2月3日に大山へ行ってみました

2019年2月3日に大山へ行ってみました。
 この時期は丹沢の山蛭の活動が鈍くなっているので、大山三峰の縦走を計画した。 しかし、山仲間が「大山がよい!」と、強く主張するので大山へ変更した。 もっとも、週中に丹沢に雪が降ったようなので、私にとっては雪の上を歩けるならどこでもよい。 久しぶりに雪の上を歩けるのを、楽しみにする。 

画像
思った通り、丹沢に降った雪のためヤビツ峠行バスは途中の蓑毛止まりになっている。 折角蓑毛から大山へ登るなら、ヤビツ峠経由より登山者の少ない大山南山稜に取り付き登ることにした。 久しぶりに歩くコースで、標高が700mを越える辺りから登山道にも雪が残り始める。 ノンビリ3時間ほどかけ大山山頂に到着する。 大山山頂にも雪が残る。 山頂でお決まりのカップ麺を食べ、短時間であるが無線運用を行う。 無線運用を行っている間に山仲間が先に下る。 少し遅れて下山し、見晴台の手前で追いつく。 下山後は、クアハウス山小屋で鹿肉のしゃぶしゃぶを堪能する。 今シーズン最初の雪上歩きができ、満足! 


実施日:2019.02.03(日)

参加者:2名

天候 :晴れ

コース:新百合ヶ丘駅集合→(小田急線)→秦野駅→(バス)→蓑毛→蓑毛越の上部→本坂追分→大山→見晴台→クアハウス山小屋(入浴)→(山小屋の車)→日向薬師バス停→(バス)→伊勢原駅→(小田急線)→登戸駅解散 

画像
週中に山には雪が降ったが、ここ数日は温かい日が続いている。 6時少し過ぎに自宅を出発し、集合場所の新百合ヶ丘駅下りホームへ向かう。 山仲間は6時29分新百合ヶ丘駅発の急行電車で到着し、私は山仲間が乗って来た電車に乗り込む。 電車が海老名駅を過ぎる辺りで車窓より丹沢を眺めると、丹沢の峰峰が朝日で輝いている。 標高800m以上には、まだかなりの雪が残っているようである。 おそらく、秦野駅からヤビツ峠行きのバスは蓑毛止まりであろうと思う。 7時12分、電車は秦野駅に到着する。 駅北側のヤビツ峠行きバス停へ向かうと、「道路凍結の為、ヤビツ峠行バスは蓑毛止まり。」と書かれた表示が付けられている。 バスがヤビツ峠まで行かないのであれば、7時25分発の蓑毛行きバスに乗車する。 ヤビツ峠行きバス停に並んでいた登山客も同じバスに乗車する。 7時40分、バスは終点の蓑毛に到着する。 ここから大山までは、ヤビツ峠経由と大山南山稜経由の二通りのルートがある。 どちらも標高差は同じで、距離は大山南山稜経由の方が短い。 おそらく標高800m以上には登山道にも雪が出てくるであろう。 しかし、山仲間はアイゼンを持参してきていないと云う。 まあ、気温が高いので、雪が凍り付いてはないであろうから、アイゼンは必要ないであろう。 7時48分、標高315mの蓑毛バス停を出発する。 

画像
蓑毛でバスを降りた登山客もバス停を出発してゆく。 暫くは春岳沢に沿った舗装道路を登って行く。 やがてウサギ小屋の前を通過し、江戸時代に建てられた常夜灯のある分岐に至る。 この分岐を左へ行けばヤビツ峠で、右へ行くと大山南山稜へ続く。 バスを降りた登山者の大半は、ヤビツ峠へ向かって行く。 我々は常夜灯の建つ分岐を右折し、大山南山稜へ向かう。 このルートを歩くのは、久しぶりである。 登山道へ入ると、雨水で削れた溝状の登山道を登るようになり、幾度か大山南山稜上の無線中継局に続く舗装された作業道を横切る様になる。 

画像
三本目の林道が終わると、枝尾根を絡むように付けられた九十九折れの道で標高を稼ぐ。 8時37分、標高654mの所に建つ、百回登山記念碑のある分岐に到着する。 この分岐を右へ行くと、大山南山稜上にある蓑毛越しになる。 今回は大山山頂を目指すので、ここを直進するように進み蓑毛越しの上部へ向かう。 意外と辛い登りであるが、距離は短い。 8時51分、標高736mの大山南山稜上へ出る。 

画像
大山南山稜上へ出た所は、急な登り坂なのでそのまま登り続ける。 やがて傾斜が緩くなり始めた標高795mには、首のない石仏が置かれている。 幾度もこの前を通っているが、通る度に憐みを感じる。 ここからは暫く傾斜が緩み歩きやすくなる。 標高が800mを越える辺りから、登山道に雪が残り始める。 今シーズン初めての雪上歩きである。 9時11分、標高837mに建つ「女人禁制」の石柱の前を過ぎる。 この石柱を過ぎると少し下り、9時16分に標高829mの西の峠に到着し、最初の小休止を取る。 この峠は、下社からの道を合わせている。 

画像
西の峠を出ると、暫くは急な上り坂が続く。 西の峠から表参道の十六丁目分岐の本坂追分までは、登山道の崩壊が多く登り辛い。 しかし、最近登山道に丸太の土留めを施し、以前より登り易くなっている。 この辺りまで来ると、何故か足が重い。 前日、風邪気味であったのが今頃影響が出始めたようである。 それでも、一歩一歩あせらず登って行く。 9時50分、標高991mで下社からの表参道を合わせる。 この分岐は、大山表参道の十六丁目にあたる。 表参道の道を合わせると、急に登山者が多くなる。 ここから大山山頂までは残りの標高差が260mほどである。 傾斜も少し緩み登り易くなる。 

画像
十六丁目分岐の本坂追分を出発すると、所々登山道に雪が大量に残り始める。 おそらく吹き溜まりになる所が多いのであろう。 十六丁目から10分ほど登ると、標高1055mの富士見台に到着する。 ここからの富士山の眺めは素晴らしい。 写真を何枚か撮り、先へ進む。 やがて、木で作られた階段を通過すると、ヤビツ峠分岐は近い。 10時24分、標高1162mのヤビツ峠分岐を通過する。 ここからは通りなれた最後の登りである。 最初の鳥居の所を左折し、大山山頂を迂回して東側広場へ向かう。 このコースからの丹沢の景色は素晴らしい。 

画像
10時40分、大山山頂直下の東側広場に到着する。 天気がよく、眼下には関東平野が広がって見える。 何時も使うベンチの所には、無線機材を据え付けて無線運用をしている人がいる。 どうやら10GHz、5.6GHz、1.2GHz帯の周波数を運用しているようである。 私も1.2GHz帯で無線運用をしてみたいので、少し離れた雨夫利神社奥の院の社殿が建つ頂上部へ向かう。 10時45分、標高1252mの大山山頂に到着し、空いているベンチにザックを降ろす。 山頂の広場には雪が一面に残っている。 早速、コンロを出しお湯を沸かしてカップ麺を食べる準備をする。 その間に、持参した無線機を出し、無線運用の準備を行う。 1.2GHz帯を受信してみると、東側広場で無線運用をしているJS1GRO局の交信が聞こえてくる。 暫く、受信のみしながら、カップ麺を食べる。 やがてJS1GRO局が1.2GHz帯での交信を終了すると話をしているので呼んでみる。 この局とは幾度となく移動運用時に交信する局である。 下山時に、お会いしに行く約束をして交信を終わる。 その後、私は大和市のJI1JMQ局、座間市のJA3WNJ/1局、横浜市のJN1CAK局と交信する。 その間に山仲間は、「下るのが遅いので先に下る。」と云って雷ノ峰尾根を下山して行く。 11時40分、私も無線機材を片づけ、東側広場で無線運用をするJS1GRO局の所へ立ち寄る。 会うのは初めてであるが、無線では幾度も交信をしたことのある方である。 19Kgもの無線機材を一人で担いで登って来たようである。 やはり、10GHzと5.6GHzでの交信は、下界の局とスケジュールを組んで交信するようである。 10分ほど立ち話をして、私も11時59分に下山を開始する。 

画像
登山道に多少雪が残るが、気温が高いためか殆ど融けて泥田になっている。 所々、雪が固まって残っているがアイゼンを使うような所はない。 丸太で土留めされた所には、泥の水溜りができハイカーは避けながらゆっくり下っている。 前を下る登山者をどんどん追い抜いて、先に下った山仲間を追いかける。 標高が下がるに従い登山道の雪は無くなる。 見晴台手前の鞍部まで下ると、先に下った山仲間に追い付き追い越す。 12時39分、標高762mの見晴台に到着し、小休止をとる。 ここは吹き溜まりになる為か、広場には雪が残っている。 見晴台のベンチで15分ほど休み、降下を再開する。 

画像
見晴台からは、山仲間と話をしながらのんびり下る。 13時08分、標高678mに建つ大きなお地蔵さんの所から、九十九曲が始まる。 九十九曲は植林の中の長い下り坂であるが、山仲間と話をしながら下れば時間の経過が早く感じる。 13時33分、標高411mの所で舗装された林道に出る。 林道途中の水場で靴とストックを洗うために、林道経由で下る。 13時56分、標高292mに建つクアハウス山小屋に到着する。 早速、風呂へ向かいゆっくりと湯に浸かる。 風呂の後は薪ストーブの燃える食堂で焼酎を飲みながら鹿肉のしゃぶしゃぶをつつく。 二週間後にまた山へ行こうと云う事になり、16時25分に山小屋の車で日向薬師バス停まで送ってもらう。 日向薬師16時35分発のバスで帰途に着き、18時23分に登戸駅で解散する。 私は、そのまま世田谷の実家へ向かう。 


今回歩いたコース 

画像
今回は、おおむね綺麗なトラックが取得出来た。 今回の歩行距離は9kmで、累積標高差は登り993m、下り1003mであった。 


費用
電車代(新百合ヶ丘→秦野) @¥460
バス代(秦野→蓑毛)    @¥270
風呂代(クアハウス)    @¥650
バス代(日向薬師→伊勢原) @¥270
電車代(伊勢原→新百合ヶ丘)@¥370

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント