7月16日から二泊三日で塩見岳・間の岳・北岳を縦走してきました

 2005年7月16日から山仲間二人と塩見岳から間の岳を経由して北岳へ縦走してきました。
一年ぶりの南アルプス縦走に満足した山歩きでした。 しかし、今回は山小屋でよく酒を飲んだ! 

画像


実施日:2005.07.16(土)~18(月)

参加者:2名

天候 :7/16曇り時々雨
     7/17雨のち晴れ
     7/18晴れ

年間計画では白峰三山を縦走する予定であったが、折角なので友人が行った事の無い塩見岳もいれて縦走する事とした。 帰りの交通の便を考え、鳥倉林道から塩見岳、間の岳、北岳を経由して広河原へ下山するコース設定とした。 もっとも、梅雨末期の大雨の可能性を考えると、このコースの方が降りの岩場が少なく安全面からも良い。 

コース:
7/16
町田駅ホーム集合→(八王子、高尾、岡谷経由)→伊那大島駅→(タクシー)→鳥倉林道ゲート→鳥倉登山口→三伏峠小屋
7/17
三伏峠小屋→本谷山→権右衛門沢源頭→塩見小屋→塩見岳→北俣岳分岐→北荒川岳→小岩峰→熊ノ平小屋
7/18
熊ノ平小屋→三国平→三峰岳→間の岳→中白根岳→北岳山荘→北岳→小太郎尾根分岐→大樺沢二俣→広河原→(バス)→甲府→(八王子経由)→町田駅解散


山行内容
7/16

今回も山行前日まで中国出張が入り、前回の反省を元に暴飲暴食は慎んだが三日間全く歩かずの生活で脚が重たい。 地元駅の始発電車に乗車し、集合場所の町田駅へ向かう。 家を出る前にインターネットで天気予報を眺めると、梅雨明けのような気圧配置となっているが、梅雨末期の暴れ雨も覚悟する。 5時33分、町田駅ホームに入線して来た八王子行き電車内で友人と合流する。 八王子から高尾行きに乗換え、更に高尾始発の松本行き各駅停車に乗車する。 笹子トンネルを抜ければ天候が回復すると期待するが、相変わらずの曇天である。 途中駅で次々に登山者は下車してゆく。 上諏訪で豊橋行きの電車が停車していたが、乗り換えずそのまま岡谷まで向かい、結局同じ電車を待つ事となる。 飯田線は単線で殆どが無人駅となっていて、駅に着くたびに車掌が額に汗してホームを駆けずり回っている。 駒ヶ根駅では中央アルプスへ向かう登山客が10名ほど下車する。 伊那谷に入ると天気も良くなり始め、青空も望めるようになる。 11時35分、6時間掛かって各駅停車の旅が終わり、伊那大島への到着と同時に10名ほどの登山者と一緒に下車する。 直ぐに駅前から予約しておいたタクシーに乗車し、三伏峠まで最短距離の鳥倉林道の車止めゲートまで向かう。 伊那大島駅から天竜川を渡り谷沿いに走って行く。 中年の小柄な女性の運転手は、「昔は鳥倉林道の終点まで車が入れたが、終点付近に大鷹の巣があるため歩いて30分か40分の所に車止めが出来た」と話す。 途中、近道を通り12時35分に林道ゲートに到着する。 ゲート前にはあふれんばかりの数の自家用車が駐車している。 小屋の夕飯前には到着したいので、12時40分には計画書をゲート脇の計画書入れに残し出発する。 ゲートから2Km強の舗装された林道を標高差200m程度稼ぐことになる。 何時もの通り林道を快調にとばし、自家用車で来た前を歩く登山者を追い越して行く。 スタート地点の標高が高いため気温も低く、大汗かきの私も汗の出方が少ない。
 
画像
大きく谷を回りこみ30分ほどで鳥倉登山口に到着する。 登山口ではこれから登り始める登山者が休憩を取っているが、我々はその横をすり抜け直ぐに登山道へ入って行く。 針葉樹林の中についた登山道を九十九折れに登ると、13時35分に豊口山から南に伸びる標高1950mの尾根上にでる。 この頃より雷鳴が聞こえ始める。 この登山道は登り口から三伏峠までの間1/10、2/10と一定距離で標識が建っている。 13時51分、ついに雨が降り始め、合羽を着込み直ぐに出発する。 しかし、雨は直ぐに止み、合羽を着たままでは暑さだけが残り汗でビショビショになってしまう。
 
画像
14時12分、3/10の標識のある所で合羽を脱ぎ、ザックへしまい込む。 やがて登山道は豊口山から三伏峠へ続く尾根を絡むように樹林の中を東に進むようになる。 標高が上がるに従い、樹林に薄っすらとガスが掛かり始めてくる。 15時09分、7/10の標識を少し過ぎた所で小休止をとる。 この辺りまで来ると運動不足が祟り、脚がだんだん重たくなり始める。 登山道はやがて傾斜が少なくなり、塩川小屋からの路を左側から合わせると一登りで三伏峠に到着する。 16時05分の到着で、初日の行動は終了する。
 
画像
早速、小屋の宿泊手続きを済ませ、二階の寝床へ案内される。 思っていたより宿泊客が少なく、空いている。 寝床で荷物を整理し夕食まで外でのんびりしようと思っていた矢先、「夕食の準備が出来たので食堂へ・・・」の声が掛かる。 16時30分、第一陣の夕食が始まる。 まだ、到着の祝杯もあげていないので、食事をしながらビールを飲む。 夕食後、小屋の外へ出てみると、ついさっきまでガスで見えなかった塩見岳が樹林の間から眺められるようになる。 三伏峠から塩見岳を眺めるのも7年ぶりである。 18時過ぎに朝と昼用の握飯とお稲荷さんを詰め合わせた弁当を受け取り、行動用飲料水を各自500cc購入して横になる。


7/17
2時25分に起き、荷物を持って小屋の外へでる。 外は星も無く真っ暗である。 ベンチで朝食の弁当を半分食べ、3時12分にキャップランプを灯し小屋を一番で出発する。 夏場には素泊まり小屋となっている冬季小屋とテント場の脇を抜け樹林の中を進む。 峠より標高差50mほどの三伏山を過ぎ、だらだらと小さなピークを超えながら標高2490mの鞍部まで行くと、やがて本谷山の登りとなる。 ここから標高差170mの本谷山への登りが始まる。 空が曇っているのでなかなか明るくならず、ただひたすら足元だけを眺めての緩い登りが続く。 気温が低いので汗もかかず、快適に歩ける。 薄っすらと明るくなり始めた4時10分に、周囲の開けた本谷山に到着し朝食弁当の残りを食べる。 本谷山を出ると、直ぐにまた樹林の中に入り小さなピークを越えながら徐々に高度をさげて行く。 その内、稜線伝いの登山道は権右衛門山の南側斜面をトラバースするようになる。 5時14分、今回の縦走路で最低高度となる標高2420mの権右衛門沢源頭に到着し小休止をとる。 源頭には2名の登山者がツエルトでビバークしている。 おそらく小屋のテント場まで辿り着けず、水場のあるここを選んだのであろう。 出発の直前で雨が降り始め、ザックカバーを着け合羽の上着を着込み出発するが、直ぐに雨が多くなり合羽のズボンも着用する。 塩見小屋まで標高差350m弱の登りは、始め傾斜が急であるが小屋に近づくに従い緩み始め、樹木の背も低くなる。 
画像
5時57分、森林限界から出ると共にガスに囲まれた塩見小屋に到着する。 小屋前で小休止し、弁当を少し食べる。 ここからは完全に森林限界を超える。 小屋の横から少し登ると、突然ガスが晴れ塩見岳の全貌と今まで歩いてきた稜線が見渡せるようになる。

画像 
慌ててカメラを取り出し写真を撮りまくる。 ここまで全く登山者とすれ違わなかったが、塩見小屋泊りの登山者が塩見岳に向かって大勢登っている。 歩き始めると直ぐに天狗岩へのザレ場の登り斜面となり、更に天狗岩上部に近づくに従い岩場となる。 風が強く手袋をはめていない手が冷たくなり始める。  天狗岩のほぼ上部に来た所で東側斜面をトラバースし、今度は塩見岳との鞍部へ少し降る。 ここから塩見岳を見上げると覆い被さるような斜面が待っている。 塩見岳の東側斜面の急な岩場は緊張感が有り、疲れを感じさせない。 
山頂に近づくに従い傾斜が緩み、7時17分に標高3047mの三角点がある塩見岳西峰に到着する。 稜線にかかっていたガスが晴れ高曇りの空の下、近くの赤石岳、北岳、八ヶ岳から北アルプスの穂高から槍ヶ岳まで遠望できる。
 
画像
吹曝しの頂上で手早く記念写真を撮って、塩見岳東峰へ向かう。 東峰頂上に到着すると同時に、9名のパーティーが間の岳方面へ向けて出発して行く。 我々も後追うように、7時30分に塩見岳を後にする。 山頂からの下り道は登りほどの傾斜は無い。 直ぐに前を行くパーティーを追い越し、主稜線より蝙蝠岳への分岐手前に到達する。 風の少ない所を選んで、弁当の残りを食べる。 蝙蝠岳への分岐を過ぎると、標高差250m程度を降りここからはアップダウンの少ない森林限界を超えた気持ちの良い稜線散歩となる。 行動時間に余裕があるため、8時36分に雪投沢分岐を過ぎたあたりで小休止をとる。
 
画像
振り返ると塩見岳が随分遠くなっている。 この頃になると雨も完全に止み、天候が徐々に回復し日が射すようになり始めるがまだ風が強く合羽を着たまま歩く。 稜線の西側が鋭く切れ落ちるようになると、登山道は稜線を離れ樺帯とお花畑に入り降ってゆく。 稜線から離れた為、風が無くなり更に登りが始まると暑くなる。 登山道が稜線に近づき、森林限界から出ると小さな小屋が建っているキャンプサイトに出る。 キャンプサイトを横切り9時13分に北荒川岳に到着する。 暑くてたまらず合羽を脱ぐ。 ここまで来ると白峰三山の荒々しい農鳥岳や間の岳が三国沢越に迫ってくる。 北荒川岳を過ぎると一気に森林限界の下に潜り込み、樹林帯の中を歩くようになる。 細かいアップダウンを繰り返しながら稜線の東側を横切って行く。 樹林の中を歩くのが飽きてきた10時30分に小さなお花畑の脇で小休止をとる。 小休止後10分ほど歩いた10時50分に突然岩峰帯へ飛び出し、展望の利く小岩峰に到着する。
 
画像
少し前に小休止を取ったばかりであるが、あまりの展望の良さでここでも休む事にする。 ここからは稜線下の樹林の中に、今日宿泊する熊ノ平小屋が意外と近くに見える。 展望を十分楽しんだ後、見えた小屋を目指してまた樹林の中へ入って行く。 安部荒倉岳の東側を巻きながら平坦な登山道を進むが、なかなか熊ノ平小屋に着かない。 そろそろ行動開始から9時間近くとなり、樹林の中を歩くのも飽きてきたころ登山道が下がり始める。
 
画像
標高差100m弱を降り、12時10分に宿泊地である熊ノ平小屋に到着し、小屋の従業員らに迎えられる。 宿泊する登山者は我々以外に到着していない。 玄関にはお風呂千円とかいてある。 宿泊の手続き後、二階の宿泊者用の部屋へ案内させる。 この小屋は東海フォレストの経営で、千枚小屋や百間洞小屋のモデルになっている。 荷物を部屋において、農鳥岳が見渡せるベンチのあるテラスでビールを飲んでいると小屋の管理人が来て一緒に飲み始める。 飲んでいると一人また一人と登山者が到着する。 小屋の親父は「ここは南アルプスで一番奥地にある小屋なので、宿泊者も少ない。」と教えてくれる。
 
画像
そうこうする内に到着した登山者も交え、宴会が始まり小屋の親父から酒をご馳走してくれる。 16時30分に「夕食の準備が出来た・・・」との案内で一斉に食堂へ向う。 夕食後寝床にいると、小屋の親父から「空いているので何処で寝ても良い。」と云われる。 18時前に翌日の朝食と昼食の弁当を受け取り、寝る。


7/18
2時30分に腕時計のアラームに起こされ、荷物を持って小屋の外へ向かう。 下駄箱前で登山靴を履き、小屋前のベンチへ向かう。 空は昨日の朝と違い、満点の星で埋め尽くされている。 暫く空を眺めていると暗さに目が慣れ天の川が浮き出してくる。 朝食の弁当を半分食べ、水の補給を行い3時02分にキャップランプを灯して小屋を後にする。 テント場の横を抜け傾斜の無い登山道を暫く進み、井川越の鞍部から間の岳へ向けて登り始める。 樹林の中の九十九道を暫く登ると徐々に樹木の背が低くなってくる。 星空を見上げると、人工衛星がゆっくりと動いてゆくのが判る。 3時42分に農鳥小屋への道を分け、森林限界を超えた三国平に到着し朝食の残りを食べる。 東側の水平線上が薄っすらと明るくなってきているのが判ると同時に、星の数がどんどん減ってゆく。 ここからは広く緩い傾斜の登りが三峰岳の手前まで続く。 4時を過ぎるとキャップランプの灯は必要なくなり、稜線が徐々に狭くなると両側が切れ落ちた岩稜帯となる。 
画像
間の岳と農鳥岳の間からピンク色に染まった空をバックに富士山が眺められるようになる。 小さなピークを幾つか超え、4時42分に標高2999mの三峰岳に到着する。 狭い山頂で大きなケルンのある三峰岳は長野県、山梨県、静岡県の県境上にあり、360度の展望が楽しめる。 

画像
北西方向は仙丈ガ岳からの仙塩尾根が眼下に続き、東は間の岳が覆い被さるように見え、南東方向は農鳥小屋が下に見え朝日でピンク色に染まる農鳥岳がドッシリと構えている。 南には赤石から塩見岳と、そこから歩いてきた稜線が眺められる。 暫く景色を楽しみ、間の岳を目ざしてまた登り始める。 間の岳まで標高差200m強あるが、展望も良く、白峰三山の西側を登るため日陰で涼しく汗もかかない。 間の岳の山頂に近づくに従い、尾根が広く傾斜も緩くなり、朝日があたるようになる。

画像
5時35分、標高3189mの間の岳に到着する。 まだ時間が早く、登山者は殆んどいない。 ここからの眺めも最高に素晴らしい。 
白峰三山の稜線と赤石岳、塩見岳からの稜線も一望できる。 何時まで眺めていても飽きないが、最終日二つ目の目的地である国内第二高峰の北岳を目指し稜線を歩き始める。 間の岳から中白峰岳への稜線を降り始めると、間の岳へ向かう空荷の登山者とすれ違うようになる。 おそらく北岳山荘からピストンしているのであろう。 3000mの稜線散歩を楽しみながら、間の岳から一気に高度を下げ、少し登り返すと標高3055mの中白峰岳となる。
 
画像
6時33分の到着で、写真だけ撮り北岳山荘へ向けて標高差150mの降下を開始する。 降下するに従い北岳がどんどん大きくなり前面を立ちはだかるようになる。 7時01分、北岳山荘に到着し、北岳への登り返しに備え昼飯用弁当を平らげる。 おかずが色々あって美味しい。 20分ほど小休止をとって、北岳へ標高差300mの登りにかかる。 直ぐに、八本歯のコルからのトラバース道を合わせる。 早朝の登りと違って日に照らされ暑く汗が滲み出てくるが、足元の可愛らしい高山植物を眺めながら、標高差200mほど登ると八本歯のコルからの直登ルートを合わせる。
 
画像
そのあたりから急な岩場が暫く続き、我慢して登ると突然北岳山頂にでる。 8時30分、標高3192mの北岳へ到着する。 山頂からの展望は間の岳以上に素晴らしく、北アルプスまでも見渡せる。 山頂に20分ほど滞在し記念写真を撮った後、広河原へ向けて下山を開始する。 

画像
 当初計画では、八本歯のコル経由で下山する事にしていたが、登山者の数が比較的少ない小太郎尾根分岐から右俣コースを使うことにする。 景色を楽しみながら先ずは北岳肩の小屋へ向う。 9時10分、北岳肩の小屋を通過し、途中で北岳バットレスを横から眺めてみる。 

画像
9時33分、小太郎尾根分岐に到着し、これから稜線を離れ大樺沢二俣経由で広河原へ降るために靴の紐を締めなおす。 標高差100mほど降ると白根御池へ向かう草すべりルートと、大樺沢二俣へ向かう右俣ルートの分岐となる。 ここから森林限界の下に入り、右俣ルートを大樺沢二俣まで標高差640m降る。 直ぐに斜面一面に広がるお花畑が次々に現れ、目を楽しませてくれる。

画像
10時03分、お花畑も終わり、いよいよ樹林の中を二俣に向かう。 10時20分、大樺沢二俣に到着し小休止をとる。 二俣では登り降りの大勢の登山者が雪渓の脇で休んでいる。 八本歯のコル経由で大樺沢を直接降りてくる登山者が、蟻の列のように眺められる。 15分ほど休み、大樺沢の左岸に沿って降り始める。 だらだらと長く飽きの来る降りである。 途中、第二崩壊地手前で沢を右岸に渡り避けるが、崩壊地が完全に終わる前に再度左岸に渡る。 崩壊地の最後の部分を足早に通過し、また樹林の中の登山道を降る。 その内、第二崩壊地ほどの崩壊規模が無い第一崩壊地が現れる。 ここを通過すると登山道が枝沢の流れの中に幾度も入り込むようになる。 11時38分、白根御池への登山道分岐となり最後の小休止をとる。 ここから広河原までは20分程度である。 鬱蒼と茂った樹林の中を歩き広河原ロッジの横を抜けると、直ぐに野呂川の右岸にでる。
 
画像
最後に吊橋を渡ると広河原に到着する。 12時05分、計画より2時間半程早く事故も無く広河原に到着する。 丁度、甲府行きの快速バスが目の前を通り過ぎてゆくので、手を上げて停める。 「立ち席であれば乗せる。」というので、そのまま乗車する。 バスが芦安村の駐車場に停まると、半分以上の乗客が下車し我々も座席に座れるようになる。 14時丁度に甲府駅前に到着する。 先ずは、駅ビルのトイレで三日間も着ていたTシャツを取り替え、さっぱりしたものが欲しく蕎麦屋に入りおつまみと生ビールを注文する。 久しぶりに歩き回ったので脚がだるいが、ビールは気持ちよく喉を通ってゆく。 二人で地図を広げ、歩いてきた所を眺めながら無事下山を祝して酒を飲む。 1時間ほど酒を飲み蕎麦と饂飩を食べ、15時24分の特急グリーン席で帰途に着く。 八王子で電車を乗換え17時には町田で解散した。
 

費用
電車代(町田→伊那大島) @¥4310
タクシー代(伊那大島→鳥倉林道終点)@¥10800
三伏峠小屋(一泊一食二弁当)@¥8500
熊ノ平小屋(一泊一食二弁当)@¥8500
バス代(広河原→甲府)   @¥1900
電車代(甲府→町田、特急G)@¥4870

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック