3月29日に仲間と浅間尾根を歩いて来ました

2008年3月29日に仲間と浅間尾根を歩いて来ました。 
奥多摩湖南側に浅間嶺のある浅間尾根は前々から一度歩いてみたいと思っていた。 今年の初めに山仲間からハイキングがてら行ってみようとの提案があり、帰りの温泉もセットに計画した。 今回は久しぶりに長老の山仲間を誘って3名で歩くことになった。  

画像
浅間尾根の北側は奥秩父の山並みから大岳山や御前山が、南側は丹沢から道志の山々が見渡せる。 丹沢の稜線はまだ白く雪が残っていた。 この尾根はタクシーで尾根上へ直接来ることもできるが、やはりバス停から歩き武蔵の山村情緒を味わってみるのもよい。  


実施日:2008.03.29(土)

参加者:3名

天候 :晴れ

コース:登戸駅集合→(立川経由)→武蔵五日市駅→(バス)→払沢ノ滝入口バス停→時坂峠→浅間嶺→大沢山→浅間尾根登山口→数馬の湯→温泉センタバス停→(バス)→武蔵五日市駅→(立川経由)→登戸駅解散


 前日までの雨も止み、天気の良い一日が始まった。 朝6時09分登戸発の電車内で集合し、立川、拝島経由で武蔵五日市へ向かう。 武蔵五日市駅前から払沢ノ滝入口経由数馬行きのバスに連絡していて、直ぐに駅を後にする。  

画像
バスは20分ほどで払沢ノ滝入口に到着し、バスを降りる。 バスはこのバス停からUターンし数馬方向へ行く。 バス停前にはトイレもある。 8時10分、準備を整えてバス停を後にする。 檜原とうふの看板の左手の舗装道路を登ってゆく。 舗装道路を10分ほど歩くと、一度山道へ入る。 どこかの民家へ入ってゆくような登山道であるが、これも10分ほどでまた舗装道路へ出る。 

画像
再度舗装道路を6分ほど登ると、また登山道へ入る。 舗装道路からショートカットの登山道へは、指導標があり分かりやすい。  

画像
バス停を出発して舗装道路と登山道を交互に登り、8時51分に時坂峠となる。 峠には祠があり、尾根上を舗装道路が通っている。 ここからは暫く峠の茶屋までは植林と自然林に囲まれた舗装道路歩きとなる。 途中、登山者を乗せたタクシーが我々を追い越して、峠の茶屋へ向けて走ってゆく。   

画像
9時06分に峠の茶屋に到着する。 ここは北側の樹木が切り払われ大岳山から前御前山、そしてその間に一際鋭く飛び出た鋸山が眺められる。 時間もあり風も無く天気が良いので、ここのベンチに座って10分ほど休む。 峠の茶屋からは、神社の左側から瀬戸沢へ降りると直ぐにもう一軒の休憩所前を通過する。 さらに進むと茅葺の大きな一軒家前を通過する。 建てられた当時は、現在のような車道もない時期であったのであろう。 今はここもハイカーの休憩所になっているが、以前はこの地区を通過するお代官様の休憩所であったらしい。 よくこんな山奥にこれだけの家を建てられたもと感心する。 

画像
沢沿いに石を敷き詰めた九十九の植林の中の道を登ると、やがて沢から離れ尾根を跨ぐ様になる。 尾根を跨ぐと自然林に囲まれた緩やかな上り坂となる。  

画像
10時01分に小岩からの道を右から合わせる。 直進すれば浅間嶺の北側を巻いて浅間高原へ出るが、左折して浅間嶺展望台へと向かう。 すぐに松生山の分岐を通過し、明るく広い尾根上を進む。  

画像
10時15分、浅間嶺の標識がある展望台に到着する。 すでに何名かの登山者が到着し、ノンビリと景色を眺めている。 我々もベンチに腰掛け行動食を食べながら双眼鏡で周囲の山を眺める。 北側には大岳山から御前山の稜線とその後ろには鳩ノ巣山から七つ石山へ続く石尾根が眺められる。 南側は、雪を被った丹沢から道志の山々、そして富士山も眺められる。 登山客も多くなり始めた10時43分に、展望台を後に数馬分岐へ向けて歩き始める。 

画像
展望台を降りると直ぐに東屋とトイレのある広場になる。 ここから南側へ尾根から上川乗へ降る道を左へ分ける。 トイレの裏側を植林の中へ進むと、やがて祠のあるところへ出る。 祠の左手より尾根道へと進むと、木の幹に浅間嶺903mと書かれたプレートが現れる。 おそらくここが本当のピークなのであろう。 

画像
尾根道のトレースは、あまり歩かれていないようで、トレースが薄い。 歩かれた登山道と違い、足もとがフカフカしている。 やがて尾根道はピークを北側より巻いた登山道と一緒になる。 少し降ると人里分岐を通過する。 植林の中の道を進み11時24分に浅間石宮を通過する。  

画像
11時31分、一本杉の標識の所を通過する。 この標識にはカッコ書きで一本松とも記されている。 あまりアップダウンのない緩やかな登山道が延々と続く。 過ってここは桧原村木宿と数馬を結ぶ重要産業道路で、牛馬が通ったと云うだけあり歩きやすい。  

画像
一本松から10分ほどでサル石の前を通過する。 この岩にはサルの手形があるとの立て看板があるが、探してみたが結局見つからずであった。   

画像
11時51分に数馬分岐に到着する。 ここから尾根を降れば浅間尾根登山口バス停へ直接出る。 しかし、時間も早くもう少し尾根道を進んで見ることにする。 12時05分、尾根上の登山道が舗装道路と交差する。 広く日当たりの良い所なので、ここで最後の小休止を10分ほどとる。  

画像
小休止をとった所から舗装道路を渡り、風張峠への登山道へ入る。 10分ほど進むと石仏のある藤原峠となる。 藤原峠から風張峠への道を見送り下平バス停へ向う。 九十九の道を少し降ると広く開けた所に一軒の民家が現れる。 畑の間を抜けるとまた植林の中へ入り、また九十九の道を降る。 

画像
先の民家から出ている自家用モノレールノ下を潜り南秋川を渡ると、直ぐにバスの通る桧原街道へ出る。 桧原街道を数馬方向へ少し進み12時44分に下平バス停を通過する。   

画像
12時53分に数馬の湯に到着し、今日の行動は終了する。 早速、温泉にゆっくりと浸かる。 その後休憩所で軽く反省会を行い、温泉センタバス停14時30分発のバスで帰途に就く。 17時に登戸で解散する。 


費用
電車代(登戸→武蔵五日市)@¥620
バス代(武蔵五日市→払沢ノ滝)@¥460
風呂代(数馬の湯)@¥800
バス代(温泉センタ→武蔵五日市)@¥870
電車代(武蔵五日市→登戸)@¥620

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック