10月10日から一泊二日で山仲間と美ヶ原・霧が峰のハイキングに行ってきました

1997年10月10日から一泊二日で山仲間と美ヶ原・霧が峰のハイキングに行ってきました。
たまには高原のハイキングもよかろうと思い、美ヶ原と霧が峰の散策を計画した。 その結果、今回の山行は参加人数が多くなり、バスを仕立ててのハイキング旅行となった。 そして、宿は連休で予約しにくいところ、山仲間の計らいでKKR諏訪湖荘を予約してもらった。 

画像
美ヶ原は天気に恵まれたが、翌日の霧が峰高原はガスの中のハイキングとなったのが、一寸残念! 秋の草紅葉を眺めながら高原の散策と温泉で、久しぶりにノンビリとした山旅であった。 ここは、静かな平日にでも、もう一度来て見たい所である 


実施日:1997.10.10(土)~12(日)

参加者:12名

天候 :10/10 晴れ
    10/11 曇り

コース:
10/10 町田駅集合→(バス)→美ヶ原高原→王ヶ頭→塩クレ場→茶臼山→扉峠→(バス)→下諏訪(KKR諏訪湖荘)

10/11 下諏訪(KKR諏訪湖荘)→(バス・ビーナスライン経由)→八島→八島ヶ原高層湿原→物見石→蝶々深山→車山乗越→車山→ビーナスライン車山→(バス)→町田駅解散 



10/10 

画像
朝6時にクラブ前に集合し、貸し切りバスで出発する。 体育の日の連休で高速道路の渋滞を心配したが、順調に美ヶ原高原に向かう。 11時、美ヶ原高原に到着し、先ずは王ヶ頭へ向かう。 ここで暖かい紅茶を沸かし昼食とする。 その御、塩クレ場と茶臼山を経由してビーナスラインの扉峠へ向かう。 15時30分には扉峠に到着し、回送した貸し切りバスへ乗車する。 下諏訪の宿には17時前に到着し、ゆっくりと温泉を浴び、18時より宴会を兼ねた夕食が始まる。 


10/11 

画像
下諏訪の宿を8時にバスで出発し、ビーナスラインを通って八島へ向かう。 9時、八島に到着しここから歩き始める。暫くは、八島ヶ原高層湿原に沿って歩く。 

画像
湿原地帯が終わると緩やかな登りが始まり。 しかし、ガスで視界が殆どないが、荒涼とした草原を50分ほど進むと蝶々深山に到着し、ここで小休止をとる。

画像
蝶々深山から緩やかに草原を降ると、車山乗越へと道は続いている。 殆ど平地のような道なので、汗もかかず寒いくらいである。

画像
11時に標高1925mの車山に到着する。 全員で記念写真を撮って暫く休憩をとる。 眼下のビーナスラインは自家用車であふれている。 10分ほど休みビーナスライン車山へと降る。 12時、貸し切りバスで帰途へ着く。 クラブには16時に到着し解散する。 


費用@¥24400

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック