5月12日にクラブの山仲間と雁ヶ腹摺山へ登ってきました

2001年5月12日にクラブの山仲間と雁ヶ腹摺山へ登ってきました。
この山へは、学生時代に幾度となく登った事がある。 当時は桑西までバスで行き、そこから大峠沢沿いに大峠まで登り、さらに雁ヶ腹摺山へ登った。 交通の便も悪く、また工程も長く日帰りなかなか行けなかった。 しかし、三つ峠越しに見える富士山はなかなかのものであった。

画像
雁ヶ腹摺山から眺める富士は素晴らしい。 さすがにお札のデザインに使うだけの価値がある。 しかし、最近のお札には富士山のデザインがあったかな? 


実施日:2001年5月12日

参加者:6名

天候:晴れ

コース:町田→(八王子経由)→大月→(タクシー)→大峠→雁ヶ腹摺山→ロボット雨量計→百間干場→金山峠→金山鉱泉→(タクシー)→大月→(八王子経由)→町田


ここの所ウイークデーは、はっきりしない天候であったが週末に入るや登山日和の好天となった。 JR町田駅北口改札に6時前に集合を完了し、6時05分発の電車で八王子へ向かう。 八王子では6時35分発の八王子始発松本行き各駅停車に接続している。 全員着席でき、50分ほどで大月に到着する。 7時25分、大月からタクシー2台に分乗し大峠へ向かう。

画像
昔は国道20号線より少し入った桑西までしかバスが入らず、ここから林道を真木鉱泉まで歩き大峠沢を登り大峠まで登ったが、今は大峠まで舗装された立派な林道が出来ている。 ただし、冬季の間は閉鎖されており4月1日より開通する。 真木鉱泉を過ぎると新緑が美しくなり、更に大峠に近づくと車の後ろ側に富士山が見え始める。 大月から僅か30分ほどで大峠に到着する。 

画像
大峠は標高1560mで、このあたりの木々はやっと新芽が出始めた程度である。峠には、駐車場に入りきれないほどの自家用車が駐車してある。 足拵えと腹拵えを済まし、8時10分に出発する。 

画像
登山道は良く整備されており登りやすく、周囲の広葉樹がまだ新芽の為見晴らしも良い。時折、黒岳から大蔵高丸へ続く湯ノ沢峠越しに、稜線に輝く雪を冠した南アルプスの荒川岳、赤石岳、聖岳が眺められる。 

画像
40分程度登ると幾人かが富士山に向かってカメラを構えている。 富士山に多少雲がかかり始めているので、我々も早速写真を撮る。 

画像
更にここから5分ほど登ると草付の山頂に続く緩い斜面となり、9時5分に標高1874mの雁ヶ腹摺山山頂到着となる。 山頂は富士山側のみ見晴らしが開け、旧五百円札の富士山写真を昭和17年11月3日午前7時15分に名取久作氏が撮影した場所である旨の解説がある。 

画像
今日の行程での登りは、あっけなく終了し後は標高差1200mを金山鉱泉へ降るだけである。 予定よりも時間が早い為、紅茶を沸かし1時間ほどのんびり過ごす。 山頂からの景色は絶景であり、三ツ峠越しに左右対象な優美な姿の富士山が眺められる。 10時10分に下山を開始する。 今回は私が新規にストックを購入し初使用をする。 最初はストックの使い方に戸惑うが、少し歩くと慣れてくる。 さすがに2本ストックはバランスが取り易く足への負担が軽減され、快調に降れる。 降り始め姥子山への分岐である白樺平に近づくと唐松の林となり、淡い緑の新芽が光ってとても美しい。 姥子山へは指導表はあるが、あまり人が入っていないようで、笹の薮こぎを強いられるようである。 10時45分、ロボット雨量計のある広々とした広場に到着し、小休止をとる。 ロボット雨量計を出発すると直に登山道は林道と交差する。 更に滑りやすい登山道を降っていると、人が滑った後に腕時計が落ちていた。 11時45分、百間干場の林道に出た所で小休止をとる。 ここからは一度登り返し金山峠を越えなければならないが、菅沢を渡る地点が見つからない。 

画像
平成7年に作られた地図にある登山道が大幅に付け替えられているようである。 山仲間が持参した2001年版のガイドブックのコピーを見てみると、「暫く林道を歩き・・・」となっている。 ガイドブック通り林道を5分ほど降ると、金山峠への登り口が見つかった。 このあたりは大規模な堰堤工事が行なわれており、大幅に登山道が付け替えられたようである。 金山峠へは高度差50m程度を登り返すと稜線上に付けられた道と交差し、この道を越えると金山沢への急なザレた下り坂となる。 金山沢を幾度か渡り返していると、最近造られた大きな堰堤に出る。 最初の堰堤を高巻きし、二つ目の堰堤に差掛かると今度は一気に30mほどの急登を登る事となる。 登り切ると金山鉱泉から堰堤工事の為に延長された林道の突端にでる。

画像
ここからは、一部コンクリートで舗装された急な下りの林道歩きとなる。 このあたりの登山道も地図と大幅に変わっている。 13時35分、金山鉱泉の山口館に到着する。 山口館の方にタクシーを呼んでもらい、ビール買って飲む。 暫らくするとタクシーが到着し、14時に金山鉱泉を後にする。 大月には20分ほどで到着し、14時26分発の電車で戻る。 途中連絡が良く、町田には予定より早く16時に到着。 


費用
電車(町田→大月)@¥1110
タクシー(大月→大峠)@¥6730
タクシー(金山鉱泉→大月)@¥3050
電車(大月→町田)@¥1110

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント