6月16日に国師岳と北奥千丈岳へ行ってきました。

 6月16日に仲間3名で奥秩父の国師岳(コクシタケ)と北奥千丈岳(キタオクセンジョウタケ)へ行ってきました。 
6月14日の木曜日に関東甲信越は梅雨入りしたが、週末はスーパー快晴。 今回は、経費削減のために甲府まで電車で行き、ここから大弛峠へはレンタカーを使用した。 大弛峠へは林道川上牧丘線を通らなければならないが、毎年6月1日より通行止めが解除される。 また、大弛峠は一般の自家用車が通行できる日本最高地点(標高2360m)でもある。 ここから国師岳と北奥千丈岳は目と鼻の先で、殆ど歩く所がない。 標高2591mの国師岳へは今まで何度も足を運んでいるが、何故か奥秩父山塊最高峰である標高2601mの北奥千丈岳へは行った事が無い。 前々から一度行ってみたいと思っていた所である。 

画像
大弛峠への林道川上牧丘線からは、南アルプス最高峰の白峰三山が迫力で望める。 早く北奥千丈岳の頂上へ立ってみたくなる。 


画像
甲府駅でレンタカーを借り、9時06分に甲府駅を後に大弛峠へ向かい、10時44分に大弛峠に到着する。 天気が良いためか、駐車場から乗用車があふれ、峠から大分下がった所にも駐車している。 しかし、大弛峠への到着時間が遅かったので、登山口近くの駐車場に停めている車の持ち主が早めに下山してくれ運良く停められる。 大弛峠を出発したのは10時53分であった。 



画像
大弛峠の車道から少し入ると、直ぐに樹林に囲まれた大弛小屋となる。 小屋の前を通り過ぎると、国師岳への登りが始まる。 


画像
登山道は、整備の良く行き届いた丸太の階段から始まる。  


画像
そして、丸太の階段から木道の階段となる。 大弛峠から夢の庭園、国師岳、北奥千丈岳へはハイカーも多く、丸太の階段や木道にしておかないと登山道が直ぐに駄目になってしまうのであろう。 


画像
登り始めて10分ほどで、国師岳へ直接登る登山道と夢の庭園へ向かう道を分ける。 天気も好いので夢の庭園へと向かい、分岐から3分ほどで見晴らしのよい夢の庭園へ到着する。 


画像
明るく開けた夢の庭園からは、南アルプスの鳳凰三山越しに白峰三山が眺められる。  


画像
夢の庭園では、何時までも眺めていたくなる大パノラマが広がっている。  


画像
暫く夢の庭園で写真を撮り、北奥千丈岳へと登り始めるとまた木道の階段が現れる。 大弛峠から北奥千丈岳と国師岳分岐までは、その行程の半分以上がこうした木道となっている。  


画像
徐々に樹木の背も低くなり、這松が現れてくる。 南アルプスの主峰を眺めながらの登りも気持ちが好い。  


画像
11時28分に見晴らしのよい前国師岳を通過する。 


画像
前国師岳から眺める北奥千丈岳。  


画像
11時32分に立ち枯れたシラビソに囲まれる明るい国師岳と北奥千丈岳の分岐となる。 北奥千丈岳は奥秩父の主脈縦走路から僅かにそれていた為、今まで立寄った事が無かった。 今回初めて秩父最高峰の北奥千丈岳に向かう。 


画像
さすがに標高が2600m近くになると、アイゼンを使うほどではないが日陰の登山道の所々に残雪が残っている。  


画像
11時37分、北奥千丈岳に到着する。  


画像
北奥千丈岳の山頂から北側の直ぐ近くに、これから向かう国師岳のピークが見える。  


画像
北奥千丈岳からは360度の大パノラマが展開される。 南アルプス、中央アルプス、北アルプス、浅間山から妙高、八ヶ岳そして金峰へ続く奥秩父縦走路が眺められる。 暫く景色に見惚れ、12時に国師岳へと向かう。 


画像
一度、国師岳と北奥千丈岳分岐まで戻り、国師岳へと向かう。 12時10分には国師岳山頂に到着する。 ここからの眺めも最高で、左右対称の富士山も眺められる。 


画像
国師岳からは、先程までいた北奥千丈岳が南アルプスを塞ぐように眺められる。 


画像
12時20分、国師岳を後に下山を開始する。 下山の途中からも南アルプスが何時までも眺められる。  


画像
12時47分に大弛峠に到着し、名残惜しいがレンタカーで甲府へ向かう。 僅か2時間弱の山歩きであった。


画像
14時30分には甲府へ到着し、帰途へ着く。 今回は電車とレンタカーでの移動時間が往復8時間近くで、観光旅行気分であった。 しかし、横浜到着後は確りと反省会を行う。  






ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

とり
2007年06月18日 14:23
ブログを拝見致しました。お天気が良くて最高のパノラマですね。次回のファイルも期待しています。
Peak Hunter
2007年06月18日 16:02
来週は岩手の山へ行ってきます。
期待していてください。
晴れるといいのですが・・・!

この記事へのトラックバック