7月3日に山仲間と久しぶりに瑞牆山へ行ってきました

2005年7月3日に山仲間と久しぶりに瑞牆山へ行ってきました。
過去に瑞牆山へ行った事はあるが、もう一度行って見たくなり今年の年間計画に盛り込んだ。 しかし、この山は金をかければアプローチが短縮されるが、二人での山行となるとコストが掛かりすぎる。 一度はテント泊を考えたが、結局6月の愛鷹山に続き自家用車を利用しての日帰り山行を計画する事になった。 前日、何時も一緒に行く山仲間の友人も参加するとの連絡が入り、結局山仲間の友人の車で行く事となった。

画像


実施日:2005.07.03(日)

参加者:3名

天候 :曇り時々晴れ

コース:私の自宅前集合→(自家用車にて中央高速経由)→瑞牆山荘発→富士見平→天鳥川上流→瑞牆山→天鳥川上流→富士見平→瑞牆山荘→増富温泉→(中央高速経由)→高津

山行内容
梅雨時期真っ最中の山行のため土砂降りの雨中行動を覚悟していたが、週中の天気予報と異なり、週末の関東と山梨県は梅雨の中休み状態となった。 前日の山仲間からの電話で、山仲間の友人が参加する事になり彼の自家用車で当家へ迎えに来ると事となった。 4時55分に大きな動く応接室のようなワンボックスカーで迎えに来てくれ、直ぐに乗り込み中央高速へ向かう。 
画像
5時18分には府中ICから高速に入り、一路須玉ICへ向かう。 現地の道路地図が無かったが、運良くナビケーションシステムが搭載されている為、とりあえず行き先を増富温泉と定めナビケーションに従う。 途中、6時12分に双葉ICにて休憩を取り、6時20分頃には須玉ICより高速から外れ一般道に入る。 ナビケーションにより道に迷う事も無く、増富温泉を通過し瑞牆山荘前には7時少し前には到着する。 20年程前はここまで未舗装道路であったが、瑞牆湖が出来た今では全て舗装されている。 駐車場は瑞牆山荘から林道を100mほど入った所にある。 標高が1500mほどあるので、ひんやりしていて涼しい。 大きな駐車場には、疎らに車が駐車してある。 紅葉の最盛期にはこの駐車場も満杯になるのであろうが、梅雨時期の今は閑散としている。 
画像
駐車場の片隅で脚ごしらえを終え、7時08分に駐車場を後にする。 瑞牆山への登り口は、一度100mほど瑞牆山荘へ降り、そこから登り始めるのであるが駐車場の隅から獣道か雉場道のような細い踏み後があり、そこを進むと直ぐに登山道と合流する。 この山は登山者が多いのか、登山道の表土が抉れ溝状になっている所が多い。 20分ほど鬱葱とした風も吹かない樹林の中を進み林道を横切る。 それと同時に汗が滲み出始める。 更に10分ほど登ると尾根上のベンチのある所に出、冷えた風が吹き抜け気持ち良い。 樹林の中の登山道が九十九折れになり始めると、水場と同時に林道終点のガードレールが登山道の脇に現れ、7時49分に富士見小屋へ到着する。 ここで最初の小休止をとり、軽くエネルギー補給を行う。 富士見小屋は扉を閉ざし無人のようである。 単独の登山者が周囲を散策している。 初参加の山仲間の友人は、ここまで結構きつかったようで直ぐに座り込む。 富士見小屋を出発すると直ぐに天鳥川の源流に沿って暫くなだらかな石畳の登山道を進む。 樹林の切れた所からは、瑞牆山頂上部の荒々しい石塔郡が見え始める。 20分弱歩くと急な降り坂となり、天鳥川の源流部へ降下し沢を渡る。 沢を渡り切ると直ぐに大きな割れた岩のある所を通過する。
画像 
大きな岩の横から梯子で登ると枝沢に沿って急坂が始まり、所々ロープがぶら下がったり梯子が掛かっている。 土が雨水に侵食され木の根が絡みスタンスの大きな登りが暫く続く。 標高が上がるに従い、登山道の脇に大きな岩が現れるようになる。 8時39分、鑢岩の所で二本目の小休止を取る。 この辺りから登山道は更に傾斜を増し、岩と木の根が入り組み更に登り難くなる。 おまけにトレースが何本もついている。 観音様のような石塔の基部を通過し、高度を稼いでいると朝早く登った登山者が集団で下山してくる。 滑りやすい岩や木の根を慎重に通過し、頂上に続く稜線上に出ると今までなかった風が汗まみれになった体を冷してくれる。
画像
花の散った石楠花の中を歩き、鉄梯子を登り切ると頂上部の岩が見え始める。 9時39分、標高2230mの瑞牆山に到着する。 山頂には途中で我々を追い抜いていった登山者が一名いるだけの静かな山頂である。 山頂部はガスが掛かっていないが、金峰山や八ヶ岳方面はガスで覆われ遠望は利かない。 先ずは、初参加の山仲間が持参した御握りを全員で平らげ、山頂からの高度感ある景色を堪能する。 記念写真を撮り暫く休んでいると金峰山のガスが切れ始め、山頂の五条岩が見えるようになる。 
画像
充分に山頂を楽しんだ10時13分に下山を開始する。  登ってきた道をそのまま引き返す。 所々で、これから山頂へ向かう登山者とすれ違いながらゆっくりと降り、天鳥川源流脇の割れた大きな岩の上部で11時丁度に小休止を取る。 歩きなれない山仲間の友人は大分脚にきているようである。 丹沢へは幾度か行かれた事は有るようだが、今回の瑞牆山は行動時間が短い割にはそれなりの急登があり辛かったようである。 暫く休んだ後、天鳥川を渡り急登を登り返し富士見山荘へ向かう。 富士見山荘には11時40分に到着し、最後の小休止後車の止めてある駐車場へ向かう。 富士見山荘からは大した段差も無く、12時13分に駐車場へ無事に到着する。 
画像
5分ほど帰り支度を行い、さっぱりする為に増富温泉へ向かう。 増富も村興しのためか、大きな観光用温泉を持っている。 12時40分から一時間ほど温泉に浸かり帰途につく。 途中、双葉SAで休憩をとり、川崎の二子新地には16時03分に到着する。
 




費用
高速代(中央稲城IC→須玉IC)¥3400
高速代(中央須玉IC→調布IC)¥3400
ガソリン代(160Km:32L)¥3840

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック