えて行く。 急坂を登りやがて傾斜が緩くなり始めると、正面にお城の城壁のような石積みが現れる。 10時50分、標高902mの日ノ出山山頂に到着する。 日陰のベンチはどこも使われている。 日向であるが景色の良いベンチが空いているので、ザックを置き一息つく。 陽射しは強いが、心地よい風が吹き抜け暑さを然程感じない。 今回はコンロを持って来ていないので、各自行動食を腹へ入れる。 私は無線機を持って来ているので、1.2GHz帯で無線運用を試みる。 暫く無線運用をしていると、山仲間が「下りが遅いので、先に下る。」と云って、11時35分頃につるつる温泉へ向けて下山して行く。  私は13局と交信した後、下山の準備を開始する。 

画像
12時、つるつる温泉を目指して、下山を開始する。 山頂から南へ急な階段を下ると、直ぐに車の通れる林道と交わるようになり、それと平行して付けられた幅の広い丸太の階段を下る様になる。 前を行く登山者を次々に追い越してゆく。 やがて御岳山への道を合わせ、更に林道からつるつる温泉への登山道へ入る。 少し下ると南側の植林が伐採され見晴らしがよくなった所を通過する。 12時17分、標高652mの日本武尊の「顎掛岩」の前を通過する。 いつも思うが、どれがその「顎掛岩」なのであろうか? 更に下ると、九十九道で標高をどんどん下げて行き、12時35分に標高422mの滝本に到着し舗装道路へ出る。 滝本から「つるつる温泉」までは、1.2Kmほどの舗装道路歩きである。 

画像
バス道路までは下り道なので、前を歩く登山者をどんどん抜いて行く。 しかし、バス道路に出ると「つるつる温泉」までは日差しの強い上り坂に変わる。 いつも思うが、距離はたいした事が無いが辛い登りである。 12時49分、標高376mに建つ「つるつる温泉」に到着する。 山仲間は既につるつる温泉に到着していた。 どうやらトイレに急用があった様である。 休日の割には、風呂は空いていて、ゆっくり浸かれる。 風呂から上がった後は、円形食堂へ向かう。 先ずは生ビールを一杯飲む。 そうこうする内に風呂にゆっくり入る山仲間も加わり、地元の地酒である澤乃井を飲みながらつまみを突く。 酒も回った15時過ぎにバス停へ向かい、15時25分の武蔵五日市行きバスで帰途に着く。 20分ほどで武蔵五日市駅に到着し、ここから電車を乗り継ぎ17時に登戸駅で解散する。 


今回歩いたコース

画像
今回のトラックは、日向和田駅から「つるつる温泉」まで確りとトラックが取れている。 今回歩いた距離は10.7km、累積標高差は登り782m、下り603mであった。 


費用
電車代(登戸→日向和田)@¥640
入浴代(つるつる温泉)    @¥820
バス代(つるつる温泉→武蔵五日市)@¥400
電車代(武蔵五日市→登戸)@¥640

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント