10月25日に山仲間と御前山へ栗拾いにいてきました

2008年10月25日に山仲間と御前山へ栗拾いにいてきました。
2002年に御前山へ行った時に沢山の山栗を拾って帰ってきた。 今年も御前山でまた山栗を拾ってみたくなり、同じ10月25日に山行を計画をたてた。 今回はまだ歩いたことの無い御前山から境橋へ降る栃寄コースを下山路に選んだ。

画像
今年は少し遅すぎたようで、大き目の栗は殆ど無く、落ちた栗の上に落ち葉が被さり見つけるのに一苦労した。 たまに大きいサイズの栗を見つけても、既に動物に半分食べられた後。 それでもとりあえず食べられるサイズの栗を一袋拾い、帰りに山仲間の自宅近くの小料理屋で炒ってもらい、酒の肴として美味しく食べた。  


実施日:2008.10.25(土)

参加者:2名

天候 :曇り時々晴れ

コース:
登戸下りホーム集合→(南武線)→立川駅→(青梅線)→奥多摩駅→(バス)→奥多摩湖→サス沢山→惣岳山(ソウガクヤマ)→御前山→避難小屋→栃寄大滝→境橋→(バス)→南二丁目→老舗旅館「三河屋」(入浴)→奥多摩駅→(立川経由)→横浜市内解散 


6時過ぎに集合場所の南武線登戸駅ホームへ向かい、6時09分発の下り電車内で山仲間と合流し立川へ向かう。 立川から青梅線に乗換え、奥多摩へと向かう。 電車の中は通勤通学客に混じって、多くの登山者が乗車している。 奥多摩駅に近づくに従い乗客数は少なくなり、終点奥多摩駅で降りた登山者は何時もより多い40名程度である。 7時50分発の峰谷行きバスは既にバス停に停車しており、乗客は三々五々乗り込む。 バスは定刻に発車し、多摩川に沿って国道411号線を西に進む。 バスは、途中何箇所かで乗客を降ろし、8時01分に奥多摩湖へ到着する。 ここで下車した乗客は我々を含め僅か4名であった。 

画像
周囲の山の稜線には霧が纏わりつき、地面もまだ湿っている。 ダム横のトイレで用足しを済ませ、8時17分に標高530mの奥多摩湖バス停を後にする。 今年はダムの貯水量が例年より多い。 守衛に聞くと、「今年は満水時の92%まで水位が上がり、台風が上陸した場合にしなえて緊急排水門を開ける準備までした。 今でも86%の貯水量が有る。」とのことであった。 ダムの堰堤上を景色を眺めながら歩き、10分ほどでダム対岸の観光用広場奥にある御前山登山口となる。 

画像
広場にある表示に従い、石造りの階段で大ブナ尾根の登りが始まる。 ここには、熊に注意の立て看板がある。 階段を登っていると、シマヘビが一緒になって階段を登ろうとしている。 少し登ると、またシマヘビに出会う。 そろそろ冬眠を控えて、食料調達でもしているのであろう。 急な階段を標高差40mほど登り切ると、大ブナ尾根上に取り付き南岸展望台の横に出る。 ここからさらに標高差150mほどは、広葉樹林の急坂の登りとなる。 15分ほどで標高741mの三角点を越えると少し傾斜は緩くなる。  

画像
9時18分に奥多摩湖監視用テレビカメラが設置されている、標高940mのサス沢山に到着し、最初の小休止をとる。 周囲にガスが立ち込め湿度100%の中、急登を一気に登ったので汗が吹き出る。 10分ほどの休憩後、最初のピークである惣岳山へ向けて歩き出す。

画像
暫くは緩やかな坂道を登り、やがて尾根が狭くなり始めると岩の尾根となる。 この辺りから栗の毬が所々に登山道の見え始める。 毬の中を見てみるが、既に栗の実は弾けて入っていない。 

画像
標高1000m辺りを越えた10時10分に、広い防火帯の中の登山道へと入っていく。 周囲は栗の木が増え、毬がいたるところに落ちているが中身はない。 登山道は防火帯に直線的につけられているので、見た目より急坂となっている。 

画像
防火帯の中の登山道を進むに従い、栗の毬の数は多くなる。 時々目に付く栗を拾いながら登る。 惣岳山に近づくに従い傾斜は増し、九十九の登山道へと変って行く。  

画像
10時50分、標高1335mの惣岳山に到着する。 ザックを降ろす事もせず、山頂で栗拾いに熱中するが、2002年に拾ったような大きな山栗は見つからない。 少し遅かったのか、毬から弾け落ちた栗の上に落葉が被さり探すのが大変である。 もっとも、良い栗は既に他の登山者や動物に持っていかれた後なのであろう。

画像
惣岳山で小休止も取らずザックを背負ったまま栗拾いを10分ほど行い、そのまま御前山へと向かう。 ガスに包まれ紅葉はあまり見れないが、登山道へ落ちた紅葉の絨毯を眺めながら歩く。 

画像
整備された丸太の階段を登り、11時15分に標高1405mの御前山に到着する。 山頂は薄っすらとガスに包まれ、誰も居ない。 2002年に来た時には無かったベンチが6ヶ個所に設置してある。  

画像
記念写真を撮り、栗を探すがここでは殆ど無い。 その内に反対側から登山者が到着し始める。 10分ほどの休憩をとり、境橋へ向けて下山を開始する。 

画像
御前山山頂から5分ほどで標高差100mほど降ると、避難小屋への分岐となる。 分岐を左折すると、直に最近建替えられた綺麗な避難小屋となる。 避難小屋には珍しく、テラスに大きな窓があり、中は綺麗に清掃されていて明るい。 小屋の直脇には水場もあり、トイレもついている。 小屋前を通ると栃寄コースが始める。 

画像
暫く急な下り坂が続き、12時01分に桂の大木の横を通過する。 看板には径1m位と書いてあるが、もっと大きいように感じる。 桂の大木の直近くには、東屋のような小屋が建てられている。 工事用の林道を横切り、再度奥多摩駅と書かれた登山道へと入る。 

画像
この辺りは自然探求路の「体験の道」とかが入り組んでいる。 12時17分、標高830m辺りで舗装された林道へ出る。 暫く苔生した滑り易い林道を降ると、また登山道へと導かれる。 

画像
また、舗装された林道を横切り登山道へと入る。 登山道入口には、「桟橋は滑りやすいので注意」とかかれている。 栃寄沢に沿ったこの登山道はあまり使われていないのか、登山道に周囲の草が被いかかっている。 落葉と崩壊でトレースが見分け難いが、沢を渡る所には丸太の橋が渡されている。  

画像
沢沿いの登山道は、苔生し滑り易い。 崩れた所も多く、意外に時間がかかる。 12時32分、栃寄大滝の脇を通過する。 苔生した大きな岩に挟まれた奥に滝壷があり、綺麗である。 しかし、この登山道では態々観に来る人も少ないであろう。  

画像
栃寄沢を何回か右岸左岸と渡り、標高を下げてゆくと沢沿いに何箇所か山葵田が出てくる。 やはり山葵田は、人の入らぬ綺麗な水の流れる所にある。 そろそろ沢沿いの悪路の降りも飽きてきた12時49分に、標高510mの境橋側御前山登山口から舗装道路へ出る。 登山口には「悪路 通行注意」の表示がある。 確かに悪路であった。 最近、登山者はこのコースをあまり利用せず、林道を経由して登っているのであろう。  

画像
登山口からは舗装された一般道を、標高差150mほど降って行くと、国道411号線にある橋詰トンネルの脇に出る。 13時03分、橋の上にある境橋バス停に到着する。 13時27分に奥多摩駅行きのバスに乗車し、終点一駅前の南二丁目バス停で下車する。 いつも立寄るバス停前の三河屋で入浴し、その後奥多摩駅前の食堂で軽くビールを飲む。 奥多摩駅からは、14時39分の電車に乗車し立川、武蔵溝ノ口を経由して横浜市内の山仲間自宅近くの小料理屋へと向かう。 17時10分より、小料理屋で反省会を開始する。 拾ってきた山栗を炒ってもらい、酒の肴にして飲む。 


費用
電車代(登戸→奥多摩)@¥890
バス代(奥多摩→奥多摩湖)@¥360
バス代(境橋→奥多摩)@¥230
風呂代@¥1000
電車代(奥多摩→横浜市内)@¥1270

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

とり
2008年10月28日 15:19
 おいしそうな栗ですね。写真から甘い香りが
 ただよってきそうです、、、、
Peak Hunter
2008年10月28日 15:24
とりさん
こんにちは!
山栗は小さかったですが、とても美味しかったですよ!
来年は、もっと大きなの狙ってリベンジしてきます。