4月21日に陣馬山から景信山まで歩いてきました

2012年4月21日に陣馬山から景信山まで歩いてきました。
4月下旬に入ると何故か週末の天気が悪い。 山仲間から「日曜は雨になる確率が高そうなので、土曜日に陣馬辺りの山を歩こう。」と連絡が来る。 陣馬、高尾辺りの山を歩くのは二年ぶりくらいである。 久しぶりに丹沢を離れ、低山を歩くのも楽しい。 ただ、前日まで連荘で飲み会があるので、集合時間を何時もより遅くすることにした。 

画像
終日、天気ははっきりしないままで、陣馬山の稜線はガスに包まれ展望は無かった。 前日辺りに雨が降ったのか、登山道は泥道に変わり、登山靴が泥まみれになる。 それでも、陣馬山、影信山の山頂は大勢のハイカーで賑わっていた。 影信山から高尾山へ向かう所で、うっかり小仏バス停へのルートに入る。 途中、小下沢へのコースへ入り、やっと気が付く。 今更戻るのは面白くないと思い、小仏バス停へのコースへ強引に薮の中をコース修正し、小仏バス停へ降った。 後で考えたら、東尾根をそのまま日影バス停へ降る手もあったなと後悔! そんなこともあって、今回は途中からハイカーが少ない静かな山歩きとなった。 


実施日:2012.04.21(土)

参加者:2名

天候 :曇り

コース:横浜線町田駅下りホーム集合→(八王子経由)→高尾駅北口→(バス)→陣馬山高原下バス停→陣馬山→奈良子峠→明王峠→底沢峠→景信山→小仏バス停分岐→影信山登山口→小仏バス停→(バス)→高尾駅北口→(八王子経由)→町田解散 


画像
何時もより遅い7時30分に集合場所の横浜線町田駅下りホームへゆくと、山仲間が丁度下り電車で到着した所であった。 直ぐに下り電車へ乗り、八王子へ向かう。 朝から中央線が人身事故で運行が乱れているとの事なので、速め早めに行動する。 八王子で下り甲府行き電車へ乗換え、更に高尾へ向かう。 8時11分、高尾駅の到着しバス停へ向かうと、小仏行きと陣馬山高原下行きのバス停には、既に長蛇の列ができている。 やはりこの時間はハイカーの出発時間のようである。 列の後に並んでいると、臨時バスが8時40分に出るとのことである。 このバスは臨時の急行となり、陣馬山高原下には9時03分に到着する。 

画像
我々はバスを一番で降り、バス停前のベンチで出発の準備をする。 上着をザックに押し込み、9時07分に標高328mの陣馬高原下を出発し、舗装道路を和田峠の方へ歩き出す。 少し前まで雨が降っていたのか、路面は濡れている。 「おそらくこの分だと、登山道も泥だらけであろう。」と、思いながら先へ進む。 9時27分、標高440mの舗装道路から陣馬山へ直接登る登山道分岐に到着し、ここから登山道へ入る。 

画像
登山道に入ると沢へ少し降り、南郷沢を渡ると陣馬山山頂まで標高差400mほどの登りが始まる。 暫くは植林の中に続く登山道を登る。 意外に急登である。 登山道に入り標高差100mほどを稼いだ9時50分に陣馬山から北東へ伸びる尾根上にでて、少し傾斜が緩む。 周囲は完全にガスに包まれ、視界は30mほどしかない。 ヒンヤリしているが、湿度が高く汗が出始める。 やがて標高775mの所で和田峠からの道を合わせる。 

画像
和田峠からの道を合わせると、林道のような広い道となり泥が一層酷くなる。 10時19分、標高854mの陣馬山山頂に到着する。 生憎の天気で、全く視界がない。 それでも山頂のベンチにはハイカー達が座り、楽しそうにお弁当を広げている。 我々も空いているベンチに腰掛、行動食を食べる。 二年前に来た時は春霞の中に景色が眺められたが、今回はずっとこんな調子のようだ。 

画像
10時33分、陣馬山を後に景信山を目指して歩き始める。 登山道脇の木々にはガスが纏わりつき、ぼんやりとしている。 毎度のことであるが、この稜線は山岳ランナーが飛脚のように大勢駆け抜けてゆく。 彼らもハイカーに気を使っているのか、無理に追い越したり登山道を外れたりしない。 それなりのマナーができているようである。 10時57分に標高724mの奈良子峠を通過し、11時04分には明王峠を通過する。 

画像
11時12分、標高712mの底沢峠を通過する。 陣馬山から高尾山へかけて明王峠、底沢峠、小仏峠、大垂水峠と峠が連続しているが、この峠は北へ降ると陣馬山高原下へ、南へ降ると底沢へ繋がっていて、この辺りで険しい峠であろう。 私も過って陣馬山高原下からここを登り北高尾山稜を歩いたことがあるが、週末でも歩く人が少なく静かな所である。 底沢峠を過ぎると、10分ほどで堂所山から八王子城跡へ続く北高尾山稜との分岐を通過する。 

画像
北高尾山稜の分岐を過ぎると、堂所山の南側をトラバースするように山頂を巻く。 そして、直ぐに堂所山からの道を合わせる。 ここから景信山までは距離2Kmほどであるが、小さなアップダウンが幾つか続いている。 しかし、殆どピークを通らない巻き道が付けられている。 景信山手前で標高差60mほどを登り、12時丁度に標高727mの景信山山頂に到着する。 丁度昼時と重なり、山頂はハイカーで満員状態である。 当然、殆どのベンチは人で埋まり、あちらこちらで宴会が始まっている。 我々は山頂から少し降った所で小休止をとる。 

画像
山頂で休んでいると、山仲間がトイレへ行くといって山頂から少し降ったトイレへ行く。 12時16分、私も山頂を後に下で呼んでいる山仲間の所へ向かい、高尾山を目指す。 少し降ると、何と無く様子がおかしい? 高尾山へ続く道であるのに、ハイカーが少ない。 12時25分、標高604mの所で小仏バス停、小下沢と書かれた分岐に出る。 既に景信山から標高差100mほど降っている。 何と無く小下沢と書かれた方向へ向かってみると、尾根道から離れるようにコースが付けられている。 

画像
ここで地図を出してみてみると、景信山から全く違うコースへ入っているのに気が付く。 全くどじな話である。 登り直して高尾へ向かうか、一度小仏まで降り、小仏峠へ登り直すか、そのまま小仏バス停から帰るかの決断となる。 12時30分、小仏バス停へのルートで降ることにする。 既に小仏バス停へのルートの分岐からも、標高差50mほど降っているので植林の山腹をトラバースする。 薮の中を歩いていると、タラの木がいたる所にあり、足や腕に針がちくちく刺さる。 さすがに登山道から奥に入った所だけあり、殆どタラの芽は採られていない。 

画像
15分ほどで小仏バス停への登山道に辿り着き、ここからは静かな登山道歩きとなる。 標高が下がるに従い、中央自動車道を走る車の音が徐々に大きくなってくる。 標高390mの所まで降ると、中央自動車道の小仏トンネル東京側の出入り口の上を通過する。 小仏トンネルは車でよく通過するが、歩いてトンネルの出入り口の直ぐ上を通過するのは始めてである。 

画像
12時59分、舗装された車道へ出る。 そこには景信山、小仏峠、小仏バス停の道標が建てられている。 車道を小仏バス停へ歩いていると、何処からとも無くハイカーが現れ、同じ小仏バス停へと向かって歩いてゆく。 小仏川と中央自動車道に挟まれた車道を東へ歩くと、やがて道路の左側に広場が見えてくる。 

画像
13時13分、標高295mの小仏バス停に到着する。 バス停には臨時の表示を付けているバスが三台止まっている。 時刻表を見ると、定期バスは13時40分となっている。 バス停に並ぶ列は、直ぐに長くなる。 13時30分に臨時のバスが小仏バス停を出発し、高尾駅へ向かう。 バスは20分ほどで高尾駅に到着する。 駅前の蕎麦屋で反省会でもしようと覗いて見るが、いっぱいである。 仕方なく八王子へ向かい、久しぶりに会う山仲間と2時間弱の反省会を行う。 気持ち好く酔い、横浜線で帰途に着き、17時過ぎに町田駅で解散する。 


今回歩いたコース

画像
自宅に帰って薮の中をトラバースした尾根が東尾根で、この尾根は降れるよである。 今度チャンスがあったらここを降ってみたいと思う。 今回のデータは、距離12Km、累積標高差は登り743mで降り-806mであった。 


費用
電車代(町田→高尾)    @¥450
バス代(高尾→陣馬山高原下)@¥540
バス代(小仏→高尾)    @¥220
電車代(高尾→町田)    @¥450

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 1

ガッツ(がんばれ!)

この記事へのコメント

2012年04月27日 09:38
こちらにもコメントさせていただきます
景信山山頂の青木茶屋の息子は、小生の高校柔道部の後輩です。先日NHK 小さな旅 で取材されていましたね
天ぷらが美味しい茶屋で、週末しか開けていないそうですがおにぎりだけ持参すれば、茶屋でなんでも揃うといった具合でしょうか。気持ちの良い山登りで羨ましい限りです