6月4日に金峰山へ行ってきました

2014年6月4日に金峰山へ行ってきました。
6月に入ると毎日暑い日が続き、関東の梅雨入りへのカウントダウンが始まっている。 前回の箱根は少々ロングランだったので、今回は涼しく短距離で山頂へ行ける金峰山を計画した。 大弛峠へは自家用車で行くため、峠の駐車場と高速道路が空いている平日に行くことにした。 

画像
今回は関東の梅雨入り前日の山行となったが、朝から天気がよく朝日岳から鉄山と金峰山がきれいに眺められた。 今年は雪が多かったためか、大弛峠から金峰山への登山道の大半に雪が残っていた。 北アルプスの春山を歩いているような感じであった。 そして、今回も金峰山と朝日岳から、短時間であったが無線運用もできた。 さて、梅雨入りになり「これからどこの山へ行こうか?」悩む季節である。 


実施日:2014.06.04(水)

参加者:3名

天候 :晴れのち曇り

コース:自宅→横浜の山仲間宅→(中央高速経由)→大弛峠駐車場→朝日峠→朝日岳→金峰山→朝日岳→朝日峠→大弛峠駐車場→宏池荘(入浴)→(中央高速経由)→自宅解散

画像
朝3時30分に起き、朝食を摂っている内に外は明るくなり始める。 この季節は、4時30分頃には日の出となる。 朝食後、自家用車で自宅を4時30分に出発し、横浜市内の山仲間の自宅まで迎えに行く。 朝早いので道路の流れがよく、30分ほどで山仲間宅に到着し、二人をピックアップする。 行き先の大弛峠をナビへ入力すると、何故かルートが長野県側からのコースになる。 これでは時間がかかってしまうし、長野県側の林道は未舗装で、通行止めになっていることが多い。 経由地を何回か設定し直し、5分ほどかかって山梨県側からのコース設定が完了する。 5時50分、国立府中ICより高速へ入り、先ずは勝沼ICを目指す。 平日なので高速道路は空いていて、1時間ほどで勝沼ICをおりる。 一般道路で塩山、窪平を通り、焼山峠を越えて峰越林道川上牧丘線に入り大弛峠へ向かう。 林道に入ると標高をどんどん稼ぐようになり、周囲の樹木の景色が初夏から初春へと後退して行く。 天気は好く、やがて金峰山山頂の五丈岩が眺められるようになる。 大弛峠へ近づくと、道路上に駐車をしてはいけない安全地帯のようなマークが現れるようになる。 7時54分、大弛峠に到着する。 さすがに平日だけあり、駐車場には10台ほどの自家用車しかなく、駐車場はガラガラである。 

画像
車から出ると気温は10℃と涼しい。 私は靴を軽登山靴に履き替え、不要なものを車にデポする。 この峠には公衆トイレがあるのも良い。 8時08分、標高2359mの大弛峠を出発する。 林道から登山道へ入る所で、登山者カードを入れる箱があるので、計画書を入れる。 登山道はシラビソの林の中につけられ、登山道に残雪が現れる。 今回はアイゼンを持ってきていないが、このコースは滑り落ちる所がないので何とかなる。 先ずは崩れかかった丸太の階段を標高差60mほど登る。 やがて登山道の傾斜が緩み始め、8時24分に標高2447mの三角点のある所を通過する。 気温が低いので、汗も殆どかかず快適に歩ける。 やがてシラビソが立ち枯れた明るい所を通過する。 この辺りは日当たりも良いので残雪はほとんどない。 

画像
樹木の濃くなる所に入ると、登山道の残雪が多くなり始める。 雪面を選んで歩かないと、滑りそうになる所もある。 残雪の登山道で、小さなピークを二つばかり越えてゆく。 8時38分、木立に囲まれた標高2424mの朝日峠を通過する。 鞍部になった朝日峠には、石が積み上げられたケルンがある。 最近山を始めた山仲間は、ここまで無事に付いてくる。 ここから朝日岳までは、距離1000m、標高差150mほどの登りである。 この登りは大弛峠から金峰山までで一番きつい登りであるが、新人さんは付いて来れるであろうか? 残雪の登りなので、スタンスが取りやすく登りやすい。 やがて標高2527mの三角点を通過し、少し登ると突然樹林が開け見晴らしの良いガレ場になる。 少し登って後ろを振り向くと、大弛峠越しに国師ヶ岳や北奥千丈岳が見渡せ、実に気持ちの良いところである。 

画像
見晴らしの良いガレ場は直ぐに終わり、シラビソの林の中に入ると登山道の傾斜は緩む。 気持ちの良い灌木帯を通過し、9時13分に標高2579mの朝日岳に到着する。 早速、山頂標識の所で記念写真を撮る。 朝日岳の山頂は、東西に細長く、東側にベンチが一つあるが、西側の方が景色が好い。 写真を撮った後は、金峰山の展望が開けた、西側のガレ場上部で小休止をとる。 今回は天候がよく、これから向かう鉄山と金峰山がよく眺められる。 

画像
9時21分、朝日岳を後に金峰山へ向かう。 先ずは短いがガレ場を降下し、標高差50mほどの急坂を一気に降る。 暫く降ると徐々に傾斜が緩み始め、見晴の利く立ち枯れた所にでると、正面に鉄山と金峰山へ続く稜線が眼前に眺められるようになる。 やがて小さなピークを越え、9時35分に標高2462mの朝日岳と鉄山の鞍部を通過する。 鞍部を通過すると鉄山へ向かって標高差40mほど登り、鉄山山頂の北側を巻くように付けられた傾斜の緩い登山道へ入る。 

画像
巻き道には残雪が残り、少し歩きにくいが5分ほどで終わる。 雪の上の歩行に慣れない最近参加し始めた山仲間は徐々に遅れる。 傾斜の少ない巻道が終わると、金峰山への最後の上り坂が始まる。 標高が上がるに従い、樹木の背が低くなり周囲にはシャクナゲや這い松も現れ始める。 標高が2550mを越えたあたりから斜面は雪原になり、気持ちの良い登りになる。 10時07分、標高2569mの森林限界上へ出る。 森林限界から出た所からは、小川山とそれに続く稜線の奇岩が、そして登って来た鉄山から朝日岳の稜線が眺められる。 しかし、北側は徐々にガスが上がり始め展望は無くなり始めている。 

画像
森林限界を出た所から金峰山山頂までは、距離350mほどの這松の育つ稜線になる。 砂礫と岩の転がる登山道を進むと、金峰山山頂の先に五丈岩も眺められるようになる。 やがて金峰山山頂に近づくと、這い松の間に大きな石が重なる岩場を通過し、最後に岩のトンネルと潜り抜ける。 

画像
10時18分、標高2595mの岩場の金峰山山頂に到着する。 平日のため、山頂標識の所に居る登山者は一人しかいない。 遅れている山仲間を待つ間、一番高い岩の上に登り景色を堪能する。 やがて、遅れていた山仲間が到着し、記念写真を撮った後、広場になっている五丈岩の手前へ向かう。 五丈岩の所で小休止をとり、行動食を腹へ入れる。 その後、私は少し標高が少し高い山頂標識に近い所まで行き、無線運用を開始する。 1.2GHz帯で横浜市のJH1BTS局と、430MHz帯では横浜市のJG1UNF局、相模原市のJE1FOL局、日野市のJA1LWX局と交信する。 やはり平日なので応答してくれる局が少ない。 そうこうしている内に、五丈岩で休んでいた山仲間が戻ってきて、「下山しよう。」と、云う。 

画像
11時、金峰山を後に下山を開始する。 久しぶりの森林限界上の散歩を楽しみながら降る。 11時15分、標高2569mの所で森林限界を終わり樹林帯の中へ入って行く。 降りは早いもので、20分ほどで鉄山と朝日岳の鞍部の所を通過し、朝日岳への登りになる。 ここからは朝日岳山頂まで標高差120mの登りである。 少し登ると山仲間が遅れ始める。 構わず一気に登り、11時59分に朝日岳山頂に到着する。 山仲間の到着を待っている間、また無線機を出して430MHz帯で足立区のJH1DZS局、川崎市のJR1MAU局と交信する。 その間に山仲間が到着し、12時19分に朝日岳から大弛峠へ下山を再開する。 

画像
朝日岳を出発すると、暫く気持ちの良い灌木の登山道を降り、直ぐに開けた岩場の所に出る。 ここからは、正面に標高2528mピークの先に国師岳や北奥千丈岳が眺められる。 12時42分、朝日峠を通過し、小ピークを二つばかり越えながら標高を下げてゆく。 やがて、自動車のエンジン音が聞こえ始めると、終点の大弛峠は直ぐ近くである。 峠手前の残雪でストック先端と登山靴の泥を落とす。 13時12分、大弛峠に到着する。 駐車場には朝より多くの自家用車が駐車してあるが、それでも駐車場はガラガラである。 やはり、この山は平日来るに限る。 車の所に戻り、靴を履き替え登山装備を片付ける。 10分ほど遅れて、遅れていた山仲間が到着する。 

画像
13時30分、峠を後に帰路途中にある窪平温泉「花かげの湯」へ向かう。 琴川ダム、焼山峠、塩平を経由して、窪平温泉「花かげの湯」にには14時19分に到着する。 30分ほど湯に浸かり、14時50分に帰途に着く。 勝沼ICより中央高速へ入り、16時40分に自宅へ到着する。 その後、新百合ヶ丘駅近くの蕎麦屋で反省会を行い、18時過ぎには解散する。 


今回歩いたコース

画像
大弛峠から金峰山間のトラックは何時も綺麗に取れる。 出発地点の標高が高く、衛星がよく捉え易いためであろう。 帰宅して今回のGPSデータを見ると、距離8.7kmで、累積標高差は654mであった。 


費用
高速道路代(国立府中→勝沼)@¥2490
風呂代(花かげの湯)    @¥510
高速道路代(勝沼→国立府中)@¥2490
ガソリン代(21L)@¥3560

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 2

ナイス ナイス

この記事へのコメント