3月13日に山仲間と一泊二日で雲取山へ行ってきました

2004年3月13日に山仲間と一泊二日で雲取山へ行ってきました。
昨年に引き続き今年最初の一泊山行は雲取山とした。 今回は登山靴とアイゼンを新調した山仲間も参加する。 今年は昨年と異なり積雪が極めて少ない年となった。

画像
鴨沢から雲取山への登りで、七つ石を巻き終りブナ坂になると展望が一気に開け気持ちの良い尾根歩きとなる。 何回来ても、この展望は見飽きない。 


実施日:2004.03.13(土)~14(日)

参加者:3名

天候 :3/13晴れ
3/14晴れ

コース:
3/8 登戸駅集合→(南武線)→立川駅→(青梅線)→奥多摩駅→(タクシー)→小袖乗越→堂所→(七ツ石巻き道)→ブナ坂→小雲取山→雲取山→雲取山荘
3/9 雲取山荘→雲取山→小雲取山→ブナ坂→(1名:七ツ石巻き道、2名:七ツ石経由)→堂所→小袖乗越→鴨沢→(バス)→奥多摩駅→(青梅線)→立川駅→(南武線)→登戸駅


3/13
今年は暖かい日が多く、3月に入ると気温もあがり20日頃には桜が開花するとの予報も出ている。 小田急線上り始発電車内で山仲間1名と合流し、さらに登戸で一名が加わり南武線で立川へ向かう。 立川で青梅線に乗換え、さらに青梅駅で奥多摩行きの電車に乗り継ぐ。 青梅を過ぎるとさすがに気温が下がり、沿線の民家の屋根には霜が降りている。 7時17分、奥多摩駅に到着すると駅に一台しか常駐していないタクシーを確保する為に山仲間が走る。 運良く客を乗せ戻ってきたタクシーの確保に成功し、トランクにザックを入れて先ずは駅の脇にあるトイレへ向かう。 

画像
7時25分にタクシーで奥多摩駅を後にし、小袖乗越へ向かう。 昨年は雪で鴨沢バス停までしか行けなかったが、これで急坂を30分歩かずに済む。 7時53分には小袖乗越に到着する。 乗越の駐車場や登山口の手前には自家用車が10台ほど駐車している。 8時03分、スパッツを着けて登山を開始する。 昨年と違い、全く雪が無い。 日当たりの良い乾いた緩慢な登山道は、暖かく快適である。 所々、杉の植林帯を通過し25分ほど登ると既に廃墟となった民家の脇を通過し、更に15分程で標高1000mの小袖部落最上部に位置する民家の廃墟後に達する。 昨年は、鴨沢から歩きここで最初の小休止を取ったが、今回は乗越からのスタートなので通過する。 気温は徐々にあがり、汗が出始める。 所々、登山道の霜が融けグチャグチャになっている。  

画像
水場を過ぎ、尾根上の鞍部に出た堂所には9時30分に到着し、少し進んだ広い所で最初の小休止をとる。 ここまでは大した傾斜も無く快適な登りであったが、七ツ石山を巻き終るブナ坂までは、標高差420mを登る。

画像
七ツ石小屋への分岐を過ぎ、七ツ石尾根を越えるようになると、急登が始まる。 この辺りまで来ると、落葉広葉樹の葉が全て落ち見晴らしも良い。 その内に登山道の傾斜は緩くなり、北西面の登山道には最近降った雪がまだ解けずに残っている。 11時丁度に登山道は七ツ石山を巻き終わり、広い防火帯のブナ坂基部を通過する。 ここから雲取山まで殆ど防火帯に付けられた登山道を進む。 

画像
11時07分、日当たりの良い広い防火帯のピークにて二回目の小休止を取る。 計画した時間より一時間半の余裕がある。  新品の登山靴を履いた山仲間は、生足と登山靴が喧嘩をして、生足の方が負けているようで何やら「ブツブツ」と言っている。 小休止を取っている所からは、奥多摩小屋の先の1813mピークから小雲取山、雲取山へ続く稜線が見渡せる。 日当たりの良い登山道は、霜が解け泥だらけの滑りやすい道になっている。 眺めの良い広い稜線を進むとヘリポートとなり、直に奥多摩小屋の前に出る。 ここからは1813mピークを稜線伝いに進む道と、ピークを巻く登山道となる。 山仲間1名は稜線伝いの登山道を進み、足の痛みを訴えている山仲間と私は巻き道を別れて進む。 巻き道が終った所で稜線伝いを進んだ山仲間を暫く待つが来ないので先へ進むことにする。 昨年は積雪でこの辺りから先へ進むのに苦労した。  

画像
ここから小雲取山までは今日最大の急登となるが、積雪も無く快適に登れる。 12時25分、小雲取山にて後続する山仲間を待ち、次いでに小休止をとる。 5分ほどの遅れで山仲間も到着する。  

画像
小雲取のピークからは、稜線をトラバースするように樹林の中へ分け入り樹林から抜け出すと、見晴らしの利く広い稜線で雲取山頂を迂回し雲取山荘への向かう巻き道をすぐに見送る。 ここからも昨年は苦労したが、山頂避難小屋までは僅かに20分程度である。 

画像
13時丁度に山頂避難小屋への到着である。 振り返ると七ツ石山へ続く稜線が見渡せ、西側には飛竜山がドッシリとした山容を横たえている。 残念ながら富士山は春霞がかかり眺めることができない。 その後、三角点のある頂上部へ移動し、大休止をとる。 この時間に山頂に到着できれば、日帰りは十分にできる。 

画像
三角点の周りには数名の登山者が休んでおり、三々五々下山してゆく。 山頂から今日の宿泊場所の雲取山荘までは、北側の斜面を降ることになる。 北側斜面を覗くと、登山道は始めから完全に凍り付いている。 13時40分、各自アイゼンを着けて山荘へ降り始める。 アイゼンの歯が凍結した登山道に小気味良く利き快適に降下する。 所々、完全に土の道が現れ、今年の雪の少なさを知らされる。  

画像
14時07分、無事に今日の終着点である雲取山荘に到着する。 山荘では予約しておいたので3名一室の個室となる。 部屋へザックや靴を運び、酒と肴を持って外のベンチへ向い、早速初日の反省会を開始する。 先ずはビールで乾杯し、私の持参した43度の泡盛を飲む。 直にアルコールが体に回り始め、時間の感覚が遠ざかってゆく。 日が傾き始めるまで外でのみ、その後場所を山荘のストーブの前に移す。  

画像
18時から夕食が始まる。 食事は昨年と同じ飯に味噌汁、ハンバーグとポテトサラダである。 ここは何年来ても内容は同じメニューである。 夕食後、またストーブの前に集まり雑談に花を咲かせる。 19時過ぎに部屋へ戻り、炬燵に足を突っ込んで暖かく寝る。 


3/14
 夜中に喉が渇き、何度も目が覚め水を飲むが、ゆったり寝たので疲れは取れている。 5時には全員起床する。 日の出は5時55分頃であるが、生憎曇っていて朝日は拝めない。 窓には水蒸気が凍り付き、外気は氷点下であることを伺わせる。

画像
朝食は6時である。 朝食も昨年と同じ飯、味噌汁に鯖の味噌煮、生卵、海苔、ふりかけである。 タップリエネルギーを腹に詰め込み、6時45分にアイゼンを着けて山荘を後にする。 天気は晴で風も無く最高である。   

画像
雲取山頂へは降りと同じ時間で登れ、7時10分に到着する。 早朝であるが、今日も春霞で既に遠望は利かない。 7時40分、鴨沢へ向かって下山を開始する。 今日は、山仲間1名と私は七ツ石山を経由し、靴ズレの出来た山仲間は七ツ石山の巻き道を降り、堂所で集合することとした。 七ツ石山を経由するのに時間を要するため、二人は早足でブナ坂へ向かう。 8時15分にブナ坂基部に到着し、シャツを脱ぎ七ツ石山への登りにかかる。 途中、山仲間が雲取方面を見渡せる所で振り向くと、後続する山仲間がブナ坂へ向かっているのを確認する。  

画像
8時31分、七ツ石山頂上に到着し記念写真を撮る。 ここからの雲取山方面の眺めは最高である。 後続する山仲間を待たせるもの悪いので、直に下山を開始する。  

画像
一度、石尾根を鷹ノ巣山の方へ降り、降り切った所から七ツ石小屋方面へ曲がり15分程で鴨沢への道と合流する。 合流した途端に後続する山仲間と出くわす。 8時57分、堂所手前の標高1400m付近で小休止をとる。 堂所を過ぎると陽だまりの暖かい道となるが、まだ朝も早く地面の霜が硬く快適に降る。 10時13分、小袖乗越に到着し小休止を取り、鴨沢へは10時48分に到着する。 バスは10時48分発であるが、少し遅れて51分に到着し予定より早く帰途に着く。 奥多摩駅で電車を一本見送り登戸には13時25分頃に到着する。 




費用
電車代(登戸⇔奥多摩)@¥1070
タクシー代(奥多摩→小袖乗越)@¥5140
宿泊代(一泊二食)@¥8500
バス@(鴨沢→奥多摩)¥610

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント