10月18日に奥多摩の御前山へ行ってきました

2015年10月18日に奥多摩の御前山へ行ってきました。
 今回は久しぶりに、4名で奥多摩の山歩きに行く事になった。 この時期の奥多摩の山は、毎年御前山へ栗拾いに行くのが恒例になっている。 さて、今年はどのくらいの収穫があるのか?楽しみである。 

画像
朝から秋晴れで、奥多摩駅から出発するバスはどれも満員である。 しかし、奥多摩湖バス停から御前山へ登る登山客は意外に少なかった。 肝心な山栗は全く落ちてない。 そして栗の木の枝にも栗の毬が全く着いて無い。 この季節、御前山へは幾度も来ているが、こんなことは初めてである。 山仲間の話によると、伊豆の方の栗も今年は不作の様である。 しかし、帰りに風呂でさっぱりした後、奥多摩駅前の食堂での反省会に満足しました。 


実施日:2015.10.18(日)

参加者:4名

天候 :晴れ

コース:南武線登戸下りホーム集合→(立川経由)→奥多摩駅→(バス)→奥多摩湖バス停→(大ブナ尾根経由)→サス沢山→惣岳山→御前山→御前山避難小屋→トチノキ広場→(林道経由)→境橋→(バス)→南二丁目(三河屋にて入浴)→奥多摩駅(駅前食堂で反省会)→(青梅・立川経由)→登戸解散 


画像
今回は、奥多摩駅発のバスの時間に合わせて、南武線登戸駅の下りホームに6時10分集合としたが、6時07分発の立川行き電車が入線するとともに全員が揃い、予定より一本早い電車で奥多摩へ向かう。 立川、青梅と電車を乗り継ぎ終点の奥多摩駅へ向かう。 8時13分、奥多摩駅に到着し、一番で改札口を通過して駅前の登山計画書入れに計画書を放り込み、奥多摩湖行きバス停に並ぶ。 暫くすると、臨時バスと定期バスが同時にバス停に並び、先ずは臨時バスに乗客を乗車させる。 直ぐにバスは満員になり、8時35分発の定期バス発車前に臨時バスは8時25分に奥多摩駅を後にする。 途中、境橋と水根で数名の登山客が下車し、8時45分に奥多摩湖バス停に到着する。 奥多摩湖バス停では、我々を入れ10名ほどの登山者と、外国の観光客が下車する。 バス停前で出発の準備を行い、トイレに寄って9時に標高530mの奥多摩湖を出発する。 

画像
今年は雨が多かったためか、奥多摩湖の水量が多い。 ダム入口の守衛所の表示を見ると、83%の貯水率を表示している。 以前、守衛所の保安員に聞いた時には、「集中豪雨に対応するため、貯水率は90%を超えないようにしている。」と、云われたことがあった。 水門のあるダム上から長い堰堤上を歩いて対岸のサス沢山への取り付きに向かう。 9時09分、登山口からサス沢山への大ブナ尾根取り付きを通過し、階段を登り始める。 階段の登山道を標高差20mほど登ると、尾根上に取り付き、ここから尾根上を登る。 

画像
尾根上にのると、一気に標高741mの三角点まで標高差170mの急坂を登るようになる。 スピードを落として一歩一歩スタンスを細かく取り高度を稼いでゆく。 最初から一番辛い大ブナ尾根の登りである。 幅狭い尾根上で自分で細かくトレースを選んで、九十九に登って行く。 直ぐに汗が額から流れるようになるが、真夏と違って心地よい。 9時38分、標高741mの三角点を通過すると、一度傾斜が緩み一息つける。 だが、直に再度急な上り坂が始まる。 

画像
標高800mまで登ると、周囲が植林に変わり傾斜も一段落する。 ここからは、植林の中に付けられた登山道を標高差140mほど登る。 薄暗い植林の中の登山道は意外と長く感じる。 10時10分、標高940mのサス沢山に到着し、最初の小休止を10分ほどとる。 サス沢山は西側が開け、眼下に満々と水を湛えた奥多摩湖が眺められ、そして奥多摩湖越しに石尾根が眺められる。 休んでいると、次から次に登山者が登って来る。 おそらく定期バスで来た登山者なのであろう。 

画像
サス沢山を出発すると、暫くは植林と自然林が入り混じった薄暗い緩やかな上り坂を進むようになる。 過って、ここに来た時には、この辺りから既に栗の毬が落ちているのが見られたが、今回は全く見当たらない。 やがて、標高1021mの小さなピークを越えると、さらに傾斜が緩くなり歩き易い。 11時、標高1125mの所を過ぎると、急に登山道の周囲が開け、尾根上の樹木を広く刈り取った防火帯の中を歩くようになる。 防火帯の両脇には栗の木が多いが、ここも全く栗の毬が落ちてない。 そして栗の木にも毬がない。 防火帯の中の登山道は、二ヶ所の急登がある。 最初の標高差100mほどの急登を登り始めると、今回初めて来た二人が遅れ始める。 11時19分、最初の急登を登り切った標高1245mの所で10分ほどの小休止をとる。 一息付いた所で、惣岳山へ向けて最後の標高差130mほどの急登を登り始める。 この坂を登り切ってしまえば、今回のコースの辛い所はなくなる。 

画像
細かく九十九にトレースをとりながら一歩一歩登って行く。 やがて、登山道に丸太の階段が現れるようになると、惣岳山の山頂は近い。 11時43分、標高1348mの見晴のない惣岳山に到着する。 ベンチにザックを置き、山栗を探すが全く落ちていない。 上を見上げ、栗の木を観察するが毬が枝に着いて無い。 今年は一体どうなっているのだろう? 今まで何回もこの季節に来たが、このような事は初めてである。 栗が無ければ、この山頂に長居する事も無いので、11時50分には、栗拾いを諦め御前山へ向けて歩き始める。 

画像
惣岳山から標高差30mほど降り、栃寄への道を左に分けた所から御前山への登りが始まる。 惣岳山から御前山までは、登山道の両脇にロープが張られている。 この辺りは春になると、カタクリの花が群生する所である。 しかし、今年の秋は山栗もなく、食用になる茸もない。 僅かにトリカブトが紫色の花を付けているのみである。 御前山山頂まで標高差80mほどを登り、12時09分に標高1405mの御前山山頂へ到着する。 山頂には大勢の登山者が休んでいる。 この山頂からの景色は、北側に石尾根方向が樹木の上から僅かに眺められるだけである。 行動食を食べ、無線機を出して1.2GHz帯で無線運用してみる。 何とか千葉県移動のJO1YYP/1局と交信ができる。 しかし、電波の信号強度が弱い。 とりあえず、一局交信できたので、無線機を片付け何時でも下山できるようにする。 

画像
12時37分、境橋へ向けて下山を開始する。 山頂から登って来た方向と反対方向へ唐松の中を標高差70m程を下る。 この辺りは、食用にできるハナイグチ茸が群生する所であるが、今年は全く見られない。 丸太で土留めをした段差のある下り坂を降り切ると、御前山避難小屋へ向けて分岐を左折する。 分岐を曲がると直ぐに避難小屋の前を通過する。 ここからは御前山から伸びる尾根を絡むように、自然林の中の登山道を下って行く。 やがて、標高1230m辺りのベンチを通過する。 この辺りは、奥多摩都民の森の一角になっていて、体験の森へ入る登山道が幾つかあるので紛らわしい。 13時18分、標高1031mの所にあるカツラの大木の前を通過する。 カツラの大木を過ぎると、直ぐに未舗装の林道を渡りまた登山道を下る。 

画像
やがて、再度未舗装の林道に出る。 しかし、今度は未舗装の林道を横切った登山道には、ロープで登山道が塞がれ「通行止め」の標識がかけられている。 何年か前の台風で倒木があり、登山道が塞がれたままの様である。 既に通行止めとなった登山道のトレースは、薄くなっている。 ここからは林道を通り、直ぐに標高938mの所で林道を離れ再度登山道へ入る。 13時40分、標高823mの所でトチノキ広場に建つ東屋の所に到着し、ここで最後の小休止を10分ほどとる。 ここから境橋のバスまでは、舗装道路歩きになる。 境橋までは距離4.5km、標高差440mほどで、全て下り坂である。 標高650m辺りの栃寄集落を通過し、さらに標高484mの所にある養魚場横を通過すると境橋は近い。 

画像
やがて、谷を挟んで橋脚が青く塗られた境橋が眺められるようになる。 14時43分、標高393mの境橋上にある境橋バス停に到着する。 バス停には、既に3名の登山者がバス停に並んでいる。 その中の一人は、我々と同じバスで奥多摩湖まで来た登山者である。 バス停に並ぶ列は直ぐに15名ほどになる。 15時07分、定刻にバスは臨時バスを伴ってバス停に到着し乗り込む。 バスは10分ほどで南二丁目バス停へ到着し、下車する。 早速、バス停前の三河屋に向かい、日帰り入浴を申し込む。 風呂は既に、5名ほどの登山者が入っている。 騒がしいので、体だけシャワーで洗ってさっさと風呂から出る。 出ると直ぐに、次の登山者が日帰り入浴に入ってくる。 入浴後奥多摩駅前の食堂へ向かい、反省会を開始する。 地元の日本酒「沢乃井」を味わい、気持ちよくなった17時にお店を出て、17時06発分の電車で帰途に着く。 青梅、立川を経由して、19時に登戸駅で解散する。 


今回歩いたコースです。 

画像
今回のトラックデータは比較的よく取れていた。 奥多摩湖から御前山までは、殆どが空の開けた尾根歩きであったが、下りの舗装道路歩きの所は前回同様多少乱れている。 帰宅して今回のGPSデータを見ると、距離12kmで、標高差は登り1026m、降り1136mであった。 


費用
電車代(登戸→奥多摩)   @¥920
バス代(奥多摩→奥多摩湖)@¥350
バス代(境橋→南二丁目) @¥240
風呂代(三河屋)     @¥750
電車代(奥多摩→登戸)   @¥920

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 2

ナイス ナイス

この記事へのコメント