ロシアから来た中国空母2

大連の友人が中国空母の最近の状況を再度レポートしてくれましたので、紹介します。
最近の大連、天気は良いものの、微妙な降砂が霧の芯となって、街全体が霞んでいる毎日です。街中の写真を撮っても、全体的に白っぽくなってしまい、なかなかいい画になりません。そんな中で、空母の工事進捗?を取ろうにも、霞んでハッキリした画になりませんが、ちょっと変化があったので撮影してみました。 (写真をクリックすると拡大します)

画像
艦橋上部はレーダーなのでしょうか、何かを載せている工事のようです。この固まり全部がレーダーではないと思いますが、最終工程に近づいているのでしょうか?中国はビルでも何でもそうですが、中途半端に建設工事していながら、一気に出来上がる。しかも何となく全体が出来上がれば、建設資材や櫓の残材がしばらく転がったまま。いつまでも綺麗にならないなと思えば、ほんの2~3日で片付いてしまっている。この空母も同じなんでしょうか。ある日突然、ここから居なくなっているとか? 

結局、この空母は練習艦となり、実戦配備用の空母はこれと同じか、より大きいのを4つ建造するとか言ってます。世界的には空母は無駄だという趨勢の中、今の勢いに乗って世界に対し威圧するのだという思いがひしひしと伝わってきます。このままでは、何でもあり(何でもOKだったり、何でも所有する)の中国に成り上がり、それに確りと媚びへつらう国が更に、特に隣国あたりに出てくることになるのでしょう。諸外国の先端技術を見よう見まねで基礎学習することなく取り入れる中国は、やがて問題にぶち当たれば、自己解決することも出来ず、更なる先端技術で覆い隠しながら、発展と世界一を標榜していくのでしょう。威張るクンと媚び男クンの構図を容認できますか?

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント