5月2日からツアーで東吾妻山と磐梯山へ行ってきました

 2004年5月2日からツアーで東吾妻山と磐梯山へ行ってきました。
3月初旬の山仲間の定例会で、5月連休には雪のある山へ行こうとの話から、東吾妻山と磐梯山の登山ツアーに参加することとした。 磐梯山は百名山の一座でもあり、個人で計画するより安上がりである。 過って、冬山の経験もある山仲間も誘い三人で参加した。

画像
久しぶりの春山で、心もウキウキ! この季節は靴も汚れないし、気温もさほど高くないので最高です。  


実施日:2004,05,02(日)~03(月)

参加者:女性11名、男性20名

天 候:5/2快晴
   5/3晴れのち曇り

コース:
5/2
上野公園口駐車場集合→(バス)→浄土平→姥ケ原→東吾妻山→姥ケ原→(鎌沼、酸ガ平経由)→浄土平→(バス)→裏磐梯・ホテル白雲荘
5/3
裏磐梯・ホテル白雲荘→(バス)→八方台→中ノ湯→弘法清水→磐梯山→弘法清水→中ノ湯→八方台→(バス)→裏磐梯・ホテル白雲荘→(バス)→上野解散



5/2は東吾妻山の登頂です

 7時15分出発との事で、上野の集合場所へ6時45分に到着する。 集合場所には色々なバスツアー参加者が各ツアー受付場所に群れを成し、次から次にバスが駐車場へ入ってくる。 受付場所を探していると山仲間と合流し、暫くすると受付が開始され同時に初日の昼食用弁当が配られる。 7時少し過ぎにもう一人の山仲間も合流を完了し、乗車するバスへと向かう。 バスは小型バスで登山靴を履いていると座席間隔が異常に狭く感じる。 7時15分、予定時間に参加者全員の集合が完了し、バスは上野を出発する。
画像
バスは首都高速から東北自動車道へ入るが、直に渋滞につかまる。 予定ではお昼頃に東吾妻山登山口の浄土平へ到着し、そこで昼食となるがとてもその時間には到着しそうも無い。 9時には腹が減ってきて、配られた弁当を食べる。 量は少ないが、意外と美味い。 バス内では添乗員がよく喋り捲り、また参加者の何名かはそれに答えて漫談をやっているようである。 9時37分に羽生PAを11時37分には那須PAへ立ち寄り、12時47分にやっと西福島ICより高速道路を降りる。 バスは高湯温泉を経由して、磐梯吾妻スカイラインへ入り13時45分に浄土平に到着する。 ここでガイドがお昼頃より待っていたようである。 駐車場は自家用車で来た観光客でごった返し、直ぐ近くの標高差100m程度の吾妻小富士へも列を成して登っている。 バスの中に不要な荷物を置き、東吾妻山への登山準備を行う。 

画像
今年は例年以上の積雪があったが、暖かくなるのが早かったため雪の解けるのが速く、既に夏道が顔を見せ折角持参したアイゼンは不要との事であった。 準備運動の後31名の参加者を一班6名として5班の編成とし、14時05分に標高1570mの浄土平駐車場を出発する。 予定していたコースは、鎌沼を経由しての登頂であったが、雪が少なく出発時間が遅くなったため逆コースを取るとの事であった。 標準タイムで2時間30分程度のコースであるが、4時間30分をかけての往復である。 暫くはロープの張られた火山岩の道を西へ向い、小川を渡ると雪解け水の流れる登山道が始まる。 道は酸ガ平への道を右に分け、緩い傾斜を登ると雪原が現れ雪原をトラバースするように登り始める。 雪原を半分ほど登った所で衣服調整のための立ち休みを取る。 31名のパーティーは流石に長い。 自分も参加しているが、一般登山者から見れば迷惑極まりない。 14時45分、雪原のほぼ上部で小休止となる。 弁当は全て食べてしまっているので、山仲間が持参したパンとハムとチーズを三人で分けて行動食とする。 

画像
雪原を登り終わると、傾斜が更に緩くなり木道が現れる。 蓬萊山の南側を過ぎると鎌沼が見えるようになる。 沼には未だ雪が残り、初春の尾瀬のような風景である。 15時05分、標高1775mの酸ガ平と東吾妻山分岐である姥ケ原となり小休止を取る。 東吾妻山への道は、直に木道が無くなり雪解け道となる。 しかし、針葉樹林帯に入るや積雪1mほどの雪上の道へと変わり、木々の間を縫って登ってゆく。 所々に標識の赤布が木の枝に結び付けてある。 時々雪に埋もれた枝が薄くなった雪を押しのけて立ち上がってくる。  

画像
邪魔な枝を押しのけながら登ってゆくと、突然積雪が無くなり荒涼とした火山レキの登山道へ変化する。 そこを5分ほどで登リ切ると、標高1975mの東吾妻山頂上へ15時50分に到着する。 山頂は広々としていて、冷たい風が吹き抜けている。 東側の眼下には吾妻小富士が火口をこちらに向けて真近に見え、西側は中吾妻山が、南西側には明日登る磐梯山が眺められる。 また北側には一切経山が望める。 参加者は先を争って山頂標識の前で記念写真を撮る。 しかし、標識の表側に立つと逆光となってしまうため、山仲間が紙にマジックインクで山名を記載し、それを持って山頂標識の後ろ側で代わる代わる記念写真を撮る。 16時05分、山頂を後に浄土平へ向けて下山を開始する。 我々3名にとっては登りと違って雪上の降りは楽であるが、雪上に慣れていない参加者もいて隊列が伸びてゆく。 姥ケ原には16時30分に到着し、隊列を整えるために先着者は小休止する。 

画像
ここからの降りは、鎌沼の辺を通過し酸ガ平を経由して浄土平へ降りるルートを取る。 暫くは木道が続くが鎌沼に近づくに従い雪に覆われ雪上を歩くようになる。 まだ水面には雪が解けずに流氷のように漂っていて美しい。 沼の北側へ回り込み沼が終わり酸ガ平に入ると木道となる。 一切経山への道を左に分けると谷沿いに詰まった雪上を降るようになる。 標高差100mほどを下がると夏道となり、そこを降り切ると登りに分けた分岐へ戻ってくる。 浄土平の駐車場へは17時30分に到着し、初日の登山を終了する。 ガイドとはここで別れ、我々は17時48分に今夜の宿である裏磐梯・ホテル白雲荘へ向かう。 車中では山仲間が浄土平で購入した日本酒を三人で分け、私の持参した缶詰を酒の肴に反省会を開始する。 桧原湖と小野川湖の間にある裏磐梯・ホテル白雲荘には18時43分に到着し、風呂に入る時間も無く19時より夕食が始まる。 ガイドが差し入れた酒を頂きながら一時間ほどかけて夕食を摂り、温泉へ浸かり21時には床へ着く。 



5/3はいよいよ磐梯山登頂です

宿の都合で朝食は7時30分でないと始まらないが、山へ行くと何故か朝早くおきてしまう。 既に太陽が昇った4時50分には耐え切れずに床を抜け出し窓の外を見ると、宿の裏手には水芭蕉が群生し空は良く晴れている。 早速、山仲間と朝風呂へ向かう。 風呂から出ても朝食までには時間が有り余るので、磐梯山が良く見える所まで一時間弱の散歩へ出かける。 道路の脇には土筆や蕗のとうがあちこちに芽生えている。 暫く歩き磐梯山が良く眺められる所で写真を撮り、ノンビリと宿へ戻るがまだ時間が有り余る。
画像
7時頃にはツアー参加者の殆どがロビーに集まり朝食を待ち、7時20分には待ちきれず食堂に入り込む。 7時35分には、朝食も終わり弁当をもらって食堂を引き上げバスへ向かう。 予定通り8時丁度にバスは宿を出発し、登山口である磐梯山ゴールドライン途中の八方台へ向かう。 15分ほどで八方台に到着し、昨日と同様に不要な荷物をバスにデポして登山準備を行う。 ここで、今日のガイド2名に合流する。 磐梯山も昨日と同様に積雪が少なく、アイゼン不要との説明を受ける。

画像
準備体操を行い、8時30分に八方台の駐車場を後にする。 登山道は道路を渡り、ブナ林の中に入ってゆく。 ブナ林の登山道は中ノ湯へ向かう林道で、雪に覆われている。 緩い傾斜をゆっくりと登ってゆくと、やがて硫黄の臭いがしてくる。 8時57分、中ノ湯に到着し小休止となる。 中ノ湯は4年程前に営業を止めてしまっているが、小屋の前の池には温泉が懇々と湧き出し、今でも十分に使えるようである。 ここで、ガイドが雪上の歩き方、ストックの使い方の講釈を延々と述べる。 自分では判っている歩き方を言葉で教えるのはなかなか難しいが、さすがプロだけあって要領よく話す。 16分ほどの小休止が終わり中ノ湯を後にし、いよいよ尾根上に取り付く登りとなる。 登山道に雪が詰まり、雪の重みで倒れた枝が邪魔して歩きにくい。 徐々に高度を稼ぎ北側がガレた尾根上の見晴らしの良い所で、伸びきった隊列を纏めるために9時36分に立ったままの小休止をとる。 対岸のガレた尾根からは、活火山の証拠である水蒸気が立ち上っている。   

画像
標高1480mあたりからは、尾根をトラバースするようになる。 トラバースルートは殆ど雪がついていないが、小さな山襞には雪が詰まり急傾斜の雪上トラバースを何箇所か越える事になる。 そのうちの一箇所は降り気味の所をトラバースするため、フィックスドロープが張られ、安全のため一人一人が渡ってゆく為、やたらと時間がかかる。 順番を待っている内に山仲間が雉撃ちを催し、絶えかねて雉場を求めてパーティーより先行する。  

画像
10時38分、トラバースが終わり見晴らしの良い雪原上で小休止となる。 ここでさっぱりした顔の山仲間と再会する。 この先の夏道登山道は、更に雪が詰まり歩きにくいので雪原の斜面を登ってゆく。 

画像
天気もよく気持ちが良い。 20分強雪原を登った所でブッシュを掻き分け夏道へ戻り、少し歩くと弘法清水小屋に到着する。 時間は11時18分である。 ここで、昼食の号令がかかり、山仲間が小屋名物のナメコ汁を三人前注文しベンチで昼食とする。 空を見ていると雲量が増え、ついには頂上部にガスがかかるようになる。 11時54分、ここまでパーティー全体の足を引っ張っていた女性一名を残し頂上へのアタックを開始する。 大半の参加者はザックを小屋前にデポしての登りであるが、我々3名はザックを背負って登る。 弘法清水の脇から登ると直ぐに急な雪面となり、直登する。  

画像
雪面が終わると夏道が現れ、10分ほどで待望の磐梯山山頂へ12時26分に到着する。 運良く、ガスが薄くなり、南側に田沢湖が海のように広がって眼下に見える。 山頂は我々以外にも大勢の登山者でごった返している。 ここでも先を争って山頂標識前で記念写真の撮影会が始まる。 15分ほどして山頂直下の小屋前に再集合し、下山を開始する。 急斜面の雪面まですんなりと降り、雪面は各自勝手に降り始める。 傾斜があるのでかなりの参加者はお尻をついて、尻制動で滑り降りる。 我々3名は、キックステップとストックを支点にしてグリセードで降下する。 「アッ」と云う間に急斜面を滑り降り、更に弘法清水小屋前の雪面も滑り降り13時09分に小屋へ到着する。 ここからは登って来た道を使って一気に八方台の駐車場へ降り、14時42分に到着する。 バスは14時50分に駐車場を出発するが、国道459号線が大渋滞となっている。 裏磐梯・ホテル白雲荘の到着したのは16時となり慌てて風呂に入り16時50分に帰路へ着く。 磐越道は順調であったが、東北自動車道に入るや大渋滞。 途中、17時55分と20時50分にSAへ立ち寄り、上野へ到着したのは23時20分となった。 参加者の何名かは終電も終わり上野近くに宿泊を余儀なくされたが、我々3名は無事終電を乗り継いで帰宅できる。 自宅へ着いたのは、日も改まった1時近くであった。 ゴールデンウイークのバスツアーはそれなりにリスクがある。



費用:近畿ツーリスト参加費用
@¥29,800


ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック