7月15日に金峰山へ行きました

2012年7月15日に金峰山へ行きました。
梅雨真っ最中の7月3連休は、単独で山へ行く事になった。 何処へ行っても混んでいるが、丹沢は山蛭、奥多摩は暑すぎる。 箱根は先週行ったばかりである。 そこで、今回は一人で車を使って涼しい金峰山へ行ってみることにした。 高速道路の渋滞に引っ掛からないよう、早めに自宅を出発し、早めに帰宅する計画とした。 天気は梅雨なので期待できないが、土砂降りの雨ではない予報となっていた。 

画像
久しぶりに一人で運転しての長距離ドライブ。 ナビは信州側から大弛峠へ向かうように指示していたが、勝沼ICで中央高速を離れる。 うっかり道を間違えるが、無事に大弛峠に到着する。 しかし、梅雨でも大弛峠付近は駐車場は満杯。 当然道路へ溢れている。 長野側の林道には「台風のため通行止め」の標識と車止めがある。 運好く、長野側へ入った所へ車を止められる。 大弛峠は思っていたように寒いぐらいで、私にはちょうど良い! 一気に金峰山へ向かう。 山頂はやはりガスガスで風も強く、雨も降りだす。 帰りの渋滞に巻き込まれたくなかったので、下山も一気に降る。 おかげで渋滞に巻き込まれる事もなく、帰宅できる。 天気が悪くても、涼しい森林限界以上の散歩は楽しかった。 今年は、また森林限界以上の所を歩いてみたい。 


実施日:2012.07.15(日)

参加者:単独

天候 :曇り時々雨

コース:自宅→(中央高速経由)→大弛峠駐車場→朝日峠→朝日岳→金峰山→朝日岳→朝日峠→大弛峠駐車場→(中央高速経由)→自宅


画像
朝3時に起き、インタネットで大弛峠付近の天気予報を確認すると、曇りとなっているが山岳部の場合はガスと雨になると考えておいた方がよいであろう。 4時10分に自家用車で私の自宅を出発する。 既に東の空は白み始めている。 国立府中ICより高速に入り、先ずは勝沼ICを目指す。 ナビに大弛峠を入力すると、長野側からの林道コースを示す。 しかし、長野側の林道は確か未舗装部分が多い。 何時も大弛峠へ行く時は塩山辺りから入るので、勝沼ICで高速から一般道へ戻る。 一般道でうっかり焼山峠へ向かう所を長沢峠の方へ行ってしまう。 直ぐに気が付き、ナビに塩平を目的地に設定する。 そのため、15分ほどロスってしまった。 塩平まで行くと、後は道伝いに焼山峠、琴川ダムを経由して大弛峠へ向かう峰越林道川上牧丘線へ入る。 林道に入ると標高をどんどん稼ぐようになるが、標高が上がるに従いガスが濃くなってくる。 大弛峠へ近づくと、道路上に駐車をしてはいけない安全地帯のようなマークが現れるようになるが、その前後には既に自家用車がいっぱい駐車してある。 6時44分、遠回りした割には予定通り大弛峠に到着する。 峠に近い舗装された山梨県側林道は、既に自家用車で埋まっている。 峠を過ぎた長野県側は「台風のため通行止め」と書かれた標識と車止めが置かれているが、未舗装の長野県側へ少し入るとまだ駐車スペースがあり、そこへ停める。 

画像
車の外はちょっと湿っぽいが、ひんやりとしている。 登山靴に履き替え、余計なものを車にデポして6時50分に標高2360mの大弛峠を出発する。 シラビソの中の登山道を進むと、直ぐに古く崩れかかった丸太の階段が始まるが、細かなスタンスをうまく使ってどんどん標高を稼いで行く。 丸太の階段は直ぐに終わり、雨水で削られた登山道に変わる。 

画像
峠から10分ほどで傾斜も緩み、7時05分に標高2447mの三角点のある所を通過する。 周囲はガスっているが、気温も低く私にとっては歩きやすい気温である。 しかし、樹木の葉に付いた水滴が風でゆすられ、まるで雨のように降ってくる。 とりあえず、立ち止まってザックカバーを着ける。 所々で、シラビソが立ち枯れになった明るい所を通過する。 そこは天気が良ければ、展望が開ける所である。 登山道は所々泥の水たまりとなっているが、総じて歩きやすい。 先週の箱根と違って、涼しく殆ど汗もかかないので快適である。 二つばかり小さなピークを越え、7時17分に樹木で囲まれた標高2424mの朝日峠を通過する。 

画像
朝日峠からは、朝日岳まで距離1000m、標高差150mあまりの登りが始まる。 ここまでの緩い傾斜の登山道歩きの勢いで、前を行く登山者をどんどん抜きながら登って行く。 7時33分に朝日岳の途中にある、標高2527mの三角点を通過し、さらに7時38分には突然樹林が開ける標高2528mのガレ場を通過する。 天気が良ければここからの景色も良いのであるが、ちょっと残念である。 

画像
ガレ場が終わるとシラビソの林に変わり、少し登ると標高2579mの朝日岳に到着する。 山頂は大勢の登山者が休んでいるので、7時46分にそのまま通過する。 山頂には朝日岳の山頂標識があるが、それには標高が2581mと記載されている。 この違いは、測量された山頂三角点と山頂標識を置いた山頂の場所との差で生じているのか? 

画像
朝日岳を通過すると、一気に標高差50mほどの急な下り坂になる。 この坂は大弛峠と金峰山の間で一番きつい坂なのかもしれない。 少し降ると、樹木の立ち枯れた所を通過する。 天気が良ければ、正面に鉄山と金峰山へ続く稜線が眺められる所である。 ここから小さなピークを越え、再度標高差50mほど降った8時02分に朝日岳と鉄山の鞍部を通過する。 鞍部からは、金峰山まで標高差130m程の上り坂が始まる。 

画像
鞍部から40mほど標高を稼いだ8時06分に、鉄山と書かれた古い標識の前を通過する。 鉄山山頂へ向かう登山道は倒木で塞がれ、現在の登山道は鉄山の山頂の北側を巻くように付けられている。 5分ほどで巻き道が終わり、さらに傾斜のない登山道を進むと、金峰山への最後の上り坂が始まる。 

画像
坂を登り始めると、直ぐに樹木の背が低くなり始める。 周囲にはシャクナゲや這い松も現れ始め、そろそろ森林限界に近づいたのが判る。 何となく心がウキウキとしてくる。 やがて傾斜も徐々に緩くなり始め、登山道の茶色の土が少なくなり岩と白っぽい砂が多くなり始める。 

画像
8時23分、標高2567mの所で待望の森林限界上部へ出る。 ここから金峰山まで距離350mほど、奥秩父唯一の森林限界上の稜線歩きが始まる。 周囲はガスに囲まれているが、時々北側のガスが晴れ、小川山の稜線が眺められる。 冷たく湿ったガスと風が吹き抜け寒いくらいであるが、ここまで飛ばしてきた私にとっては丁度良い気温である。 やがて、大きな石が重なるような所を通過するようになる。 

画像
8時33分、標高2595mの岩場の金峰山山頂に到着する。 山頂標識の所には、早朝大弛峠を出発した登山者が大勢休んでいる。 南側からの風が強いので、登山者は北側の岩陰に入り込んでいる。 私はここで写真を数枚撮り、更に先の五丈岩前の広場へ向かう。 五丈岩の所に到着する頃には、風に混じって横殴りの雨も降るようになる。 五丈岩近くの岩陰に座り、今回初めての小休止をとる。 行動食を食べ、何時ものように無線機を出すが風が強く身体がどんどん冷え、とても無線どころではない。 受信してみるが休日の早朝のためか、運用している局が少ない。 山頂での無線交信はあきらめ、帰りの高速の渋滞を考え、早めに下山を開始する事にする。 

画像
8時51分、五丈岩の前から往路を引き返し始める。 金峰山山頂標識の有る所は、更に多くの登山者が集まっている。 この頃になると、登りで追い抜いた登山者が続々と山頂に到着し始めている。 私は、久しぶりの這い松帯を楽しみながら歩く。 天気が良ければ、さぞかし景色も良いであろう。 今度は大弛峠の駐車場と高速道路の渋滞の心配が少ない、平日の天気の良い日にでも来てみようと思う。 その時は、金峰山だけではもったいないので、大弛峠の反対側にある国師岳へも行ってみたい。 

画像
9時に森林限界の所から樹林帯へと入る。 樹林の中へ入ると金峰山へ向かう、さらに大勢の登山者と擦れ違うようになる。 20分ほどで鉄山と朝日岳の鞍部の所まで降り、一気に朝日岳までの標高差120mを登り切る。 09時37分、朝日岳を通過する。 ここからは、大弛峠まで殆ど下り一辺倒である。 9時59分に朝日峠を通過し、小ピークを越えると、ダラダラと最後の下り坂が続く。 10時21分、大弛峠に到着し金峰山往復3時間30分の山行が終了する。 峠に着いてみると、駐車してある車の数が更に増えている。 靴だけ履き替え、無線機を車のダッシュボードにセットし、10時30分に峠を後にする。 しかし、車はすぐに渋滞で止まってしまう。 原因は、道路に駐車した車で車道が一車線しか確保できず、更にすれ違いのために駐車禁止となっているスペースにまで駐車している車があるため、なかなか車が前に進まない。 待っている間に無線を聞いていると、甲斐駒ケ岳山頂へ移動しているJJ0OPV/0局が聞こえたので交信する。 10分ほど待つと車が動き出し、一気に山を降る。 帰りは道が判っているので、真っ直ぐ中央高速の勝沼ICへ向かう。 計画では、勝沼ICまでの途中の窪平にある「花かげの湯」へ浸かるつもりであったが、真っ直ぐ帰る事にする。 おかげで中央高速での渋滞にも巻き込まれず、13時10分には往復270Kmを走り自宅に帰り着く。 車を降りると、ものすごい暑さであった。 


今回歩いたコース

画像
今回は出発地点の標高が高く、衛星がよく捉え易い所からの出発だったのでトラックが往復とも確り同じになっている。 帰宅して今回のGPSデータを見ると、距離8.7kmで、累積標高差は487mであった。 


費用
高速道路代(国立府中→勝沼)@¥1200
高速道路代(勝沼→国立府中)@¥1300
ガソリン代(27L)@¥3510

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 3

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
面白い
ナイス

この記事へのコメント

7月15日 金峰山
2012年07月17日 00:25
はじめまして
わたくし、2012年同じ日に登った者です。

二度とない同じ日に登った者同士、共感でき
楽しく読ませていただきました

私は、同行者女性1名と二人で、AM8時半出発
11時登頂、15時下山でした

おそらく、午前中に 当方とすれ違ってると思われますね。

これからもお互い楽しく安全な登山を楽しみましょう~
では。

この記事へのトラックバック