5月19日に奥多摩の日ノ出山へ行ってきました

2013年5月19日に奥多摩の日ノ出山へ行ってきました。
週末の天気は曇りと雨の予報から、曇りになり今一つはっきりしない。 当初、週末は富士山の近くの竜ヶ岳へ行く予定であったが、雨が降りそうなので山仲間は行かないと云う。 しかし、直前の天気予報では晴れに変更された。 しかし、既に山仲間は週末に別件を入れてしまっているので、今回は単独で無線機を持ってちょっと長めに無線運用できる所へ行くことにした。 無線運用に適した所で、帰りに温泉に浸かれる山は幾つかあるが、久しぶりに日ノ出山へ行くことにした。 

画像
天気は回復し、まずまずの天候なった。 少し早目に自宅を出発し、朝の涼しい内に日ノ出山へ登った。 今回のコースは距離は少し長いが、急な所は殆ど無く歩き易い。 もっとも、コースの半分は林道か舗装道路歩きである。 途中、富士山も眺められ満足する。 山頂では、ベンチに腰掛け一時間ほど無線運用を行う。 なかなか良く電波が飛ぶ所である。 帰りはつるつる温泉に浸かり、バスの時間まで美味しいお酒を飲む。 良い一日であった。 


実施日:2013.05.19(日)

参加者:単独

天候 :晴れ

コース:新百合ヶ丘駅→(登戸・立川経由)→日向和田駅→吉野梅郷→琴平神社→三室山→梅野木峠→日ノ出山→滝本→つるつる温泉→(バス)→武蔵五日市→(立川・登戸経由)→新百合ヶ丘駅 

画像
4時30分に起床し、インターネットで天気状況を確認すると、まあまあの天候が期待できそうである。 5時30分に小田急線駅へ向かい、登戸と立川で電車を乗り継ぎ日向和田駅へと向かう。 最近、青梅線の奥多摩行きは8両編成で後ろ4両は青梅で切り離され、前4両のみが奥多摩駅まで向かうようになった。 私は前の奥多摩まで運行される車両へ乗車する。 週末の天気がはっきりしなかったのか、意外に空いている。 しかし、青梅に到着すると、切り離される車両から大勢の登山者が乗り込んでくる。 7時17分、日向和田駅に到着し、電車を降りる。 この駅で下車した人は、私を入れて3名のみ。 登山者は私だけの様である。 

画像
降り立ったホームから無人の改札口を出て、ベンチの所でシャツをザックに入れ、ストックを伸ばす。 7時21分に標高214mの日向和田駅を出発する。 登山口までは暫く車道歩きとなる。 駅前から青梅街道を奥多摩駅方向へ少し歩き、最初の信号を左折する。 直ぐに多摩川に架かる神代橋を渡るようになる。 橋の左側を渡り切ると、石碑に俳句が刻まれている。 作者は康弘となっている。 どうやらこの歌は、過って総理大臣であった中曽根康弘氏の俳句の様である。 橋を渡った所からは、吉野街道との交差点まで直進し、横断歩道を渡り左折する。 直ぐに吉野梅郷への梅の公園通りとの交差点となり右折する。 

画像
ここからはただひたすら道なりに進むと、やがて舗装道路の幅員が狭くなり始める。 7時46分に標高247mの所で、鳥居の前に出る。 この鳥居は、標高464m辺りに建てられた琴平神社への参道入り口なのであろう。 ここからは登山道が始まる。 先ず鳥居を潜ると丸太の階段を暫く登るようになる。 階段を登り切ると、枝尾根上に付けられた傾斜の緩い登山道となる。 

画像
良く整備された植林の中に登山道が続く。 8時12分、標高410mの所で梅郷八幡神社を経由して二俣尾への道を右に分ける。 緩い傾斜に付けられた九十九道は歩き易い。 8時18分には標高416mの所で琴平神社参道である鳥居のある道を左へ見送り、徐々に標高を稼いで行く。 やがて枝尾根から日ノ出山へ続く尾根上にのり、8時20分に登山道から少し離れた標高464mに建つ琴平神社脇を通過する。 

画像
琴平神社からは、自然林と植林に挟まれた登山道を進むようになる。 直ぐに高圧送電線の下を通過し、山腹をトラバースするように付けられた登山道は、やがて尾根上へでる。 8時41分、標高626mの所で三室山山頂へ向かう道と巻き道の分岐に到着する。 前回来た時にはここを巻いて行ったが、今回は天気も良いので三室山へ登る事にする。 植林の中に続く登山道を少し登り、8時44分に標高646mの三室山山頂に到着する。 山頂は木立に囲まれているが、東側だけ展望が開けている。 ザックを降し、丸太に腰掛け汗を拭って10分弱の小休止をとる。 天気は良いが空気中の水蒸気が多いので、遠望は霞んでいる。 

画像
山頂を出発すると、直ぐに二俣尾へ道を右に分け、標高差30mほどを降る。 下り切った鞍部にはベンチがあり、三室山の巻き道とアタゴ尾根の道を合わせる。 鞍部を通過すると、5分ほどでまた尾根道へ戻り、三ノ沢への分岐を通過する。 ここからは傾斜が殆ど無い、歩き易い登山道が続く。 やがて、登山道の左下には未舗装の林道が、植林の木々の間から眺められるようになる。 9時01分、標高620mの尾根上で重爆撃機「飛龍」墜落地と書かれた標識の前を通過する。 

画像
登山道は、尾根上のピークを越えながら進む道と巻き道があるあが、楽な巻き道を進む。 やがて山腹の広い範囲に土留めを行った所を通過する。 ここからは南西方向の見晴らしがよい。 土留め個所を通過すると、送電線の鉄塔基部を通過し、直ぐに梅野木峠が見えるようになる。 9時09分、標高633mの尾根上を林道が跨ぐ梅野木峠を通過する。 この峠を右へ降れば沢井へ、左へ降ればつるつる温泉へ、直進すれば日ノ出山である。 

画像
尾根伝いに舗装された道路を日ノ出山へ進むと、自衛隊の無線中継所の建設工事現場に出る。 確か昨年ここを通過した時に工事が開始されていたが、まだ続いている。 工事現場の前を通る道路は封鎖され、未舗装の林道へ入る。 ここからは暫く植林の中に続く林道を歩くようになる。 9時23分、標高704mの所で築瀬尾根からの道を合わせると、尾根上の標高755mピークの南側を巻くようになる。 ピークを巻き終わった9時34分に林道が終わり、ここから日ノ出山までは登山道を登るようになる。 

画像
登山道は稜線上の標高768mピークの南側を巻き、10分ほどで日ノ出山手前の標高743mの鞍部に出る。 鞍部から日ノ出山までは標高差160m程の、最後の登りとなる。 鞍部から標高差20mほど登ると、日ノ出山山頂の巻き道を分け丸太の階段を登るようになる。 やがて木の根が絡んだ急登へと変わる。 この辺りが今回の登りで一番きつい所であろう。 鞍部から15分ほど登ると、上部に石で造られた石垣と階段が見えるようになる。 ここまで来れば日ノ出山は直ぐ近くである。 

画像
10時03分、標高902mの日ノ出山山頂に到着する。 時間が早いためか、登山者が二人だけしかいない、静かな山頂である。 山頂から関東平野を望むと、平野部は靄ではっきり見渡せない。 しかし、西には大岳山の稜線越しに富士山の頂上部が望める。 日差しは強いが、時々涼しい風が吹き抜け汗ばんだ体を気持ちよく冷やしてくれる。 空いているベンチに腰掛け、行動食を食べ、無線機を出す。 先ずは435MHz帯で横須賀移動のJF1BDR/1局、多摩湖湖畔移動のJH1IHD/1局、前橋市移動のJR1EMG/1局と交信できる。 その後、1200MHz帯へ周波数を切り替え、横浜市移動のJA1CTX/1局、江東区のJG1XUZ局、坂戸市のJM1ASM局、八王子市のJH1LFP局、横浜市緑区のJF1WNT局、足利市のJR1BEI局と交信をする。 一時間弱運用していると、出力電力を絞ってあっても筐体が熱くなってくる。 周りを見渡すと、来た時より随分と人が多くなっている。 11時01分、日ノ出山山頂を後につるつる温泉へ向けて下山を開始する。 

画像
山頂から登って来た方向と逆側の東雲山荘へ向けて距離100mほど降ると、立派な公衆トイレの建つ分岐に出る。 その前には大勢のハイカー達が休んでいる。 おそらく御岳山から来たのであろう。 分岐を、つるつる温泉の方へ曲がる。 道は直ぐに林道のように幅広くなり、急な下り坂が続く。 やがて日ノ出山から直接降る道を、更に進むと日ノ出山の巻き道を合わせる。 11時15分、標高764mの所で養沢鍾乳洞、御岳山、日ノ出山、三つ沢への十字路となった見晴らしの良い分岐を通過する。 分岐からは林道となっていて、三つ沢へ向けて林道を降る。 やがて、標高754mの林道脇に、つるつる温泉の大きな看板が現れ、左折すると再度登山道に戻る。 

画像
11時27分、標高649mの所で「顎掛岩」の前を通過する。 顎掛岩を過ぎると九十九道が暫く続き、植林を伐採した見晴のよい所を通過する。 ここまで降れば、日ノ出山登山口は直ぐ近くである。 11時44分、標高434mの所で日の出町側の日ノ出山登山口である滝本に到着する。 ここからは、舗装道路歩きとなる。 

画像
舗装道路に出ると直ぐに不動沢に架かる橋を渡る。 橋の欄干3か所には、鉄板を溶接して作った蛙、蝦、鯰のオブジェが置かれている。 実によくできている。 ここからつるつる温泉までは距離1300mほどである。 全体的に下り坂なので楽で、歩きながらストックを片付ける。 舗装道路を平井川沿いに降り、そろそろ左折かなと思いGPSを見ると電源が切れている。 どうやら日ノ出山頂で電源が切れたようである。 電池の残量が無くなったわけではない様であるが、原因は不明である。 

画像
やがて道はT字交差点となり、そこを左折して300mほど坂道を登る。 12時01分、標高374mに建つ、つるつる温泉に到着する。 玄関前で装備を片付け、温泉に入る。 駐車場に車がいっぱい止まっていた割には、お客さんが少ない。 おそらく駐車場に車を止めて山を歩き、帰りに温泉へ浸かるのであろう。 時間が早いためか、風呂は空いていて露天風呂、室内風呂とノンビリと堪能する。 温泉に浸かっていると、肌がツルツルになる。 30分ほど湯に浸かり、その後展望レストランへ行き、生ビールと酒を飲む。 実に気持がよい。 13時30分、レストランを出て精算を済まし、玄関前のバス停へ向かう。 14時少し前に、武蔵五日市行きのSLバスが到着し乗り込む。 バスは14時に出発し、20分ほどで終点の武蔵五日市に到着する。 武蔵五日市からは電車に乗り、拝島、立川、登戸を経由して自宅には16時過ぎに到着した。 


今回歩いたコース

画像
今回のトラックは、日向和田駅から日ノ出山までと、最後の所はきっちりとトラックが取れている。 しかし、何で電源が落ちたのであろう? 今後、山中ではGPSを時々チェックすることにしよう。 途中のデータは欠落したが、今回歩いた距離は11.5km、累積標高差は登り779m、降り605mであった。 


費用
電車代(新百合ヶ丘→日向和田)@¥800
入浴代(つるつる温泉)@¥800
バス代(つるつる温泉→武蔵五日市)@¥390
電車代(武蔵五日市→新百合ヶ丘)@¥800

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 4

ナイス ナイス ナイス ナイス

この記事へのコメント