大連空港の中国製戦闘機「殲-11」

大連の友人が仕事で一時帰国した際、大連空港で見た中国製戦闘機「殲-11」(ロシア製Su-27のパクリ?)のレポートを送ってくれましたので、紹介いたします。 (写真をクリックすると拡大します)
久しぶりに日本出張。急に決めたのですが、この夏休みの時期、切符が取れません。どうも旅行者、しかもたくさんの中国の方が日本に旅行に出掛けているようで、最近の日本行きVISA緩和のおかげなんでしょう。ということで、成田便は満席な様で左の窓側席に座ることになりました。何か写真が取れそうです。 

画像
離陸の直前、空軍の格納庫に差し掛かると、中に何かが居ました。尾翼が2つあります。おっ、Su-27(殲-11)のようです。整備でもしているのでしょうか? 

画像
その後、屋根付き駐機場に差し掛かると、アレ?Su-27が3機も居ます。格納庫の中も含めると4機ですねぇ。これまではいつも2機しか見ていません。Su-27の大連配備は2機、と以前聞いたことがありますが増やしたのでしょうか?あるいは、どこかに隠していたのでしょうか? 

画像
飛行機が滑走路の端まで来てUターンし離陸体制に入ると、もう1機のSu-27がすぐ間近に見えました。お、今日は5機もいるではないか!Su-27を生で全景を見るのは初めて。何か準備をしているようですが、緊急出動といった感じではありません。原画を拡大してみるとパイロットのヘルメットではなく普通の帽子をかぶった人が操縦席に座っているので、調整作業でもしているのでしょうか? 

私は飛行機好きですが、どんな旅客機でも戦闘機でも何でも見るのが好きなだけでマニアではありません。故に詳しく説明することも性能とかの知識もありません。ですが普段滅多に見ることのない戦闘機、しかも中国の戦闘機は、あれこれ曰く付き(お家芸たるパクリとか、パクリものをヨソに売っちまうとか、パクったはいいが完ぺきでないとか)のものばかりなので、単なる興味本位で気になりますね。そう言えば一昨年の10月、Migだか何かの鉛筆型の戦闘機が大連上空で演習していましたが、昨年から今まで、見たことがありませんね。そう言えば、空軍遼寧省管区?は、瀋陽に集中配備するとか聞いたことがありましたっけ。 

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 1

驚いた

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック