5月3日にクラブの山仲間と権現山へ行ってきました

2003年5月3日にクラブの山仲間と権現山へ行ってきました。
今年三回目山行は、クラブの山仲間を誘って道志の権現山のハイキングを計画した。 権現山と云う山名は、日本全国にやたらと多い。 eメールで山行案内を出せる方へはメールで募集した。 久しぶりの顔ぶれもあり懐かしい山行となった。

画像
この季節の山はあちこちに若葉が芽吹き美しい。 低山歩きも楽しい。 


実施日:2003.05.03(土)

参加者:11名

天候 :晴れ

コース:小田急線町田駅集合→(JR八王子経由)→上野原→(タクシー)→和見峠→主稜線→権現山→主稜線→和見峠→和見登山口→(タクシー)→上野原→(JR八王子経由)→町田


5月の連休に入ってから清清しい晴天の日が続き、3日も朝から好天候となった。 6時20分にJR町田駅で参加者は集合する。 6時30分発の電車に乗車し、八王子、高尾で電車を乗り換え上野原へ7時28分に到着する。 駅前でタクシー3台に分乗し和見登山口へ向かう。 乗車して直ぐに先頭車に乗車する山仲間より、和見登山口より更にタクシーで上れるとの情報を運転手より入手し、私へ携帯電話で連絡してくる。 折角なので行ける所まで行く事とする。 タクシーは鶴川を渡り、仲間川の左岸を暫く進む。 更に、和見川に沿って和見の部落へ登り始める。 和見の部落は深い谷間にあり、新緑に覆われている。 集落の中を通る道沿いに神社があり、何やらお祭りの準備をしている。 タクシーは和見登山口を過ぎ、ドンドン舗装された林道をのぼって行く。 手持ちの平成6年修正の二万五千分の一地形図には全く記載されていない林道である。 

画像
8時03分、林道の最高点に到着しタクシーを下車する。 驚く事に林道は棚頭分岐の直ぐ近くの稜線上で、標高が860mもある。 8時15分、総勢11名が一列となり主稜線にある雨降山へ向かって登り始める。 暫くは杉林の中の緩やかな登山道であるが、直ぐに傾斜が急になり始める。 杉林の中は何と無く薄暗いが、日の光を遮ってくれて涼しい。 尾根の傾斜が増すに従い細かく九十九折に道がつけられているので、然程の傾斜を感じさせない。 標高1000mを越えたあたりより尾根の東側は植林されているが、西側は小さな芽が出たばかりの広葉樹が広がり明るい尾根に変わる。 後ろを振り向くと、雲の上にまだ雪を被った富士山が望める。 雨降山に近づくと雨降山近道の直登コースと巻き道が現れる。 この巻き道も手持ちの地形図には出ていない。 

画像
明るく、落ち葉の絨毯が敷き詰められた巻き道を進むと直ぐに雨降山と権現山を結ぶ主稜線へ出る。 9時06分、標高1160mの分岐にて小休止をとる。   

画像
ここから権現山までの稜線上の道は、ほとんどアップダウンの無い快適な登山道である。 広葉樹の若葉がまだ小さく、梢の間から三頭山や大岳山が時折見える。 権現山直下では露岩に階段を切ってあり、それを登り切ると「日本武尊」との看板が懸かっている祠がある。 

画像
祠の脇から直登すると直ぐに開けた権現山山頂となる。 9時54分の到着である。 山頂からは春霞の中にぼんやりと奥秩父や丹沢山塊が望め、富士山だけが雲の上にハッキリとした山容を見せている。

画像
山頂で20分程の大休止をとり、記念写真を撮って下山を開始する。 下山を開始すると直ぐに今日始めての登山者に出会う。 主稜線を雨降山へ向かって戻り始めると、権現山での神事へ向かう大勢の和見の村人とすれ違う。 雨降山の巻き道を巻き終わると樹林帯の中の下り坂となる。 登っていた時は、然程気にならなかったが思いのほか傾斜がきつい。 11時14分、出発地点の稜線を跨ぐ林道に出る。 林道に出る直前で、山仲間が左足をひねってしまう。 真っ直ぐに歩く分には痛みが無いようであるが、横から懸かる力には耐えられないようである。 予定通り、ここから不老山を越えて標高差500mの登山道を降るには少々難しい。

画像
舗装された林道であれば、自力での下山は可能であり、途中からタクシーも呼べるので、そのまま和見へ下山する事とした。 のんびりと春の景色を眺めながら林道を歩くのも悪くは無い。 途中、携帯電話でタクシーを呼び、12時14分に和見登山口で3台のタクシーに分乗し上野原へ向かう。 上野原駅で20分ほど電車を待ち、12時56分発の電車で高尾、八王子を経由して14時前に町田へ戻る。 


費用
電車代(町田⇔上野原)@¥1480
タクシー代@¥4820
タクシー代@¥4520

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 1

なるほど(納得、参考になった、ヘー)

この記事へのコメント