3月5日に一泊二泊で雲取山へ行ってきました

2011年3月5日に一泊二泊で雲取山へ行ってきました。 
今年も恒例の雲取山一泊二日山行を計画した。 インターネットで雲取山頂付近の積雪状況を調べると、例年並みのようだ。 今回も雲取山荘でのんびり酒でも飲みながら、景色を眺めようと思っている。 しかし、一寸気になるのが、花粉と降りに使用するアイゼンの衝撃が膝にどう影響するかである。 

画像
二日間とも天気天気がよく、雪は七ツ石山のまき道途中から現れる。 雲取山頂から雲取山荘までの降りは、アイゼンを使った。 帰りは、雲取山のまき道を使って下山した。 このまき道は通る人も少なく、吹き溜まりになりやすい所なので雪が多く、歩いていて楽しい。 しかし、雲取山荘は、何と無く以前と比較し違和感がある。 最近オーナーの新井新太郎さんが山荘に来られなくなり、息子さんは山荘に居られるがめったにお客さんを相手にしないようだ。 今までの雲取山荘とは違い、なにか面白さが欠けてしまった。 雲取山だけを登るのであれば、充分日帰りできるので、これからは小屋へ泊まる事もなくなるであろう。 


実施日:2011.03.05(土)~06(日)

参加者:2名

天候 :3/05 晴れ 
    3/06 晴れ後曇り

コース:
3/05 登戸駅集合→(南武線)→立川駅→(青梅線)→奥多摩駅→(タクシー)→小袖乗越→堂所→ブナ坂→小雲取山→雲取山→雲取山荘

3/06 雲取山荘→(雲取山まき道)→小雲取山→ブナ坂→堂所→小袖乗越→鴨沢→(バス)→南二丁目→三河屋(入浴)→奥多摩駅→(青梅線)→立川駅→(南武線)→登戸駅解散


3/05 雲取山へ

画像
南武線登戸駅6時09分発立川行き電車内で山仲間と合流し、立川へ向かう。 立川で6時39分発の青梅線奥多摩行きの電車に乗り継ぎ、奥多摩駅へ向かう。 天気が良いためか、奥多摩へ向かう登山者が多い。 7時46分、電車は奥多摩駅に到着し、駅に一台しか常駐していないタクシーの確保に走る。 何とかタクシーを確保し、7時50分に奥多摩駅を出発し、小袖乗越の雲取山登山口へ向かう。 ワンボックスのタクシーは奥多摩湖の横を通過する。 昨年より今年は奥多摩湖の水位が異常に低い。 鴨沢から北斜面の九十九折れの林道に入り、8時15分に小袖乗越の雲取山登山口へ到着する。 登山口には何台かの自家用車が駐車してあり、その手前の駐車スペースにも何時もより多い自家用車が駐車してある。 8時22分、標高757mの登山口から雲取山へ向けて歩き始める。 

画像
小袖の登山口から植林と自然林の中に続く緩い坂道を進むと、8時37分に標高855mに建つ最初の民家の横を通過する。 この民家も既に廃屋となり、建物の一部が崩れ始めている。 廃屋を通過すると直ぐに急な斜面にフェンスで囲った畑が現れ、中にはフキノトウが顔を出している。 登山道の日陰になった所は、地面が凍りついている。 8時55分に標高1000mほどの小袖部落最上部に位置する民家の廃墟跡を、9時11分に標高1140mにある水場を通過する。 

画像
山腹に付けられた登山道で標高を稼ぎ、9時28分に標高1242mの堂所の標識前を通過する。 ここを通過すれば、初日の距離の三分の一を消化し一段落する。 9時29分に堂所を少し過ぎた登山道が広くなっている所で、10分ほどの小休止をとる。 この辺りから登山道にもちらほらと雪が付くようになる。 堂所までは緩やかな登山道であったが、ここから先の登山道は徐々に傾斜が付き始める。 小休止後10分ほどで、大きくV字に右へ曲がり鬱蒼とした植林の中の登山道を登る。 この植林内の登山道は、地面が凍り付き滑りそうな所である。 やがて尾根を跨ぐと、七つ石の巻道が始まる。 10時09分に標高1515mの七つ石小屋への分岐を右に分けると、大きく山襞をトラバースするようになり桟道がつけられている。 

画像
 毎年、桟道を渡った辺りから必ず雪が付いている。 アイゼンを付けるほどではないが、迂闊に乗れば滑る。 山腹の山襞を巻くように同じ様な急坂を二回ほど登り、標高差100mほどを稼ぐ。 やがて登山道が七ツ石山の西側山腹をトラバースするようになると、雪が延々と付き始める。 トレースを外れると膝下くらいまで雪に潜ってしまうが、トレースを外さなければ歩きやすい。 梢の間からは、時々南アルプスが眺められる。 

画像
10時42分、標高1655mのブナ坂十字路を通過し、5分ほど歩いた日当たりのよい尾根上で小休止を取る。 気温は1℃程度であるが、天気がよく日当たりが好いので体が温まる。 ここからは、富士山から南アルプスの山並みが眺められる。 休んでいると単独の若い登山者が我々を抜いて行き、そして雲取山日帰りの登山者が足早に降って行く。 

画像
ブナ坂から暫くは、防火帯の展望が利く稜線を南アルプスや飛龍の稜線を眺めながら歩ける所である。 11時17分、標高1745mに建つ奥多摩小屋の前を通過する。 小屋の前には、日帰りの登山者が数名休んでいる。 奥多摩小屋から少し登ると、直ぐに右へ曲がり樹林の中を通るまき道へ入る。 ここにも雪が付いていて、歩きやすい。 

画像
やがてまき道が終わり稜線上に戻ると、小雲取山まで標高差140mほどの二段になった急登が待ち構えている。 この坂は、鴨沢から雲取山へのルートで最大の急登である。 11時30分に富田新道からの道を右から合わせると、傾斜がきつくなりだす。 距離が短いので、焦らずじっくり登れば直ぐに終わる坂である。 11時42分、急登を登り切り標高1937mの小雲取山に到着する。 後ろを振り向くと、歩いてきた七つ石からのルートが眺められる。 ザックを背負ったまま、写真を何枚か撮り雲取山頂へ向かう。 

画像
小雲取からは、稜線をトラバースするように一度樹林の中には入る。 そこを抜けると広い防火帯の登山道になり、直ぐに雲取山の頂上部をまいて雲取山荘へ向かう道を右に見送る。 まき道にはトレースが付いていて、何名かの登山者が既に通っているようである。 昨年6月に雲取山へ来た時に使ったことがあるが、積雪期に通ったことは無いので一度通ってみたいと思っている。 雲取山荘まき道分岐を過ぎると雲取山頂までの登山道は、最高のプロムナードである。 

画像
12時05分、雲取山避難小屋へ到着する。 避難小屋には日帰りの登山者が大勢休んでいる。 座る所もないので、そのまま少し離れた山頂へ向かう。 12時09分、標高2017mの雲取山頂へ到着する。 時間もあるので、ザックを降ろし記念写真を撮る。 山頂にも日帰りの登山者が6名ほど雪の上に腰を降ろして休んでいる。 この時間に雲取山頂へ到着する登山者は、殆ど日帰りの登山者のようである。 

画像
山頂で20分ほど休み、アイゼンを着けて雲取山荘へ降る。 今回は、過って重登山靴に使用していた10本歯のアイゼンを調整して、軽登山靴に装着する。 雲取山荘への道は北側向きで、登山道が凍り付いているが、アイゼンが小気味よく効いてくれる。 降るに従い残雪が多くなり、やっと3月初旬の雲取山らしくなってきた。 

画像
12時47分、標高1830mに建つ雲取山荘に到着する。 山荘の前でアイゼンを外していると、小屋の従業員が出てきて「昼食を終わって、休息中なのでまだ山荘へは入れない。」と云う。 今までに、このようなことを言われて事が無い。 そして、「今日は団体が入っているので、70名が泊まる。」と云う。 3月初旬の土日に連続して過去8年来ているが、こんなに混むのは始めてである。 日帰りも含め、この季節の雲取山登山が急に盛んになったようだ。 一時間ほど外で待たされ、13時50分に小屋へ入れる。 ザックを部屋へ置き、再度外へ出て、ベンチに座って焼酎を飲む。 日が傾き始め寒くなり始めたので室内へ戻るが、ホールのストーブに火が入っていない。 部屋へ戻ると、柏市から来た親子の登山者と相部屋になっている。 暫く、部屋のコタツで転寝をする。 18時に夕食が始まり、定番のハンバーグ定食を平らげ、18時30分には部屋へ戻り床に着く。 


3/06 雲取山のまき道を通って下山する

画像
昨年までは6時からの朝食が、今年は5時から始まる。 そのため4時に山荘の発電機が動きだし、部屋の電灯が灯り、それと同時に布団から出る。 トイレに行ったついでに外へ出てみると、東京の光が眺められ、空は満点の星が輝いていた。 5時に朝食が始まったので、とりあえず朝食を摂る。 朝食も毎度おなじみの飯、味噌汁、鮭、生卵、海苔、ふりかけである。 同室の親子は、朝食後5時30分に山荘を出発し、雲取山山頂へご来光を拝みに出発する。 我々は朝食後、用足しを済まし、部屋からご来光を眺める。 

画像
少し早いが6時過ぎに部屋を出て、6時13分にアイゼンを着け山荘を出発する。 予定では雲取山山頂を経由して鴨沢へ降ることにしていたが、この季節の雲取山まき道を使ったことが無かったので、まき道へ入る。 既にまき道ははっきりしたトレースが付いている。 しかし、トレースを僅かでも外れると、膝から腰辺りまで潜り込む吹き溜まりもある。 このコースを使う登山者は少なく、静かである。 

画像
殆どアップダウンの無いまき道歩きを楽しみ、6時54分に小雲取近くの尾根へ出る。 分岐で、暫く山を眺め、6時58分に小雲取を通過し、アイゼンを着けたまま急坂を一気に降る。 この坂は、登りはアイゼン無しでも楽に登れるが、降りはアイゼンを使った方が早く降れる。 急坂が終わり、奥多摩小屋上部の1813m三角点のピークのまき道を降る。 

画像
7時18分に奥多摩小屋を通過し、広い防火帯に付けられた登山道をアイゼンを着けたまま快調に降る。 しかし、アイゼンのグリップのよさが、私の左膝に衝撃を与え徐々に痛みが強くなってくる。 アイゼンを外せば多少は楽になるのであろうが、七ツ石山を巻き終わるまで何箇所か凍りついた所を通過しなければならず、それまで我慢する。 7時41分にブナ坂分岐を通過し、七つ石のまき道へ入る。 

画像
8時33分に昨日最初に小休止をとった堂所近くに到着し、10分ほどの休憩をとるついでにアイゼンを外す。 この辺りまで降ると、雲取山日帰りの大勢の登山者と擦れ違うようになる。 小休止を終わり歩き始めると、アイゼンを外した足が軽い。 9時13分に小袖集落の一番奥にある民家跡を通過すると、登山道の左下には小袖集落の中を走る舗装道路が眺められるようになる。 

画像
9時42分、小袖乗越の雲取山登山口を通過する。 ここから少し舗装道路を歩き、舗装道路がヘアピンカーブになった所から鴨沢バス停への近道である登山道へ入る。 やがて、登山道から舗装された急傾斜の車道へ変わり、痛い膝を庇いながら標高を下げてゆく。 

画像
10時06分、鴨沢バス停に到着する。 バスの時刻表を見ると、10時台のバスは無く、次のバスは11時01分まで一時間ほどの待ち時間になる。 ザックをバス停標識の前に置き、乗車順番を確保してから装備の片付けを行う。 今回は、降りの時間帯に登山道がぬかるんでいなかったため、汚れは殆ど無い。 暫くしてから近くの居酒屋で缶ビールを買い、咽を潤す。 そうこうする内に、バス停に並ぶ列がドンドン長くなる。 11時03分、少し遅れたバスが到着し、乗り込む。 何名かは、着席できず立っている。 暖かいバスの中でうとうとする内に南二丁目バス停となり、11時38分にバスを降り老舗旅館「三河屋」の温泉に立寄る。 暖かい湯に浸かり、さっぱりした後、奥多摩駅前の食堂で反省会を行う。 雲取山荘も変わり、そろそろ別の山を探そうかと思う。 好い加減に酔い、14時46分の電車で帰路に着く。 16時27分、登戸に到着し解散する。  


今回歩いたコースです。
画像
このコースは何度歩いたか、地図無しでも歩けるコースである。 GPSは帰ってからの記録作成用にザックにぶら下げて歩いた。 前回も気になったが、七つ石のまき道は往復とも国土地理院の二万五千分の一地形図の登山道から大分離れている。 歩いた所をもう一度考えてみると、GPSのトラックの方が正しいようである。 国土地理院の地形図が作製された当時の道とは変わってしまったのであろう。 


費用
費用
電車代(登戸→奥多摩)@¥890
タクシー代(奥多摩→小袖乗越)@¥5660
宿泊代(一泊二食)@¥7500
バス代(鴨沢→南二丁目)@¥610
風呂代@¥1000
電車(奥多摩→登戸)@¥890

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント