10月23日に山梨県の兜山へ行ってきました

2010年10月23日に山梨県の兜山へ行ってきました。
そろそろ丹沢の季節であるが、今年は暑い内から何回か丹沢へ入っている。 そこで、今回は二週間ほど前に歩いた大蔵経寺山と要害山の直ぐ近くにある、兜山へ行ってみることにした。 兜山は山梨百名山であるが、国土地理院の地形図に登山道は掲載されていない。 要するに、ある程度地形図を読め、ルートファインディングができないと登れない山のようであるが、インターネットで検索すると数多く登られている。 取り付く口さえ見つかれば何とかなりそうである。 またまた、薮漕ぎ登山になりそうで楽しみ。 

画像
予定の逆コースになったが、駅前でもらった笛吹市のトレッキングガイドと岩堂峠ハイキングコースの道標に導かれ、思ったより楽に登山口まで行けた。 そして山の中でも確りしたトレースが付けられ、道標や赤テープが付けられていた。 兜山山頂は樹木に囲まれ見晴は無いが、山頂近くの展望台と下山時の大岩場からの見晴は素晴らしい。 そして、帰りに浸かった岩下温泉は、昭和初期の雰囲気の温泉で実に素晴らしい。 しかし、今回の山行は殆どが舗装道路か林道歩きであった。 


実施日:2010.10.23(土)

参加者:2名

天候 :晴れ

コース:横浜線町田駅下りホーム集合→(八王子経由)→春日居駅→走湯神社→新登山口(駐車場)→(山腹コース)→岩堂峠分岐→990m峰→兜山→展望台→兜山→大岩場→花火工場→夕狩沢古戦場説明板→岩下温泉(入浴)→春日居駅→(八王子経由)→町田解散 

画像
山行日は、久しぶりに朝から天気がよくなった。 6時に集合場所の横浜線町田駅下りホームへ向かい、6時06分発の八王子行き電車内で山仲間と合流する。 八王子で何時も乗車する鈍行松本行きに乗り換える。 電車内で暫く話しをしていたが、何時の間にか二人とも寝てしまう。 8時丁度に春日井駅に到着し、電車を降りる。 ホームの北側には、これから向かう兜山が眺められる。 ザックを背負っているのは、我々二人と単独の男性一人であった。 ホームを改札口の方へ歩いていると、駅南側にある足湯温泉の管理人から笛吹市トレッキングガイドを渡してくれる。 ガイドの中を見ると、兜山ハイキングコースが開催されていて大いに参考になる。 無人の改札を出て、踏切を渡り駅前のトイレの所で出発の準備を行い、8時09分に標高292mの春日居駅を後にする。 

画像
駅らのルートはGPSに予定コースのルートデータを事前に入力してあるので、データに従って歩き始める。 最初の曲がり角で、「岩堂峠ハイキングコース」と「山梨百名山 兜山 登山道」と書かれた標識が現れる。 道標に従い更に進むと、駅でもらったガイドマップの通りに進んでいる。 国道140号線に出ると、直ぐに国道を離れるように道標がついている。 予定では夕狩沢古戦場から兜山へ登る予定であったが、登山口まで判り難い街中を道標に従って行けるようなので予定の逆コースを歩くことにする。 暫く街中を歩き、8時22分に走湯神社の前を通過する。 

画像
この辺りは、最近新しい道路が付けられたのか、地形図に無い道路と農家の作業道が複雑に入り組んでいる。 時々、道標の無い分岐になるが、先ずは春日居カントリークラブを目指して進めば間違いないようである。 歩き始めて25分ほどで見晴らしのよい舗装道路を歩くようになる。 後を振り向くと、甲府盆地が眼下に広がって見える。 やがて、ゴルフ場のクラブハウスへ向かう道と分かれ、岩堂峠へ進む。 8時48分、標高428mの所で舗装道路に獣避けのゲートが付けられている所に到着する。 鍵は付いていないので、簡単に通過できる。 

画像
ゲートを通過すると、暫く水平な道が続くようになる。 所々に熟れたアケビがあり山仲間は採って食べながら歩く。 道路脇には、大きな堰堤が幾つも付けられている。 おそらくゴルフ場を作った時に一緒に作られたのであろう。 9時05分にはゴルフ場のフェアウエーの横にでて、暫くゴルフ場に沿って舗装道路を歩くようになる。 歩いていると、道路脇に飛び出したロストボールが幾らでも拾える。 ここの所、山栗、茸、アケビと山で拾ったが、今度はロストボールである。 

画像
舗装道路は、やがてゴルフ場から遠ざかってゆく。 歩いていると、二台のタクシーが我々を追い抜いてゆく。 登山口近くまでタクシーが入れるようである。 やがて、舗装道路はT字路となり、右折すると石で作られた観音様の前を通り、橋を渡る。 9時30分、標高567mのトイレと東屋が在る駐車場に到着する。 この駐車場からは、兜山へ登る山腹コースと岩場コースが分かれて付けられている。 

画像
タクシーでここまで来た登山者6名は、「ここから岩場コースを通って兜山へ登り、ほったらかし温泉へ下山する。」と云って、早々に出発してゆく。 我々は、駐車場横にある東屋で10分ほどの小休止をとる。 駅からここまで距離にして7kmほどなので、タクシーで来れば15分もかからないであろう。 小休止後、林道のゲートの脇をすり抜け、岩堂峠へ向けて歩き始める。 

画像
ゲートを過ぎると、未舗装の轍が付いた林道が続く。 岩堂峠の分岐までの山腹コースは、真直ぐ向かう林道と、途中で兜山へ登る登山道の2コースがある。 当然、近い真直ぐ岩堂峠分岐へ向かう林道を歩く。 9時46分に兜山への最初の分岐を通過し、10時06分に次の兜山分岐を通過する。 そして、10時13分には標高778mの岩堂峠分岐に到着する。 林道はここまでのようで、ここからやっと登山道が始まる。 

画像
岩堂峠分岐を過ぎると登山道になるが、ここから先は国土地理院の地形図には書かれていない道になる。 樹林に囲まれた緩い登山道を林道を歩くようなペースで登ると、汗が出始める。 10時29分、標高895mの尾根上にのる。 ここからは、今回の山行での最高点となる990mピークに向けて登る。 暫く登り、後を振り向くと梢の間から棚山の方向が望める。 

画像
10時45分、標高990mの本日の最高点に到着する。 ピークは樹木に囲まれた岩で、その上に乗ると僅かに梢の間から北側の山々が望めるだけである。 ピークの岩の上には測量用の基準点が刻まれている。 ここでは休むような所も無いので、そのまま兜山へ向かう。 990mピークから兜山までは、下り坂となる。 殆ど傾斜の無い稜線上を快適に歩く。 登山道の脇には、色々な茸が育っている。 10時56分、標高942mの所で夕狩沢コース分岐を見送ると、下の駐車場で会った、タクシーで来た登山者と擦れ違う。 更に3分ほど歩くと、山腹コースの登山道を合わせ、同じ電車で来た単独の男性と擦れ違う。 

画像
11時01分、標高913mの兜山山頂に到着し、小休止をとる。 山頂は樹木に囲まれ、展望は無い。 先ずは「山梨百名山 兜山」の記載がある標識前で記念写真を撮り、ベンチに座って休む。 休んでいると、身体がどんどん冷えてくる。 温度計を見ると15℃と低い。 我々以外誰も居ない山頂は、静かである。 11時17分、兜山山頂から南側にある展望台へ向かう。 

画像
山頂から南側へ向かうとレースに従って100mほど進むと、ベンチのある展望台に出る。 そこには展望台から眺められるパノラマ写真と解説がある。 甲府盆地が眼下に広がり、笹子雁ヶ腹摺山から達沢山、黒岳、富士山と展望が広がる。 空気中の水蒸気が少ない冬場であれば、もっとはっきり眺められるのであろう。 3分ほど展望台で景色を眺めた後、3分ほど歩いた兜山山頂を経由して、先ずは夕狩沢に向けて下山を開始する。 

画像
山頂からあまり傾斜の無い登山道を暫く歩く。 当然、このトレールも地形図には掲載されていない。 しかし、赤標識が付けられ、確りとしたトレースである。 少し進むと、富士山が正面に良く見える所に出る。 写真を何枚か撮り、また下山を継続する。 やがて、傾斜は徐々にきつくなり始め、樹林の中を九十九に降りるようになる。 

画像
標高770mまで降った11時40分に岩が現れ、鎖場が始まる。 ここからは暫く鎖場が連続する。 4分ほど降ると、大岩場となる。 ほぼ垂直に切り立った岩場には、登攀用のボルトが何本も埋め込まれている。 おそらくこの岩場は、人工登攀の訓練用ゲレンデなのであろう。 私も若い頃は岩も登ったが、今はすっかり尾根歩きの登山者になってしまった。 

画像
鎖の付いている所から少し右へ出ると、一気に展望が開け素晴らしい。 正面に富士山が、眼下に春日居ゴルフクラブが見下ろせ、ゴルファーの歓声が聞こえてくる。 この岩場は、春日居駅からも眺められる所である。 標高差50mほどの鎖場を過ぎると、徐々に傾斜が緩くなってくる。 

画像
11時50分、標高723mの所でトイレ、駐車場と書かれた仮設の標識のある所をどちらにも曲がらず通過する。 この辺りから先の登山道は、地形図に書かれているようである。 そして、12時04分には駐車場、夕狩沢、兜山と書かれた、確りした標識の所を夕狩沢の方へ降る。 暫くすると大きな堰堤を通過し、登山道は過って堰堤工事のための作業道へと変わってゆく。 

画像
次第に傾斜は緩くなり、12時11分に標高452mの所に建つ花部工場の脇を通過する。 ここから先は舗装された車道へと変わり、ストックを片付けながらのんびりと歩く。 やがて、夕狩沢に架かる橋を渡り扇状地のような所を降りはじめる。 

画像
正面に甲府盆地を眺めながら、真直ぐの道を降ってゆく。 暫く降ると夕狩沢古戦場の案内板が現れる。 古戦場の案内板の所を右折し、暫くフルーツラインを歩くようになる。 地形図では、この道路はまだ工事中となっている。 岩下温泉までは、自宅でGPSにプロットしたルートマークを使って向かう。 

画像
12時35分、標高300mに建つ岩下温泉の新館に到着する。 早速、風呂へ入ろうと宿の人に伝えると、「日帰り風呂は旧館のほうへ行ってくれ」と云われ旧館へ向かう。 旧館は昭和初期か大正時代に建てられたようで、なかなか風情がある。 早速風呂へ案内され、「よければ28℃の源泉にも浸かって下さい」と云われる。 まだ正午過ぎなので、風呂に浸かるのは我々二人だけである。 さっぱりして、13時07分に岩下温泉を出て、春日居駅へ向かう。 

画像
温泉からものの1分ほどで、走湯神社の前を通過す。 兜山へ向かう途中でも同じ名の神社を通過しが、江戸時代に岩下村は上岩下村と下岩下村に分かれたので同じ名の神社は二箇所あるようである。 道伝いに歩き、国道140号線を左折すると、朝通過した柳橋交差点へ出る。 13時26分、春日井駅に到着する。 帰りの電車の中で飲むビールでも欲しいが、駅近くにはそのようなものは売っていない。 13時29分、タイミングよく八王子行き電車が到着し、乗り込む。 アルコールも無く、昼食もとっていないので電車の中で行動食の残りを食べ、昼寝をする。 八王子で横浜線に乗換、15時07分に町田で解散する。 


今回歩いたコースです。 

画像
今回は途中の登山道が地形図に掲載されていなかったので、インターネットで調べた登山記事に載っていたコースを事前にGPSにルートマークしておいた。 しかし、予定コース逆であるが入山してみると意外にトレースが確りしていて、GPSの支援で楽にルートを歩けた。 かえって街中の方が複雑に道路が入り組み大変。 こういう所では、なかなか便利な機械である。 


費用:
電車代(町田→春日居町) @¥1890
風呂代(岩下温泉)    @¥400
電車代(春日居町→町田) @¥1890 


ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 6

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス ナイス ナイス

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック