10月25日に山仲間と奥多摩の御前山へ行ってきました

 2003年10月25日に山仲間と奥多摩の御前山へ行ってきました。
10月25日は定例の山行であったが、最近メンバーに案内を出しても参加者が無いため山仲間と二人で近場の山へ行く事とした。 春は片栗の花で有名であるが、秋は静かな奥多摩の御前山へ決定する。

画像
御前山は、春は片栗、秋は山栗,、どっちも栗? 山登りよりも栗拾いに奔走し、拾い集めた山栗は1Kg位であった。 小振りだがとっても甘くて美味しい。 持ち帰った山仲間はこれで栗飯を作って美味しく食べたとの事であった。 


実施日:2003.10.25(土)

参加者:2名

天候 :曇り

コース:小田急線上り始発車内集合→(小田急線)→登戸駅→(南武線)→立川駅→(青梅線)→奥多摩駅→(バス)→奥多摩湖→サス沢山→惣岳山(ソウガクヤマ)→御前山→鞘口山→避難小屋→大ダワ→(鋸尾根)→奥多摩駅→(青梅線)→立川駅→(南武線)→登戸駅


山行前日の天気予報では朝から晴れるとの予報が出ていたが、日の出前の空は星も見えない。 小田急線上り始発電車内で山仲間と合流し、登戸で5時30分発の南武線に乗換え立川へ向かう。 立川で6時05分発の青梅線に乗換え、さらに青梅駅で奥多摩行きの電車に乗り継ぐ。 電車の中は朝帰りの若者に混じって、多くの登山者が乗車している。 奥多摩駅に近づくに従い乗客数は少なくなり、終点奥多摩で降りた登山者は20名程度である。 7時30分発の小菅行きバスは既にバス停に停車しており、乗客は三々五々乗り込む。 バスは定刻に発車し、多摩川に沿って国道411号線を西に進む。 標高が上がるに従い、紅葉が美しくなってくる。

画像
バスは、途中何箇所かで乗客を降ろし、7時45分に奥多摩湖へ到着する。 我々は、釣りに来た中学生と伴に下車する。 我々以外の登山者は一名のみ。 ダム横の掃除の行き渡ったトイレで用足しを済ませ、7時58分に奥多摩湖バス停を後にする。 道は小河内ダムの堰堤を渡り、対岸の観光用広場へ出る。 広場にある表示に従い、石造りの階段で大ブナ尾根の登りが始まる。 途中、熊に注意の立て看板がある。 急な階段を登り切ると、南岸展望台の横に出る。 ここより標高差150mほどは広葉樹林の急坂の登りとなる。 標高741mの三角点を越えると少し傾斜は緩くなり、8時56分に奥多摩湖監視用のテレビカメラが設置されているサス沢山に到着する。 

画像
サス沢山の西側は開けていて、奥多摩湖から対岸の石尾根の稜線が眺められる。 サス沢山を越えると傾斜は更に緩くなり、稜線上に切り開いた防火帯の登山道となる。  

画像
このあたりは春に片栗の花が咲き乱れ登山者の写真の被写体になるが、今は山栗の毬と実が静かな登山道に落ちている。 栗を拾い集めながら登り、惣岳山に近くなると急な登りとなる。 10時09分に惣岳山の山頂に到着し、小休止をとる。
ここで今日始めて登山者と出会う。 山頂にも栗が落ちていて、二人で拾い集める。 惣岳山から御前山へは登山道の両脇に柵が設けられ、登山道以外の植生を保護している。 このあたりから日本山岳連盟主催の山岳耐久マラソンコースとなっていた。 

画像
丸太の階段の崩れたところを登り切ると御前山の頂上となる。 10時34分の到着である。 山頂には我々以外誰もいない。 山頂は立ち木で見晴らしは全く無い。 ここで唯一のテーブルを占拠し、お茶を沸かす。 お茶の後に、牛肉の大和煮缶を暖め、牛肉をおかずに、紅茶を飲みながらパンを食べる。 最後に大和煮の空き缶を使って拾ってきた山栗を煮る。 小さいがなかなか甘くて美味しい。 11時を過ぎると単独登山者が次々に3名登ってくる。 一時間弱のんびりし、11時20分に山頂を後に鞘口山と鋸尾根を経由しての下山を開始する。 崩れかけた丸太の階段を一気に標高差150m程降る。 稜線上の登山道は、植林帯と自然林の境目に付けられて小さなピークを幾つも越えながら標高1000m位まで下げてゆく。

画像
何となく今年の春に縦走した戸倉三山に似ている。 先行する単独登山者たちと抜きつ抜かれつで進む。 12時10分、舗装された林道が稜線を横切る大ダワ手前の避難小屋に到着する。 避難小屋からは林道を挟んだ反対側に鋸山が立ちふさがっている。 避難小屋を出ると、直ぐに林道となり、赤井沢側が土砂崩れで通行止めとなっているが、何台かの車が停まっている。 林道を渡り少し歩くと道が二手に分かれ、左へ折れ鋸尾根を経由して奥多摩駅へ向かう。 鋸山の中腹を巻くように、鉄梯子のある急坂を標高差100m弱登ると鋸尾根の背に出る。 尾根は岩稜の小さなピークが連なり、鉄梯子を幾つか越えながら標高を下げてゆく。

画像
13時10分に標高785mの見晴らしの良い鎖場コース分岐にて、最後の小休止をとる。 樹林のなかの九十九折れを降り続けると、突然舗装された道路へ出る。 道は愛宕神社のある愛宕山へと導かれ、神社の裏手を降る。 

画像
途中、250段近くの急な階段を降り、14時02分に奥多摩駅近くの昭和橋に到着する。 昭和橋の横の水道でストックを洗い、徒歩数分のところにある奥多摩駅へ向かう。 奥多摩駅からは計画より早く、14時17分発の電車に乗車し、青梅、立川を経由して登戸へ戻る。 登戸到着は16時過ぎであった。  


費用
電車代(登戸⇔奥多摩)@¥1640
バス代(奥多摩→奥多摩湖)@¥340

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック