11月26日にクラブの山仲間と羅漢寺山ハイキングへ行ってきました

2005年11月26日にクラブの山仲間と羅漢寺山ハイキングへ行ってきました。
11月の月例山行は羅漢寺山のハイキングを計画した。 羅漢寺山は幾つかの山の総称で、ピークまで乗り物があるので観光客も多い。 乗り物に乗ってしまっては全く歩く所が無い。

画像
羅漢寺山の紅葉は、白い岩と紅葉が一味違った落ち着きを放っている。 低山であるが、前々から一度行ってみたいと思っていた。 


実施日:2005.11.26(土)

参加者:11名

天候 :曇り

コース:JR線町田駅改札集合→(八王子、高尾経由)→甲府駅→(タクシー)→羅漢寺山登山口→パノラマ台→弥三郎岳→白砂山→獅子平分岐→近戸神社→吉沢農協→(バス)→甲府駅→(甲府、八王子経由)→町田

 冬型気圧配置で良く晴れたハイキング日よりの朝を迎えた。 まだ夜も明けきらぬ5時55分にJR町田駅に集合を完了し、6時06分の横浜線で八王子へ向かう。 八王子からは何時も使用する6時34分発の八王子始発松本行きへ乗り換える。 高尾を過ぎると日陰となった家々の屋根には霜が降り、車窓から寒さを感じさせる。 8時丁度に甲府駅へ到着する。 予定ではここからバスを使用するつもりであったが、参加人数も多くタクシーで向かっても然程運賃が高くならないので8時20分に三台のタクシーに分乗し、金桜神社近くの登山口へ向かう。 

画像
タクシーは甲府市街地を過ぎると昇仙峡の旧有料道路を通り登山口へ向かう。 旧有料道路から昇仙峡の背峰をなす羅漢寺山の真っ白な奇岩が晩秋の紅葉に映える。 8時50分に夫婦木神社近くの羅漢寺山登山口に到着する。 登山口は秋の日を浴びて暖かく、上着を脱いで出発準備をする。 8時58分、隊列を組む事無く登山口を出発し、緩やかな傾斜の舗装道路を歩き始める。 

画像
谷沿いにつけられた舗装道路は直ぐに日陰となり、路面には霜が降り、落ち葉や団栗の実が道路脇を被っている。 久しぶりの大所帯でペチャクチャと話しながら20分程歩くと舗装が切れ、尾根上の砂利道となるが自動車が通れるほどの道幅で傾斜もきつくならない。  

画像
見晴の無い植林と雑木林の間をゆっくりと歩き、8時49分には観光用ロープウエイ近くの八雲神社直下に到着する。 先ずは西側の展望の開けた所へ行ってみる。 展望台には既にロープウエイで登ってきた観光客が来ている。 眼下に広がる紅葉と雪を被った南アルプスの稜線やぼんやりした富士山が眺められる。 

画像
暫くして、八雲神社からロープウエイの山頂駅前を通りパノラマ台から与三郎岳へ向かう。 パノラマ台から先はハイヒールを履いた観光客は進まないように注意書きの立て札かある。   

画像
大した傾斜も無い登山道を通り、急登にさしかかると与三郎登山口の看板がある。 階段のついた登山道を登ると白い花崗岩の岩場となり、岩に刻まれたステップを登りその上に立つと丸い饅頭のような岩の上に出る。 端に寄ると落ちそうな岩で、その先をもう一度登ると三等三角点のある与三郎岳山頂となる。 

画像
10時15分、与三郎岳山頂に到着する。 山頂からは360度の展望があり、南アルプス、富士山、奥秩父の山々が眺められる。 そうこうする内に登山者に混じって、観光客も増えてくる。 15分休んだ後パノラマ台に戻り、昼食とする。  

画像
女性達が持って来た食料が豊富で、久しぶりに豊かな昼食が摂れる。 記念写真を撮り、11時03分にパノラマ台を後に次の白砂山へ向かう。 しかし、白砂山への登山道がなかなか見つからない。 5分ほど八雲神社近くをうろつき、やっとロープウエイ山頂駅前にあることが判る。 急な下り坂を九十九に降り、雑木林の中を暫く歩くと大きな奇岩の横を抜けるようになる。 登山道の傾斜が緩むとやがて白砂山分岐となる。 

画像
白砂山へは少し登り返し、稜線上を進むと突然前方が開け花崗岩の台地に11時30分に出る。 白砂山は何となく日向山の山頂部分をコンパクトにした様な所である。 山頂からの眺めは、与三郎岳からパノラマ台に続く稜線が眺められ、その山腹に真っ白い奇岩が紅葉の中に点在している。 

画像
ここでも暫くゆっくりし、その後下山を開始する。 白砂山への分岐まで戻り、獅子平分岐へ稜線の西側につけられた平坦な登山道を歩く。 落ち葉が積もり気持ちの良い登山道である。 暫く歩くと獅子平分岐を示す道標があり、獅子平への道を右に見送り稜線伝いに進む。 そろそろ昇仙峡口への分岐となるはずであるが、なかなか分岐が現れない。 「時間的には分岐が現れても良いはずだが?」と、思いながら進む。 「地図には分岐が判り難いとなっているが、まあ間違えても然程の山域でないので戻っても大した事は無い。」と、考え更に先へと進む。

画像
暫くすると道幅が広くなり始め、舗装こそ無いが車の轍がつき始め、ついには舗装道路となる。 更に進むとかなり広い車道にでて右に曲がり200mほど進むが、昇仙峡とは反対方向へ向かっている様で引き返す。 曲がった所まで戻り、今度はその反対方向へ進む。 

画像
15分ほど歩くと民家が現れ、畑仕事の人に道を聞くと、「そのまま降ればよい。」との返事が返ってくる。 13時30分に道路沿いの近戸神社にて小休止を取り、更に降るとバス道路に出る。 道路を渡った所に吉沢農協バス停があり、13時40分に本日の山行を終了とする。 バス時刻を調べると、13時55分で、出発まで農協前の青空市場を覗く。 市場のおばさんに現在地を聞くと、昇仙峡よりかなり甲府よりの所へ下山してしまった様である。 ここからはバスで甲府まで行き、電車を乗り継いで17時過ぎに町田に到着する。   



費用
電車代(町田→甲府) @¥1890
タクシー代(甲府→羅漢寺山登山口)@¥4480
バス代(吉沢農協→甲府) @¥490
電車代(甲府→町田) @¥189070

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック