3月12日から一泊二日で雲取山へ行ってきました

2005年3月12日から一泊二日で雲取山へ行ってきました。
3月初旬はここ数年恒例となった雲取山一泊二日の山行を行うように年間計画を作った。 積雪状況が心配であったが、雲取山荘予約時には山荘前で90cmとの情報があった。

画像
この季節でも雲取山は日帰りできるが、やはり山小屋へ泊って雪の山を満喫したい。 特に雲取山荘は、炬燵に足を突っ込み暖かく寝れるところが良い。 毎年恒例となった雲取詣では何時までも続けたい。


実施日:2005.03.12(土)~13(日)

参加者:2名

天候 :3/12晴れ後曇り
3/13晴れ

コース:
3/12 小田急線新百合ヶ丘下り始発車内集合→(小田急線)→登戸駅→(南武線)→立川駅→(青梅線)→奥多摩駅→(タクシー)→鴨沢→小袖乗越→小袖→堂所→ブナ坂→小雲取山→雲取山→雲取山荘
3/13 雲取山荘→雲取山→小雲取山→ブナ坂→堂所→小袖→小袖乗越→鴨沢→(バス)→奥多摩駅(青梅線)→立川駅→(南武線)→登戸駅


3/12
今年は降雪回数が多く奥多摩の山々もかなりの積雪が見込まれ、家を出る時にはカンジキを持参する。 前日の雨は止み、濃い霧が覆っている。 濃霧で2分遅れの上り始発電車内で山仲間と合流し、登戸へ向かう。 山仲間はカンジキを持って来ていないとの事で、帰りの着替えと共に登戸駅のコインロッカーにカンジキも放り込む。
 

画像
5時30分の立川行き電車に乗車する。 立川からは6時04分の青梅線に乗換え、さらに青梅駅で奥多摩行きの電車に乗り継ぐ。 青梅の手前辺りから濃い霧が晴れだし、太陽が顔を出し始める。 車内は殆ど登山者の姿は見えず、途中駅で釣り客が降りて行く。 沿線の梅の花も三分咲き程度で、春をにおわせ始めている。 御岳を過ぎた辺りでスパッツを着ける。 7時17分、奥多摩駅に到着後、駅に一台しか常駐していないタクシーを確保に走る。 タクシー運転手の待機室前にタクシーが一台停車してあるが運転手がいない。 おそらく待機室で仮眠を取っているの様なので、電話をかけて運転手を起こす。 何回か電話して、やっと運転手が待機室から出てくる。

画像
7時30分に奥多摩駅を出発し、小袖乗越へ向かう。 運転手も私と同じ花粉症のようで、ティッシュペーパで頻繁に鼻を拭いている。 7時56分、舗装された林道を歩いている登山者を追い越し、小袖乗越に到着する。 雪は所々雪が残っているが、2年前の大量積雪程でなく、また昨年のように殆ど雪の無い状態でもない中間辺りである。 8時03分にフリースとカッターシャツをザックに押し込み、登山を開始する。 所々にある残雪を踏みしめながら、日当たりの良い緩慢な登山道を登って行く。 前を行く登山者を追い越し、15分ほど登ると既に廃墟となった民家の脇を通過する。 更に17分程で標高1000mの小袖部落最上部に位置する民家の廃墟跡に達する。  

画像
気温は徐々にあがり、汗が出始める。 標高1000mを越えたあたりから徐々に登山道に雪がつき始める。 8時55分に水場を過ぎ、尾根上に出た堂所へは9時15分に到着する。 昨年も休んだ、堂所から少し上部の広い所で最初の小休止をとる。 昨年まで木陰をつくっていた大木が途中から見事に折れている。 おそらく昨年末の大風で折られたのであろう。 この辺りから私の花粉症が症状を見せ始め、鼻水とくしゃみが始まる。

画像
堂所を出発し、暫く進むと、登山道が大きくV字のように右へ曲がっている。 真っ直ぐ行く道には斜めに木が置いてあり、右方向は七ツ石山、雲取山の標識がある。 ここで何故かこの閉鎖された道へ入ってしまう。 アイスバーンになった僅かな降りを越えると積雪が急に増えノートレース状態となるが、道は確りとついている。 大きく弧を描くような道は徐々に高度を稼ぎ始め、山襞を一つ越える。 また同じ様に山襞に弧を描くような道となるが、膝まで潜り込む積雪が延々と続く。 どうやら道を間違えたらしい。 時間もあるし、今更引き返すのも面白くないので、更に進むと今度は道が降り始め、崩壊地を越えると今度は登り始める。 植林帯の中に縦横に作業道がつけられている。 植林帯の中につけられた急な作業道を登り続ける。 

画像
標高1400mを越えたあたりで、蜜柑畑にあるようなモノレールの軌道にぶつかる。 軌道は稜線に沿って上部へ伸びている。 10時36分、稜線から周囲を見渡すと七ツ石と防火帯となっているブナ坂が確認できる。 地形図で現在地を確認すると七ツ石の巻き道よりかなり南にそれている。 軌道伝いに登れば、七ツ石の巻き道にぶつかるようなので、軌道に沿って登る。 途中、雪の吹き溜まりに何度もはまり込みながら進む。 11時04分、標高1500mを少し越えた所で小休止を取る。

画像
更に15分ほど進むと軌道の終点となる。 軌道の終点は駅のようになっており、直ぐ脇に終点駅であるとの標識がある。 終点から上部を見ると、50mほど先に見覚えのある巻き道がついている。 これでやっと本道に戻れる目処が立った。 巻き道にあがる所に、「これより先は作業道につき立ち入るな」との看板がある。 巻き道に出た所は、七ツ石山頂への登り口分岐上部で、巻き道の急登が終わりブナ坂へ七ツ石の斜面をトラバースする緩い登山道となり始めた所である。 さすがに踏まれた雪の登山道は歩きやすい。  

画像
11時45分、ブナ坂に到着し小休止を取る。 ここまで道を間違えた為に一時間ほど時間を無駄にしたが、予定通過時間にはまだ充分余裕がある。 私は鼻炎で鼻から呼吸が出来ず、おまけにトップでのラッセルが続いたので意外に消耗する。 15分ほど小休止を取り、広々とした防火帯の登山道を登り始める。 少し進むと西側が開け、富士山が裾野まで見えるようになる。 雪の上につけられたトレースを外すと、膝くらいまで潜り込む所もある。 

画像
町営奥多摩小屋を通過し、小さなピークを巻き、小雲取への急登を登り13時07分に小雲取への最後の急登直下で小休止をとる。 この頃になると日も陰り、冷たい風が吹き始める。 小雲取への道は夏道と異なり雪上に直線的に付いている。 

画像
時々、日帰りの登山者とすれ違いながら標高を稼ぎ13時25分にピークに達し、小雲取からは稜線をトラバースするように樹林の中を抜ける。 そうすると見晴らしの良い防火帯の登山道となる。 景色を眺めながらのんびりと雲取山頂へ向かう。 雲取山への最後の坂も夏道と異なり、雪の上を避難小屋へ直登している。 段差が大きくなったトレースを登り、13時50分に避難小屋へ到着する。 風が強く寒いので、直ぐに避難小屋の中へ入り込む。 小屋の中は少し前に追い抜いていった避難小屋泊りの登山者が一名いるのみである。 

画像
小屋の土間でアイゼンを装着し、山頂標識のあるピークへ向かう。 高曇りで少しぼんやりしているが、大半の山の確認はできる。 写真を撮り、景色を楽しみ、14時15分に宿泊場所の雲取山荘へ向けて降り始める。 山荘へは北側斜面を降りる事になるが、雪上に確りしたトレースが付けられていて難なく降下できる。 

画像
二年前は降雪後のノートレースを一時間ほどかけて降ったが、今回は夏と変わらない時間で降下し、14時33分に雪に覆われた雲取山荘に到着する。 これで、初日の行動は無事に完了する。 早速、山荘の宿泊手続きを行う。 部屋は1の1で、今日最初の到着者との事である。 因みに今日の宿泊者数を聞くと50名程度との事であった。 昨年と同様一部屋を二人だけで占有でき、荷物をもって部屋へ向かう。 部屋の中には暖かくなっている炬燵があり、先ずは脚を突っ込む。 

画像
15時から玄関脇のホールにあるストーブを囲んで、山仲間が持ち上げた1リットルの日本酒を飲み始める。 その内、山荘のオーナーが一緒に話の輪に入り込み色々な話を始める。 話を聞いているとこの山荘は3億円もかけて建設したとの事、また雲取山荘の少し下に建つ雲取ヒュッテもオーナーの持ち物である事が判る。 徐々に宿泊客も多くなり酒も無くなった16時頃に一度部屋へ戻って18時の夕食まで昼寝をする。 

画像
18時に山荘の従業員が、夕食が出来た事を伝えに来る。 食堂へ向かうと既に半数くらいの宿泊者が夕食を摂っている。 内容は前回と同じである。 20分ほどで夕食も終わり、ホールのストーブで暖まった後19時前には部屋へ戻り炬燵に脚を突っ込み横になる。  



3/13
 早く寝たため、5時には寝てられなくなり起床する。 窓に二重になった障子戸を開けると空が薄明るくなり始めている。 ガラスに着いた水蒸気はきれいな氷の結晶となっている。 

画像
朝食は5時30分からで待ちかねた宿泊客が奥の席から詰めて行く。 今日の我々の行動は鴨沢へ下山するのみの為、急ぐ事は無いが、何となく朝食時間に遅れるのも気が引けるので5時35分には食堂へ向かう。 朝食は前回と同じ飯、味噌汁に鯖の味噌煮、生卵、海苔、ふりかけである。 朝食後暫く部屋で休み出発する登山者の第一波がいなくなった頃を見計らい部屋を出る。 6時50分、アイゼンを着けて山荘を後にする。  

画像
天気は良いが、気温が低く風が強い。 昨日降ってきたトレースを登り、雲取山頂へは7時15分に到着する。 風が強くとても寒い。 山仲間のザックにぶら下げてある寒暖計を見ると-15℃である。 風も有るので体感温度はおそらく-20℃を下回っているのであろう。 山頂からの見晴らしは富士山、南アルプス、八ヶ岳、丹沢山塊、東京から横浜までのが見える。 しかし、一昨年ほどの透明性は無い。 

画像
暫く写真を撮ったりし、7時33分には鴨沢へ向けて下山を開始する。 気温が低く雪面がクラストしているので、トレースを外して歩いても沈む事がなく、快調に走るように降れ、小雲取へは15分程度で到着する。 この辺りで昨日奥多摩小屋へ泊まり、頂上をアタックするため登ってくる登山者とすれ違うようになる。 奥多摩小屋を8時丁度に通過し、ブナ坂手前で8時10分に小休止をとる。 あまり早く下山しても反省会までの時間を持て余すので、ゆっくりと小休止をとる。  

画像
今日の下山は昨日何処でルートを間違えたか調べる為に、七つ石山頂を経由せず巻き道を降る事にする。 ブナ坂から巻き道に入り、昨日出てきた所を通過すると直ぐに七ツ石山頂への分岐に出会う。 分岐を過ぎると山襞に弧を描くように付けられた急坂となる。 同じ様な所を2個所通過すると七ツ石から伸びる稜線を一度跨ぎ薄暗い稜線の東側へ出る。 登山道が明るくなり始めると、昨日ルートを間違えた所に出る。 

画像
9時14分、ルートを間違えた個所の写真を撮り、ここでアイゼンも外す。 所々登山道に凍った雪が着いているがアイゼン無しでも問題なく降れる。 このまま降り続けると予定より早いバスに乗車する事になり、後の時間を持て余すので、9時29分に堂所手前の標高1310mで再度小休止をとる。 堂所を過ぎても、所々凍った登山道が現れる。 小袖部落の最上部を過ぎた辺りから鴨沢より登って来る登山者と出会うようになる。  

画像
10時49分、小袖乗越の伐採作業場に到着しここでも小休止をとる。 暫く休んでいると山仲間が600円を土の中から拾い上げる。 最近、よく山でお金を拾う。 鴨沢発11時42分のバスに合わせ、11時丁度に鴨沢へ向けて出発し、鴨沢には11時17分に到着する。  

画像
バスが来るまでバス停前で装備を片付けていると一台の乗用車が止まり、運転手に駅まで乗って行けと云われる。 折角の申し出を断る理由も無いので運転手に甘え、11時22分に鴨沢を後にする。 奥多摩駅で運転手に心付を渡し11時53分の電車で帰途に着く。 途中、青梅で電車を一本見送り、ホームの立ち食いで昼食を取る。 在京連絡人の山仲間へ電車内から携帯メールで無事下山の一報を入る。 登戸までの電車接続は順調で、13時45分に到着する。 


費用
費用
電車代(登戸→奥多摩)@¥890
タクシー代(奥多摩→小袖乗越)@¥5060
宿泊代(一泊二食)@¥7500
心付@¥500
電車代(奥多摩→登戸)@¥890

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント