6月19日に山梨県の太刀岡山へ行ってきました

2011年6月19日に山梨県の太刀岡山へ行ってきました。
今回は鉄道駅からアクセスの悪い甲府市、北杜市、甲斐市の市境にある山梨百名山の曲岳と黒富士へ山仲間の自家用車で行くことにした。 しかし、梅雨の真最中で、午後から雨になりそうだし、高速通行料一律千円の最終日で帰りの渋滞が早めに始まりそうである。 また、久しぶりに参加する山仲間の腰痛も心配である。 そこで、急遽行き先を短時間で往復できる太刀岡山へ変更する。 太刀岡山の登山口は、曲岳登山口である観音峠手前である。 

画像
朝も早かった為か、登山口の駐車場は空いている。 登山口を入ると、いきなり長い急登が始まる。 殆ど風も吹かず、湿度90%以上の中を額から汗を流しながら自然林の中を登る。 登山道の途中には、大きな岩のある所を二度通過する。 両方ともロッククライミングのゲレンデのようで、ボルトが打ち込まれている。 山頂は木々に囲まれ殆ど展望が無い。 最も、今回はガスが多いので例え開けた場所があっても遠望は望めない。 


実施日:2011.06.19(日)

参加者:3名

天候 :曇り

コース:自宅集合→(自家用車・中央高速、国道20号線、県道101号線経由)→太刀岡山駐車場→太刀岡山登山口→鋏岩→太刀岡山→鋏岩→太刀岡山駐車場→(自家用車:県道101号線経由)→明神温泉「志摩の湯」(入浴)→(自家用車・国道20号線、中央高速経由)→自宅解散 

画像
朝5時20分に山仲間が、自家用車で私の自宅まで迎えに来る。 5時50分に国立府中ICより高速道路に入り、途中で釈迦堂PAにて休息を取り甲府昭和ICまで走る。 6時56分に甲府昭和ICから国道20号線へ入り、更に竜王駅近くを通過して県道101号線を北上する。 7時20分に太刀岡山登山口を通過し、県道脇にある太刀岡山駐車場に到着する。 10台程度が駐車可能な駐車場には、既に一台の自家用車が停められている。 

画像
駐車場でスニカーを軽登山靴へ履き替え、不要な物を車にデポし、ロングスパッツを着けて7時33分に標高866mの駐車場を出発する。 県道を100mほど降った所に、太刀岡山登山道入口と書かれた大きな立て札がある。 亀沢川に架かる橋を渡り左岸へ出ると、太刀岡山への標識がありそれに従って人家の中の坂を登ってゆく。 

画像
石積みの擁壁で作られた台地には、大きな水車のある民家が建っている。 かなり古そうな民家であるが、屋根はトタン葺となっている。 おそらく過っては、茅葺であったのであろう。 7時37分、標高856mの所に建つ民家の横に太刀岡山登山口の標識が現れ、民家の脇を通って登山道へと入る。 

画像
民家脇を進むと獣避けのフェンスが建てられ、登山道への入口には扉がつけられている。 扉を過ぎると、丸太の階段を少し登り、自然林の中の登山道へと導かれてゆく。 登山道は、九十九折れの長い急登が続く。 急ではあるが丸太の階段などが無く、意外と登り易い。 

画像
7時56分、標高1029mの所で大岩が現れ、その下部には石の祠が置かれている。 オーバーハングとなった岩を眺めてみると、何箇所もクライミング用のボルトが打ちこまれている。 そして大岩の中程には、祠が掘られている。 何と無く、神様の宿る岩にボルトを打ち込みクライミングをするのは如何なものかと思ってしまう。 

画像
大岩を過ぎると傾斜は少し緩み、8時02分に標高1048mの所にある鋏岩に到着する。 この岩も大きく、クライミング用のボルトがいっぱい打ち込まれている。 この岩の所まで登ると、尾根の上に出たようになる。 しかし、風も吹かず額から汗がドンドン流れ落ちる。 

画像
鋏岩を過ぎると、狭い尾根上を登るようになる。 登山道には木の根が張り出し、木の根の乗ると滑りそうである。 ほぼ直線的に付けられた登山道は、なかなかしんどい登りである。 標高が上がるに従い、ガスが山腹に纏わり着いている。 この辺りは、木の葉が落ちた晩秋の頃に来ると梢から眺められる景色がよいのであろう。 

画像
8時35分、標高1295mの太刀岡山山頂に到着する。 山頂には二基の石造りの祠が置かれ、その前には新しい水が置かれている。 山頂標識には山梨百名山である旨が書かれ、その前で記念写真を撮る。 さほど広くない山頂は殆どが自然林で囲まれているが、一部は伐採され遠望が望めるようにしてある。 おそらく富士山の方であろうが、ガスで遠望が利かないのが残念である。 

画像
登山口には山頂まで1時間30分と書かれていたが、ゆっくり登って来たが一時間ほどで到着したことになる。 直ぐ下山しても、帰りの温泉に早く着き過ぎてしまうので、暫く山頂でのんびりする。 8時56分、山頂を後に往路を下山する。 ストックを伸ばし、木の根に乗らないように慎重に降る。 暫くするとガスが少し上がってきたのか、下界が見えるようになる。 そして、この時間になると、太刀岡山へ向かう登山者と擦れ違うようになる。 

画像
9時19分に鋏岩に到着し、5分ほどの小休止をとる。 さらに降ると、祠のある大岩の所で岩屋さんがロッククライミングの練習をしている。 9時43分、獣避けの柵を通過し、9時49分に駐車場へ到着する。 駐車場の車も随分と増えている。 駐車場で装備を片付け、出発する頃になると太刀岡山の山腹に纏わり付いていたガスが晴れ、山腹に岩場が望めるようになる。 10時05分、駐車場を後に明神温泉へ向かう。 

画像
明神温泉「志摩の湯」には、20分ほどで到着する。 父の日サービスなのか、地元住民はこの日は無料で温泉を楽しめる。 そのためか一寸人が多い。 弱アルカリ性の泉質でなかなか好い温泉である。 我々ものんびりと朝湯を楽しむ。 11時33分、充分温泉を堪能し、私の運転で帰途に着く。 高速通行料一律千円の最終日の為か、既に高速道路は混み始めている。 何とか小仏トンネルが渋滞になる前に通過でき、13時20分に私に自宅に到着し解散する。 


今回歩いたコースです。 

画像
今回の山は、国土地理院の二万五千分の一地形図には登山道が記されていない。 しかし、駐車場から登山口から山頂まで標識が確りと付けられている。 そして、国土地理院の太刀岡山は、今回登った山頂標識のあるピークの北側の標高1322mピークを太刀岡山としている。 どちらが正しいのであろうか? 今回のGPSデータを見ると、往復2.6km、標高差は400m程の登り降りであった。 登山口に山頂まで1時間30分と書かれているが、ゆっくり歩いても1時間ほどで登り切れる。 


費用
高速代(国立府中→甲府昭和)@¥1300
風呂代(明神温泉)@¥600
高速代(甲府昭和→国立府中)@¥1400
ガソリン代(15L)@¥2170

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 2

面白い 面白い

この記事へのコメント

中年クライマー
2011年11月15日 16:07
「神様の宿る岩にボルトを打ち込みクライミングをするのは如何なものかと思ってしまう」

とのことですが、

「正面に据えられた祠に象徴されるように岩全体が奉られていたからだ。地元住民に聞いたところ、既に仏様は存在せず、抜け殻であり、知らない一部の登山者などが、供え物をしているそうである。地主小泉商店の小泉氏も開拓を快く承知してくれた」(山梨県フリークライミング情報)

なので、問題はありません。ご心配なく。