1月3日に九鬼山へ歳初めの山行へ行ってきました

2006年1月3日に九鬼山へ歳初めの山行へ行ってきました。
昨年最後の山行を大月近辺で最後に残った九鬼山へとしたが、山仲間の風邪が抜けきれず年明けの最初の山行となった。 この山は大月市の秀麗富嶽十二景で富士山の眺めがよい。

画像
標高は低いが、それなりに変化があり楽しい山でした。 この季節は木の葉も落ち、稜線から梢の合間から秩父や丹沢の山並を眺めながらノンビリと歩ける。 今回ははっきり眺められなかったが、御前山からの富士山も優美であろう。  


実施日:2006.01.03(火)

参加者:2名

天候 :晴れ

コース:JR町田駅下りホーム集合→(八王子、大月経由)→禾生駅→落合橋→九鬼山→札金峠→馬立山→御前山→神楽山→猿橋駅→(八王子経由)→町田


前日の雨が止み、路面が凍りついている5時30分に自宅を出発し、集合場所のJR町田駅ホームへ向かう。 6時06分発の電車が到着し最後尾から3両目の車両にて、山仲間と落ち合う。 山仲間の風邪は小康状態を保っている様で、とりあえず一安心。 まだ暗い6時34分に八王子で松本行き電車へ乗り換える。 高尾駅を過ぎると、家々の屋根や畑は白く凍りついたように霜が降りている。  正月休らしく、車内はこれから雪のある所へ行く登山者も乗車している。 7時21分には大月駅に到着し、富士急行の改札へ向かう。 富士急行は2両編成で、扉の開閉ボタンを押して暖かい車内に入り、7時23分に電車は大月駅を出発する。 電車は空いている。 三つ目の禾生駅には7時32分に到着し、我々二人と単独の登山者一名が下車する。 小さな駅の待合室には火鉢が置かれている。 駅前の道路は薄氷がはりとても寒く、そのまま登山口へ向けて歩き始める。

画像
駅前の道路を国道の交差点へ向かい、左折する。 国道の路肩には細かいガラスが落ちているように氷の粒が延々と続いている。 暗渠の上につけられた歩道も霜が凍りつき滑りやすい。 気温を見ると-4℃となっている。 暫く国道を歩くとやがて橋の上に出、その上流側にレンガ造りの水道橋が現れる。 橋を渡り切ると九鬼山への指導標が現れ、それにつられて国道を離れ水道橋の下を潜る。 

画像
更に九鬼山への指導標に導かれ、舗装道路を進むとやがて九鬼山への登山ルートが二つに分かれる。 我々は、九鬼山への最短ルートである愛宕神社経由の道へ入る。 分岐から直ぐに神社が現れ、舗装道路もここで切れる。 神社脇を抜けると直ぐに植林帯の中の登山道が始まる。 体も大分温まり、少し登山道を進んだ所で着ているフリースをザックに押し込み、ストックを出す。 谷沿いの薄暗い植林帯の中の登山道を進むと、やがて道が九十九折れになり標高を稼ぐようになる。 一度小さな尾根上に出ると植林帯から落葉樹の林となり、大幡川の対岸の高川山や雪を被った三つ峠が眺められるようになる。  

画像
8時26分、九鬼山へ続く稜線上の田野倉分岐に到着し、小休止をとる。 落葉樹の間からの眺めはよいが、西側で日があたらず寒い。 5分ほど休み、直ぐに九鬼山へ向けて歩き始める。 暫く登ると登山道は標高差250m強の急坂となる。 この急坂は殆どが直登するようになっているが、途中から道が二つに分かれ地元山岳会が整備したのか登り易くなる。 

画像
途中、富士見平と言う所を通過するが、あいにく富士山の頂上部にはガスがかかり裾野しか見えない。 やがて傾斜が緩み、9時08分に標高970mの九鬼山山頂に到着する。 山頂にはベンチが拵えてあり、ザックをベンチに降ろす。 誰も居ない静かな山頂である。 山頂からは小金沢連嶺から雲取山までが見渡せる。 風も無く山頂はさほど寒くないが、温度計を覗くと0℃である。 軽く行動食を食べ9時28分に札金峠を経由して馬立山へ向かう。 九鬼山山頂を北東の尾根へ離れるとビックリするような急な下り坂が始まる。 急坂の途中で始めて人に会う。 地元の人か鉄砲を持った単独のハンターのようである。 急坂を降り切ると今度は山腹をトラバースする細い登山道となる。 所々、登山道は土砂に埋もれ歩き難い。 ここで二人連れの女性登山者とすれ違い「ここまで来る登山道に二頭の猪がいた。」と云われる。 トラバースが終わると九鬼山から北に伸びる尾根上に出、落葉樹のゆったりとした登山道に変わる。 

画像
途中、田野倉への道を左に分け、高度を下げると植林帯の中の札金峠となる。 10時05分に峠を通過する。 峠からはまた急な上り坂が始まる。 標高差100m程を登り切ると標高704mのピークを過ぎ、少し降った後また登りが始まる。 

画像
登り切ると傾斜が緩み10時37分に馬立山の頂上に到着する。 山頂は樹木に囲まれ見晴はあまり無い。 ここで10分程の小休止をとり、次の御前山へと向かう。 馬立山からの下り坂もまた急傾斜であるが、九鬼山の降りの様には長くない。 小さなピークを幾つか越えながら稜線歩きを楽しむ。 登山道両脇の落葉樹の梢越しに大月市内と猿橋町朝日小沢の町並みが眼下に眺められる。 登山道は何時しか御前山の北側直下となり、うっかりすると御前山を通過してしまうようになる。 

画像
御前山山頂への分岐から少し登ると、岩が幾つかある御前山へ11時23分に到着する。 山頂からの眺めは今まで歩いてきた稜線が見渡せ、御正体山と九鬼山の後ろ側に覆い被さるように富士山の裾野が広がっている。 九鬼山からの眺めより雄大さを感じさせる。 暫く写真を撮り、11時30分に神楽山へ向かう。 

画像
御前山から少し降ると、道が二手に分かれ神楽山へは御前山の山腹をトラバースするように巻いている。 山腹のトラバースを終わり一度鞍部に降りた辺りで、猿橋からの登山者に出会うようになる。 20分程で猿橋と神楽山分岐となり、少し登ると神楽山の山頂となる。 11時43分の到着である。 神楽山は山頂一面にテレビの共同受信アンテナが設置してあり、何となく面白くない山頂である。  

画像
直ぐに山頂を離れ、猿橋への下山路へ入る。 猿橋への降りも所々尾根が細くなり、意外と急坂である。 30分ほどで登山道が終わり舗装道路となり、畑の脇を抜け12時25分に猿橋駅に到着する。 今回のコースは標高1000mに満たないが、以外に急登が多くコンパクトながら充実した山行であった。 猿橋駅を12時33分の電車で発ち、高尾、八王子と電車を乗り継ぎ、町田には14時頃に到着する。 



費用
電車代(町田→禾生)@¥1400
電車代(猿橋→町田)@¥950

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック