東京スカイツリーと下町

大連の友人が仕事で一時帰国した際、彼の自宅近くに何時の間にかニョキニョキ伸びた東京スカイツリーを見て来たようです。 その際のレポートを大連へ戻ってから送ってくれましたので、紹介いたします。 (写真をクリックすると拡大します)
新しく建設中の新東京タワー・東京スカイツリーです。建設場所は墨田区押上~業平橋。詳しくは公式サイトや色々な方がBlogを立てて紹介されていますのでそちらをご覧頂ければと思います。墨田区はご存じのように関東大震災と東京大空襲で焼け野原になり、復興時に道路を碁盤の目のように整備したところですので、街中の至る所でタワーを見ることができます。 

画像
自宅から直ぐの南北の道の正面にタワーが見えます。公式サイトではこの日、400mくらいの高さになったそうです。2008年7月着工で2年でココまで来るとは早いものですね。 

画像
全高は634mなので(ムサシと覚えてね、と公式サイトにありました)今の高さの半分が更に上に伸びることになりますね(と勝手に公式サイトから写真を流用し、完成予想図を作ってしまった。すみません!) 

画像
現在の最高位のズームです。4つのクレーンが小さく見えますが、実はとても大きなクレーンなのがよく分かります。 

画像
最寄り駅のJR錦糸町駅ホームからもしっかりと見えます。 

画像
スカイツリーふもと?の押上駅から出たところから見たものです。デカイです。 

画像
最高位をズームしてみました。白いものを吊り上げていますが、小さく見えても2階建て分くらいはあるようです。 

画像
工事現場です。結構、すっきりしていますね。どこぞのお国のような整理整頓してるのか!と言いたいような大ざっぱな雑然とした建築現場とは違うようです。 

画像
仮設の押上駅出入り口です。押上駅を降りてタワーを見るには、この出入り口が一番良いようで、構内には「タワー見学の際は、ほかのお客の邪魔にならないように通路の端っこで見てね!」と注意書きがありました。でも仮設通路はしっかりと見学者を考慮した広い幅で作ってあります。 

画像
タワー周辺の押上の街並みです。押上はハッキリ言って、地元の下町!と言えるローカルタウンです。 

画像
押上駅仮設通路を出てすぐの商店街です。皆さん個人個人で小さな土地をお持ちですので、大きなマンションはなかなか建ちません。今後、大きな発展を遂げることになるでしょうか? 

画像
東京スカイツリーは日建設計さんが図面を引いているようですが、大連テレビ塔も同じ日建設計さんが設計したのだそうです。構造が似ていますね。

馬鹿は高いところが好き、とはよく言いますが、私もその一人です。こういうのを見ると何だかワクワクしてきます。でも完成してしまったら、慣れてしまい、どうでも良いのでしょう。そうそう、香港に住み始めた頃は高層ビルやマンションにドキドキしましたが、住み慣れるとそんなものは無くなりました。それよりも、最近は高いところには上がっても、下が見渡せる端っこに立つと足が竦んでしまうようになりました。こりゃ年のせいですね。
 

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック